広告

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

ミニクーパー

2021年10月24日 (日)

ミニクーパーコンバーチブルで三峰神社へドライブ

代車で借りたミニクーパーのコンバーチブルを満喫するため10/20(水)は有給休暇をとっていました。

代車を受け取った日は雨模様でしたが、20日は晴れ。
しかも暖かな陽気で、絶好のオープン日和となりました。

さすが「晴れ男」www

3472B507-5AA1-4167-BF30-D6ADA85B3797
3472B507-5AA1-4167-BF30-D6ADA85B3797 posted by (C)あまがっぱ

 

さて、どこへ行こうか・・・と考えた挙句

高速を使わずに日帰りできて、休日だと混みそうなところ・・・

ということで、ひさびさに三峰神社へ行くことにしました。

三峰口駅
三峰口駅 posted by (C)あまがっぱ

 

途中立ち寄った、三峰口駅

レトロな佇まいでいいですね。

なんかのアニメの聖地になっているようです。

三峰口駅
三峰口駅 posted by (C)あまがっぱ

 

三峰神社へ向かう峠道

周りの山々や空が美しいです。

コンバーチブル前
コンバーチブル前 posted by (C)あまがっぱ

 

 

コンバーチブル後
コンバーチブル後 posted by (C)あまがっぱ

 

ミニクーパーのコンバーチブルは3ドアをベースにしています。

オープンカーといえば、2人乗りのものが多いですが

これは「一応」4人乗ることができます。

「一応」といったのは後席はせまく、背もたれが立っているので、

乗ることはできますが、快適ではないので、長距離乗るのはちょっとツライですね。

コンバーチブル運転席
コンバーチブル運転席 posted by (C)あまがっぱ


とはいえ、運転している分には非常に快適です。

オープンにしていても車体の剛性があり、峠道を走っていても車体がヨレることはなく

とっても気持ちよく走れます。

 

三峰
三峰 posted by (C)あまがっぱ

 

三峰神社は「おおかみ」信仰の神社

狛犬も「おおかみ」になっています。

三峰神社
三峰神社 posted by (C)あまがっぱ

 

 

2021年10月20日 (水)

車検の代車にオープンカーを借りたけど雨模様

2018年に購入したミニクーパーが車検を迎え、ディーラーに一週間の整備入庫となりました。

 

昨年の整備入庫の際の代車にコンバーチブル・・・オープンカーを初めて借りてみて、すごく良かったので、今回も代車にコンバーチブルをお願いしました。

 

入庫日のお天気は雨・・・
ディーラーへ行く日は納車の日以降、8割がた雨模様で、昨年の点検入庫でコンバーチブルを代車として借りた日も雨でした。
「あめふらし」の私に加え、「嵐を呼ぶ女」の異名を持つムスメと一緒だったせいか、冷たい風も吹き荒び、なかなかの荒れたお天気・・・

担当セールスのお姉さんからは「さすがです!」と、お声がけいただきました(爆)

ミニクーパーコンバーチブル
ミニクーパーコンバーチブル posted by (C)あまがっぱ

 

ミニクーパーのコンバーチブルは天井高が高く、幌を閉じていても閉塞感がないのがいいですね。

ただ、幌の関係で左後方が見えないので、幌を閉じているときは気を使いますね。

 

雨の中、IKEAに行ってきました。

抱き枕として使っている、八景島で買ったジンベイザメのぬいぐるみがヘタってしまったので

IKEAのサメを購入しようと思っていたのですが、実物を見ると思ったよりも小さい!!

結局、何も買わずに出てきました。

IKEA
IKEA posted by (C)あまがっぱ

 

お腹が空いたので、ちょっと足を伸ばし、拝島にある石川酒造の「福生のビール小屋」で昼食を取ります。

石川酒造は日本酒「多満自慢」の酒蔵ですが、クラフトビールの「多摩の恵」を作っており、レストランで飲むことができます。

とはいえ、今回は車で行っているのでビールは飲めません。

ソフトドリンクの中に「ブラッディオレンジジュース」というのがあったので、それを頼んでみます。

ブラッドオレンジ
ブラッドオレンジ posted by (C)あまがっぱ

おぉ!なんかトマトジュースみたいに濃厚な紅ですね。

味も濃厚で、とってもおいしいオレンジジュースです♪

 

そして定番のマルゲリータ!

