気になるカメラ

  • XF23mm f2 WR
  • XF35mm f2 R WR
  • X-pro2
  • X70
  • X-T2
  • X100F
  • XF14mm f2.8 R
  • XF16mm f1.4 R
  • XF23mm f1.4 R
  • XF35mmF1.4
  • ケース

GXR おすすめレンズ

みんぽすモノフェローズ

みんぽす

Fujifilm

2017年8月14日 (月)

十二所神社参道脇の赤い稲荷

十二所神社_稲荷-5814
十二所神社_稲荷-5814 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

十二所神社参道の階段の脇に小さい真っ赤な祠があります。
とっても可愛らしいお稲荷さんです。

・・・・「赤いきつね」なんて言っちゃダメですよ〜

十二所神社_稲荷-5824
十二所神社_稲荷-5824 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらは前回来たときに撮ったもの
十二所神社-5780
十二所神社-5780 posted by (C)ものごいかっぱ


今回はフラットな順光で赤い祠が主張していますが、
前回は光が横からきていて、いい感じの陰影がでていますね。

2017年8月13日 (日)

武蔵村山 十二所神社

武蔵村山にある十二所神社
幹線道路となっている新青梅街道より1本内に入った旧青梅街道を走っていたときに偶然看板を見かけ、脇道に入ったところで見つけました。
長い石段の雰囲気がよかったのですが、神社に駐車場はなく、近くにコインパーキングなどもないため、随分長いこと行けずにいました。
今回は車に折り畳み自転車を積んで行き、近くにある六道山公園の駐車場に車を置いて、そこから自転車で神社まで行くという方策をとりました。
十二所神社_01鳥居-5811
十二所神社_01鳥居-5811 posted by (C)ものごいかっぱ

この雰囲気! たまりません。

十二所神社_02階段-5815
十二所神社_02階段-5815 posted by (C)ものごいかっぱ

お水舎の紙垂
涼やかな風が吹いています。
十二所神社_03渡る風-5816
十二所神社_03渡る風-5816 posted by (C)ものごいかっぱ


狛犬
十二所神社_04狛犬-5817
十二所神社_04狛犬-5817 posted by (C)ものごいかっぱ

よく見ると足元に子犬がいます。
石垣を登ろうとしているんですね。

十二所神社_05狛犬-5820
十二所神社_05狛犬-5820 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらの狛犬の頭には、木の葉が一枚のっています。

十二所神社_06拝殿-5821
十二所神社_06拝殿-5821 posted by (C)ものごいかっぱ

シンプルな拝殿です。


十二所神社_07絵馬-5822
十二所神社_07絵馬-5822 posted by (C)ものごいかっぱ


十二所神社_08絵馬-5823
十二所神社_08絵馬-5823 posted by (C)ものごいかっぱ

2017年8月12日 (土)

サルスベリ落花

サルスベリ-5810
サルスベリ-5810 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


サルスベリの花が綺麗に咲いていますね。
名前に似合わず、ピンクや白の可憐な花
散った姿も美しい・・・

2017年7月26日 (水)

十二所神社のお稲荷さん

武蔵村山市の裏道に入った際に見つけた雰囲気の良い神社
「十二所神社」という名前だとしりました。
ここは車を停める場所がなくて、近くにコインパーキングも見当たらないので、お参りできていないんですよね。
一瞬だけ車を止めて、参道の階段脇にあったお稲荷さんの写真だけ撮らせてもらいました。
十二所神社-5780
十二所神社-5780 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

とっても可愛らしい祠と狐さんですね

2017年7月24日 (月)

御瀧不動尊の3人衆

滝不動_3人衆-5741
滝不動_3人衆-5741 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


御瀧不動尊の本堂近くにある石碑の影にひっそりと佇む3人衆・・・
ハニワっぽい感じで、なんかかわいい

2017年7月23日 (日)

船橋市金杉の御瀧不動尊

瀧不動尊金蔵寺は、中学時代まで住んでいた船橋市にあります。
自転車で行ける距離だったので、家族で初詣に行ったり、中学時代に始めた写真の格好の被写体として写真を撮りに行ったりしていた場所です。
父が今入院している関係で、ちょこちょこ千葉の実家に帰っているのですが、ふと思い立って、当時住んでいた場所や、思い出のあるこの場所を訪れてみました。

家でも学校でも「御瀧神社」って呼ばれていたので、ずっと神社だと思い込んでいましたが・・・「金蔵寺」って・・・
・・・お寺だったんですね ^ ^;
滝不動_弁天池-5732
滝不動_弁天池-5732 posted by (C)ものごいかっぱ


弁天池にある弁天堂
・・・こんな池、昔からあったかな〜?