マルゲリータ
マルゲリータ posted by (C)あまがっぱ

 

ピッツァは「マルゲリータ」が一番好きです。

もちもちの生地が、とっても美味しい!!

合わせて、「黒ビールで煮込んだボロネーゼ」パスタを注文(写真撮り忘れた!)

どちらもおいしくて大満足です。

 

いつの間にか雨も止みました。

晴れ間
晴れ間 posted by (C)あまがっぱ


とはいえ、フルオープンにするには寒すぎ〜

+ムスメは「フルオープンは恥ずかしい」そうです ^^; 

そんなわけで、室内に風が巻き込まない程度に、ちょこっとだけ天井を開けて帰ってきましたw

 

 

 

2021年8月27日 (金)

ミニクーパージョンクーパーワークスの試乗会に行ってきました 〜その3〜

チーズケーキを堪能した後は、いよいよ試乗です。
コロナ禍ということで、今回の試乗会は完全予約制
事前に時間帯と試乗車種を予約するスタイルで実施されていました。

 

今回お願いしたのは、クラブマンのジョンクーパーワークス(JCW)です。
ミニの中で最もスポーティなJCWということで、売りは3ドアタイプですが、自分が購入するのであれば、5ドアタイプとなります。
通常の5ドアタイプはないそうなのでクラブマンに乗らせてもらうことにしました。

 

 

ミニクーパークラブマンjcw
ミニクーパークラブマンjcw posted by (C)あまがっぱ

 

フロントグリルの押しが強いです。

 

ミニクーパークラブマン
ミニクーパークラブマン posted by (C)あまがっぱ

 

クラブマンは細長いデザインです。

ミニのコロコロっとした丸いイメージから

5ドアのデザインの方が好みなのですが、後席は狭いので、後席をよく使うのであれば

クラブマンを選ぶのが正解でしょう。

 

後姿
後姿 posted by (C)あまがっぱ

 

バクドアは左右に開くタイプ

観音開き
観音開き posted by (C)あまがっぱ

 

横開きのバックドアは、ちょっと霊◯車っぽいイメージがあります。

観音開き
観音開き posted by (C)あまがっぱ

左右開きのバックドアは、ルームミラーで後ろを見ると、ガラスの真ん中に支柱が入るので、気になる人もいるかもしれません。

私も最初はダックスフントのようなデザインと左右開きのバックドアに馴染めず、購入候補から落としたのですが、

今では見慣れたせいもあり、実用性の高さから、好きなクルマになりました。

 

さてさて、乗り込んで走り始めると・・・・

 

おお!! 音がいい!

 

アクセルを踏み込んでいったときのエンジンの高鳴り

減速していったときのブリッピング音

乗っていて気持ちが高揚しますね。

ハイパワーな車って、スピードを出さず、ゆっくり走っていても気持ちいいんですよ。

逆にアクセルを踏み込むと、すぐに法定速度超えちゃうので、その辺りの自己制御が大変というかwww

だから自分は2Lではなく1.5Lに乗っている訳で・・・

実際、この車体サイズだと1.5Lでも十分に速く、2Lは過剰な性能 と思います。

使い切れるパワーをとるか、余裕の性能をとるか・・・

ぜひとも実際にいっぱい試乗してみて、どちらが自分に合っているかを悩んでみてください。

どちらに乗っても、ミニは楽しい車です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年8月23日 (月)

ミニクーパージョンクーパーワークス試乗会へ行ってきました 〜その2〜

ミニクーパーのディーラーさんのショールーム内には、こんなクルマも展示されていました。
ミニレーサー
ミニレーサー posted by (C)あまがっぱ

 

 

えっ? これもミニなの?
って感じですが、ボンネットを取り付けると、やっぱりミニでしたwww

ミニレーサー
ミニレーサー posted by (C)あまがっぱ

 

 

 

2021年8月22日 (日)

ミニクーパー ジョンクーパーワークス試乗会へ行ってきました 〜その1〜

愛車ミニクーパーの担当のセールスさんから「ジョンクーパーワークスの試乗会をやっているので来ませんか?

美味しいチーズケーキもありますよ」

とお誘いを受け、チーズケーキに釣られて行ってきましたwww

ソーシャルディスタンス
ソーシャルディスタンス posted by (C)あまがっぱ

 

「ジョンクーパーワークス」というのは、ミニクーパーの中でも最もホットなモデル。

この小さな車体にチューンされた2Lターボが搭載されています。

ジョンクーパーワークス
ジョンクーパーワークス posted by (C)あまがっぱ

 

 

エンブレム
エンブレム posted by (C)あまがっぱ

 

このタイヤと赤く大きなブレーキキャリパーがすごいです。

ホイールとブレーキパッド
ホイールとブレーキパッド posted by (C)あまがっぱ

 

それにしても外車のディーラーさんはお洒落ですね。

ディスプレイがとっても洗練されていて、見ていて楽しいです。

ロンドンバス
ロンドンバス posted by (C)あまがっぱ

 

ミニクーパーはイギリス発祥のクルマですが、

いまはドイツのBMW製なんですよ

こういった変遷も面白いですよね。

 

テレフォンボックス
テレフォンボックス posted by (C)あまがっぱ


ディスプレイの電話ボックスの中には、レトロな電話が・・・

道を隔てた向かいには、ミニの中古車センターがあり、電話ボックスのガラスに映り込んでいます。

 

こちらが いただいたチーズケーキ

チーズケーキ
チーズケーキ posted by (C)あまがっぱ

 

小竹向原のクリオロさんのチーズケーキでした!
ここってマツコ・デラックスさんの番組で見たことがあります。

ケーキには生花が添えられ、フォークを入れた袋も、とても素敵です。

とっても美味しゅうございました♪

 

 

 

 

 

 

2021年7月14日 (水)

朽ちる

朽ちる-2327
朽ちる-2327 posted by (C)あまがっぱ
sigma fp with 45mm f2.8

朽ちていくOLD MINI 

梅雨で元気な草たちに埋もれそうです

 

 

 

2021年5月15日 (土)

ブロンプトンの折りたたみ自転車を購入♪

2月にムスメと一緒に池袋に『石田スイ展』を見に行った帰り道、たまたま通りかかった自転車屋さんに、

こんな感じで折りたたみ自転車が置いてありました。
ブロンプトン-5583
ブロンプトン-5583 posted by (C)あまがっぱ

 

なにこれ! すっごくコンパクトにたたまれてる!

 

値段を見て

・・・うわっ! すごい値段! 

とても購入対象とする自転車ではないと思い、インパクトのあった その姿だけ写真に撮って、そのまま通り過ぎました。

 

今、仕事は在宅勤務となったおかげで、通勤時間がなくなった分、1時間近く余裕ができたので、

朝食の片付け → 30分程度の運動 → 家の掃除 → シャワー → 仕事開始

といったルーティーンとなっています。 

最近、この30分ほど運動は、自転車でジョギングのようなペースで走るようにしています。

その時に使っているのが、DAHON IMPULSEという折りたたみ自転車です。
サイクリング
サイクリング posted by (C)あまがっぱ

 

サドルの高さを高めに設定し、7段変速の4速あたりで、ゆっくりとした速度で足と腰がしっかりと動くよう意識して走っています。

しかしこの自転車、すぐにお尻が痛くなる上、購入してからすでに20年以上経っていることもあり、そろそろ新しい自転車が欲しいなぁ

という思いが強くなり、次に購入する折りたたみ自転車を検討し始めました。

 

検討するにあたっての基本要件は

・折りたたんだ時に、いまよりコンパクトになること

・スピードはでなくてよいが、安定感があること

この要件を満たし、デザインが気に入ったのが、irukaブロンプトンの2つでした。

irukaはアルミの車体で先進的なデザイン。しかも日本人が作った自転車です。

対するブロンプトンはイギリス製で、スチールの車体にレトロな外観です。

折りたたんだ姿は

iruca           W78cm x H48cm x D35cm

ブロンプトン W57cm x H59cm x D27cm

高さはirucaが低いものの、幅と奥行きはブロンプトンの方が小さいです。

また、irucaはシマノの内装8段変速。ブロンプトンは内装3速 x 外装2速 の6速という仕様。

ブロンプトンの内装変速機は漕いでいる時は変速できず、外装変速機は漕いでいる時に変速する仕様で、

irucaの内装変速機は漕いでいても漕いでいなくても変速ができる仕様です。

折りたたんだ大きさ以外の部分では、圧倒的にirucaが優れています。

重さや値段はどちらも同じくらい・・・(高い!)