滝不動_弁天池-5736
滝不動_弁天池-5736 posted by (C)ものごいかっぱ



滝不動_弁天池-5735
滝不動_弁天池-5735 posted by (C)ものごいかっぱ

池には睡蓮が咲いています。

立派な仁王門があります。
滝不動_仁王門-5731
滝不動_仁王門-5731 posted by (C)ものごいかっぱ

仁王様はちょっと奥まった中にあり、光があまり届かない上に、格子に貼ってある網が細かくてよく見えません ^ ^;
小学生の時に、よく見ようとして、格子に手をかけたらアブに噛まれた思い出があります。(泣)


滝不動_仁王門-5725
滝不動_仁王門-5725 posted by (C)ものごいかっぱ


滝不動_仁王門-5727
滝不動_仁王門-5727 posted by (C)ものごいかっぱ


滝不動_仁王門-5730
滝不動_仁王門-5730 posted by (C)ものごいかっぱ

仁王門の天井には、こんな絵が・・・
昔からあったのかな〜? 初めて見ました。
あったとしても、褪色していて気付いていなかったんでしょうね


仁王門の手前にはこんな立て札が・・・
滝不動_水行場-5726
滝不動_水行場-5726 posted by (C)ものごいかっぱ

滝不動_水行場_階段-5724
滝不動_水行場_階段-5724 posted by (C)ものごいかっぱ

人ひとりがやっと通れる幅の石段を降りていくと・・・

龍が水を吐いています。
滝不動_水行場-5720
滝不動_水行場-5720 posted by (C)ものごいかっぱ

ここは海老川の源流の湧水で、瀧不動の名前の源となっています。

滝不動_水行場-5722
滝不動_水行場-5722 posted by (C)ものごいかっぱ


下に降りて周りを見回してみると・・・
滝不動_水行場_とぐろを巻く龍-5723
滝不動_水行場_とぐろを巻く龍-5723 posted by (C)ものごいかっぱ

龍がとぐろを巻いています。

水を吐く龍の上には・・・・
滝不動_水行場-5721
滝不動_水行場-5721 posted by (C)ものごいかっぱ


不動明王さまでしょうか
周りからちょっと遮断されている場所ということもあり、厳かな気持ちになりますね。



2017年7月20日 (木)

柴又帝釈天の 招き猫、招き犬

柴又帝釈天の門前町を歩いていると、なにやら視線を感じる・・・・
帝釈天_招き猫-5691
帝釈天_招き猫-5691 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

暖簾の向こうから、じっと見つめる招き猫・・・・

でかっ!
すごい貫禄ですねwww

帝釈天_招き犬-5692
帝釈天_招き犬-5692 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらは旗の影にいた招き?犬
ビクターさんちのワンちゃんですよね?



2017年7月18日 (火)

柴又帝釈天で病気平癒の祈願

柴又帝釈天に行ってきました。
映画「男はつらいよ」で有名(実は見たことないんですけど ^ ^ ; ) な柴又にある帝釈天
日蓮宗の題経寺というのが本来のお名前だそうです。
門前町のお店は活気がありますね。
帝釈天_みやげもの屋-5690
帝釈天_みやげもの屋-5690 posted by (C)ものごいかっぱ

手焼きのおせんべい屋さん
帝釈天_せんべい屋-5680
帝釈天_せんべい屋-5680 posted by (C)ものごいかっぱ


いつものクセで、どアンダーに撮ってしまったwww


こちらが帝釈天の御門
帝釈天_屋根-5685
帝釈天_屋根-5685 posted by (C)ものごいかっぱ

参拝した帝釈堂の中で、御朱印もいただけました。
IMG_5143
IMG_5143 posted by (C)ものごいかっぱ


お寺で御朱印をいただくのは初めて。
御朱印をいただくときって、社務所の窓口で御朱印帳を渡し、奥で書いていただくスタイルのところが多いのですが、
こちらでは靴を脱いで帝釈堂の中に入ると、畳敷きの部屋の一角に、御朱印受付の文机があるので、本当に目の前で書いて頂けます。