でもなんかブロンプトンのレトロなデザインっていいんですよね〜

こんな感じで検討していたら

あっ! 池袋で見たあの折りたたみ自転車ってブロンプトンだったんだ! 

って初めて気づきました(笑)

 

結局、デザインが好みのブロンプトンを購入することにしました。

5/1 にお店に行って購入! そのまま持って帰れるかと思いきや、納車は5/11以降とのこと

コロナ禍で自転車需要が急増しており、納車の順番待ちが生じているとのこと

「自転車操業でやっているが追いつかない」

状態だそうです。

そんなわけで 5/15 (土)に納車してもらうことにしました。

お店の横は、多摩川のサイクリングロードという好立地!

納車されたブロンプトンを早速試乗します。

多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード posted by (C)あまがっぱ

 

購入したのは M6R というタイプ 
(M型ハンドル+6速+リヤキャリア付)

色は ブラックラッカー  

ブラックラッカーの美しさ
ブラックラッカーの美しさ posted by (C)あまがっぱ

 

通常のカラーと違い、接合部の仕上げが見える塗装です。

このため、出来の良い車体がこの塗装に回されるそうです。

 

試乗してみて、内装3速x外装2速の6速というけったいな変速機の使い方のコツがわかりました。

外装の2速はハイ・ローの切り替えで、ペダルを回して変速します。

一方の内装の3速はペダルを止めた時に変速します。

1速(1速+ロー)

2速(1速+ハイ)

3速(2速+ロー)

4速(2速+ハイ)

5速(3速+ロー)

6速(3速+ハイ)

こんな感じなので、2速から3速への切り替えは、内装を3速に上げるのとあわせて外装をローにしなければなりません。

内装は漕がずに変速、外装は漕いで変速という特徴を考えて、

ペダルを止めて内装を3速にアップ、その後漕ぎ始めるときに外装を切り替えるというふうに変速するとスムーズに変速できますね。

 

自分のペースだと4速(2速+ハイ)がちょうどよく、通常は2速のままハイとローの切り替えだけで事足ります。

ちょっと急な坂を登る場合は1速+ハイにしておき、キツくなってきたらローに切り替えれば、ペダルを漕いだままの切り替えとなるので失速することなく坂を上り切れます。

4速(2速+ハイ)と5速(3速+ロー)の間のギア比がちょっと開いているようで、5速にあげると急にペダルが重くなります。

5速・6速では、結構なスピードがでます。(多分20km/h以上は出てる感じ)

こんなに速く走れなくてよいから、もう少し4速と5速の間の開きを無くしたいですね。

 

試乗を終えて、ミニクーパーに積んで帰ります。

ミニクーパーとブロンプトン
ミニクーパーとブロンプトン posted by (C)あまがっぱ

 

イギリス製のブロンプトンに・・・・

イギリスの皮をかぶったドイツ車のミニクーパー(笑)

 

微妙に入らない
微妙に入らない posted by (C)あまがっぱ

 

コンパクトに畳めるから、入ると思ってたけど・・・

 

微妙に入らない・・・・

 

縦にするとリヤゲートがしまらないし、横にしてもちょっとはみ出す・・・・

仕方がないので、リヤシートを片方倒して積み込みました。

飛び出てる
飛び出てる posted by (C)あまがっぱ

 

うちに帰ってきて、ミニクーパーのフロアボードを外し、荷物を片付けてから

ブロンプトンを入れてみたら・・・

 

入りました!