柴又帝釈天って、病気平癒のご利益があるんだそうです。
帝釈天_お守り-5716
帝釈天_お守り-5716 posted by (C)ものごいかっぱ

実は先日、父が2度目の救急搬送され入院中です。
自分には何もできず、神頼みするしかありませんが、回復してもらいたいところです。


2017年7月15日 (土)

黒髪山神社の鳥居

榛名湖オートキャンプ場から伊香保温泉へ向かう途中に大きな鳥居が目に入りました。
黒髪山神社-5616
黒髪山神社-5616 posted by (C)ものごいかっぱ

黒髪山神社-5618
黒髪山神社-5618 posted by (C)ものごいかっぱ

『黒髪山神社』
なんか興味をそそる名前ですね。

黒髪山神社_相馬山-5619
黒髪山神社_相馬山-5619 posted by (C)ものごいかっぱ

鳥居をくぐり歩いていくと、今度は『相馬山』と書かれた鳥居
『黒髪山』は『相馬山』の別名のようですね。
ここからは藪の中の細い道になります。

黒髪山神社_相馬山大神-5622
黒髪山神社_相馬山大神-5622 posted by (C)ものごいかっぱ

しばらくいくと、錆びて色あせた三の鳥居、四の鳥居があらわれます。

黒髪山神社_相馬山鳥居-5626
黒髪山神社_相馬山鳥居-5626 posted by (C)ものごいかっぱ


黒髪山神社_ぐっちょんぐっちょん-5635
黒髪山神社_ぐっちょんぐっちょん-5635 posted by (C)ものごいかっぱ

前日の雨で、地面はぐっちょんぐっちょん・・・・
ここは登山道の入り口なんですね。
神社は山を越えた向こう側にあるみたいなんで、引き返します。


黒髪山神社_相馬山鳥居-5637
黒髪山神社_相馬山鳥居-5637 posted by (C)ものごいかっぱ

こうして見ると『異界』って感じがしますね。


2017年7月13日 (木)

榛名湖そばの加護丸稲荷

榛名湖オートキャンプ場から榛名湖へ向う途中、林の中に朽ちかけた鳥居を発見しました。
加護丸稲荷-01_5599
加護丸稲荷-01_5599 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

錆びて色あせた金属製の小さな鳥居
加護丸稲荷-02_5600
加護丸稲荷-02_5600 posted by (C)ものごいかっぱ

銘板には『加護丸稲荷大明神』と書かれています。

階段の敷居かと思いきや・・・
加護丸稲荷-03_倒れた鳥居-5602
加護丸稲荷-03_倒れた鳥居-5602 posted by (C)ものごいかっぱ

なんと倒れた鳥居!
踏まないように避けて通ります。

加護丸稲荷-04_三の鳥居-5603
加護丸稲荷-04_三の鳥居-5603 posted by (C)ものごいかっぱ
三の鳥居は木製で、いい感じに時代がついています。

加護丸稲荷-05_三の鳥居-5604
加護丸稲荷-05_三の鳥居-5604 posted by (C)ものごいかっぱ


少し間を置いて、四と五の鳥居
加護丸稲荷-06_四の鳥居-5605
加護丸稲荷-06_四の鳥居-5605 posted by (C)ものごいかっぱ

加護丸稲荷-07_四の鳥居-5606
加護丸稲荷-07_四の鳥居-5606 posted by (C)ものごいかっぱ

その先には小さな祠があります。
加護丸稲荷-09_祠-5614
加護丸稲荷-09_祠-5614 posted by (C)ものごいかっぱ


加護丸稲荷-10_狐-5612
加護丸稲荷-10_狐-5612 posted by (C)ものごいかっぱ

白い陶器の狐さんがいっぱい

加護丸稲荷-11_狐-5611
加護丸稲荷-11_狐-5611 posted by (C)ものごいかっぱ

しかしよく見ると、倒れたり壊れてしまっているものが、周り中に散乱しており、かなり悲惨な状態でした。

加護丸稲荷-12_狐-5610
加護丸稲荷-12_狐-5610 posted by (C)ものごいかっぱ


加護丸稲荷-13_狐-5609
加護丸稲荷-13_狐-5609 posted by (C)ものごいかっぱ


登山道の入り口に当たる場所のようですが、今は誰もお手入れしていないようですね。



加護丸稲荷-14_帰路-5613
加護丸稲荷-14_帰路-5613 posted by (C)ものごいかっぱ


より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天

GXRパーフェクトマニュアル

MountA12 World