 

リヤゲート閉めてしまえば、自転車積んでいるのは全く見えなくなり安心です。

ミニクーパーとブロンプトン
ミニクーパーとブロンプトン posted by (C)あまがっぱ

 

 

 

2020年10月21日 (水)

ミニクーパー コンバーチブルで初のオープンカー体験

愛車のミニクーパーが2回目の12カ月点検を迎えるにあたり、代車にオープンカーのコンバーチブルをお願いしました。

月曜日の夕方に愛車を預けて代車を受け取り、火曜日はディーラーの定休日なので、水曜日の夕方に返却というスケジュール。

せっかくのオープンカーなのに月曜は雨(なぜかディーラーに行く時は雨が多いwww)

幸い火曜日と水曜日は晴れてくれました。

水曜日に休みを取っていたので奥多摩〜山梨へツーリングに行きます。

コースは定番の自宅→奥多摩湖→柳沢峠越え→塩山市→大月市→小菅村→奥多摩湖→自宅 というもの

当初は清里へ行こうかと思っていましたがETCが付いていなかったので、高速を乗らずに走りを満喫するコースとしました。

ミニクーパーコンバーチブル 前姿-5435
ミニクーパーコンバーチブル 前姿-5435 posted by (C)あまがっぱ

 

フルオープンにするとこのスタイル♪

畳まれた幌の高さが意外に高いので、ルームミラーでは後ろがほぼ見えなくなってしまいます。

ミニクーパーコンバーチブル 後姿-5434
ミニクーパーコンバーチブル 後姿-5434 posted by (C)あまがっぱ

 

「幌を開けていてもサイドウィンドウを上げた状態で、ヒーターをつけていれば寒くないですよ」

と言われていましたが、左後ろ側から風が巻き込んでくる感じがあり、奥多摩の峠越えは結構寒かったですwww

ミニクーパーコンバーチブル後ろ姿-5445
ミニクーパーコンバーチブル後ろ姿-5445 posted by (C)あまがっぱ

 

天井がないと この開放感!

オープンカーの開放感-5429
オープンカーの開放感-5429 posted by (C)あまがっぱ

でも太陽が出ているとかなり眩しく、頭が暑くなるので帽子は必要ですね。

ただ帽子をかぶってしまうとツバで上方視界が遮られるので、開放感は半減してしまいます。

眩しくない時は、帽子はかぶらない方が、大空を感じられて気持ちがいいです。

 

ミニクーパーはとてもボディの剛性が高い車ですが、オープンにしても非常にガッチリしています。

峠道の切り返しでも、ボディはヨレルことなく、しっかりとハンドルに追従してきます。

現行車は昔のミニに比べてマイルドになったと言われていますが、ハンドリングもクイックで、

「ゴーカートフィーリング」の一端を感じることができ、DCTのマニュアルモードで、2・3・4速を駆使すると

とても気持ちよく走ることができます。

(オートだとSモードでも、3速で走りたいところでも4速に上がってしまったり、4速から3速に落としたいところで落ちなかったりするので、峠道ではマニュアルモードにしてしまった方が、ストレスなく走れます)

 

ディーラーに返却に行く途中で、左右のウィンドウスイッチの下に大きなスイッチがあることに気づきました。

なんだろうと思って押してみたら・・・

ミニクーパーコンバーチブル ウィンドウスイッチ
ミニクーパーコンバーチブル ウィンドウスイッチ posted by (C)あまがっぱ

 

前席左右の窓ガラスと後席の三角窓が全部開きました!

ミニクーパーコンバーチブル窓全開
ミニクーパーコンバーチブル窓全開 posted by (C)あまがっぱ

 

フルオープンにしなくても、天井のサンルーフモードと一緒に使うと、なかなかの開放感がありますよ。

 

 

 

 

 

2019年9月22日 (日)

ミニ・クラブマンに初乗り

愛車のミニクーパー5ドアの12ヶ月点検中の代車として貸していただいたのは、真っ赤なクラブマン!
クラブマン前
クラブマン前 posted by (C)ものごいかっぱ

 

お〜!赤いミニは可愛いな♪

愛車のクーパー5ドアと同じ1.5Lターボエンジンを積んでいます。
(あっクラブマンの方はOneなのかな? Oneの方がちょっとパワーは少ない)

5ドアとクラブマンの違いを知るのに絶好のシチュエーションですね。

 

クラブマンを横から見るとダックスフントのように胴体が間延びしています。
クラブマン横
クラブマン横 posted by (C)ものごいかっぱ


「ミニ」というクルマに乗りたい! という観点から、自分的にはこのサイドビューは許容できず、購入時の候補とはなりませんでした。
(ミニはあのコロコロしたデザインが好き♪)
しかし、使い勝手という観点で見ると、5ドアの後席はドアの間口が非常に狭く、特に降車時に足が引っ掛かり降りにくいんですよ。
家族が後席に乗るたびに、「狭い!狭い!」と文句を言われてしまいます。

 

クラブマンなら車体がストレッチされている分、後席とドアの開口部は「普通」の広さがあるので、家族からは文句が出ないでしょうねwww
クラブマン後席の広さ
クラブマン後席の広さ posted by (C)ものごいかっぱ

 

クラブマン後席ドア
クラブマン後席ドア posted by (C)ものごいかっぱ

 

クラブマンのもう一つの特徴はバックドア
観音開きになっています。
クラブマン後ろ
クラブマン後ろ posted by (C)ものごいかっぱ

 

クラブマン後ろ扉
クラブマン後ろ扉 posted by (C)ものごいかっぱ

 

クラブマン後ろ扉
クラブマン後ろ扉 posted by (C)ものごいかっぱ

 

クラブマン荷室
クラブマン荷室 posted by (C)ものごいかっぱ

 

荷室は充分な広さがありますが、上下方向はやや狭いかも。
クラブマン荷室に座った時の眺め
クラブマン荷室に座った時の眺め posted by (C)ものごいかっぱ

 

荷室後端に腰掛けると、頭は天井の上に飛び出る形になるので、縁側的に使うにはちょっと落ち着かないです。
バックドアが上に開くタイプだと、バックドアが頭の上に来るので目隠しになり、縁側風に使いやすくて好きなんですよね。

 

観音開きのバックドアは、運転席からルームミラーで後ろを見たときに、真ん中にドアの境界部が死角になってしまうことも、好き嫌いが分かれるところでしょうね。
クラブマン後ろの視界
クラブマン後ろの視界 posted by (C)ものごいかっぱ

 

さて、同じ1.5Lターボエンジンを積んだ5ドアとクラブマンですが、走らせてみると随分とキャラクターが異なることがわかります。
5ドアよりも全長270mm 全幅90mm ホイールベースが100mm 長く 170kgほど重いクラブマンは落ち着いた乗り味。
加速感も路面からの突き上げも、5ドアに比べるとマイルドですね。
もちろん車体に対して十分なパワーがあるので、乗っていてもなんら不満はありません。


しかし、自分の5ドアに戻るとまず感じるのは「軽い!」ということ。
動き出しや加速が圧倒的に軽く感じるのですが、重量に対してサスペンションが硬すぎる感じで、
外部からの入力に対してやや跳ね気味になるように感じます。
この辺りも「ゴーカートフィーリング」と言われる、「やんちゃ」なミニを体現しているのでしょうが
個人的にはしなやかな脚が好き

 

 

 

 

2019年9月19日 (木)

ミニクーパーの12ヶ月点検

ジルちゃん
ジルちゃん posted by (C)ものごいかっぱ

 

愛車のミニクーパーが12ヶ月点検を迎えました。
2018年11月4日に納車だったので少し早いのですが、増税前に実施してもらいました。


走行距離は9,705km
休日にドライブに出ることが多くなり、月1,000km近いペースで走っていましたが、6月にバイクを購入してからは、休日はバイクに乗ることが多くなり、ちょっとだけ走行距離は抑制されました。

点検パックに入っているので点検の料金とオイル交換、ワイパーゴム交換といった整備料金は無料です。
これに加え、最新化されたというナビの地図更新とフューエルクリーナーの投入を実施してもらいました。(こちらは有料)


ブレーキの残量はフロント9.0mm リヤ7.5mm
走行距離から見るとあまり減っていないとのご指摘をいただきました。
あまりガッツリとブレーキをかけたりしないからかな。
街乗りや高速では、車間距離ちゃんととって、エンブレで減速して柔らかめにブレーキをかけるようにしているし
峠道も結構速いペースで走るけど、スピードの上限は抑えめにして、あまり強くはブレーキを使わない感じで走るので
減りは抑制されているのかも。

10月末には長距離を走る予定なので、これで安心して走れますね。