広告

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

車、バイク、自転車、飛行機

2019年6月 8日 (土)

SR400納車されました!

一目惚れしてしまったヤマハSR400が本日納車されました!
昨日梅雨入りし直前まで雨の予報でした(さすがあめふらし!)が、なんと晴れましたね〜♪
午前中に自宅まで無事配送していただくことができました。
40周年記念モデル!
1978年に発売されてから40年。ほとんどデザインが変わっていないこの姿!
SR納車!
SR納車! posted by (C)ものごいかっぱ


 


アコースティックギターのように美しいこの塗装!
一目惚れのカラー
一目惚れのカラー posted by (C)ものごいかっぱ


 


400cc単気筒の空冷エンジン


主張するエンジン

主張するエンジン posted by (C)ものごいかっぱ



オフロードバイクですら、セルでエンジンをかけるようなご時世となりましたが

SRは未だにエンジンを掛けるのはキックのみです。

キック始動って、教習所でも教えてくれないので、普通の人はわからないですよね。

しかしSRは昔乗っていた初期型のセローと同じ手順での始動方法なので、勝手知ったるなんとやらで、
キック一発!
エンジンが掛かるとバイク全体がブルブルと振動しています。

ギアを1速に入れクラッチをゆっくりとつないでいくと、ぐぐぐっと力強く走り出します。

力強いトルク感
そして想像していた以上にすごい鼓動・・・というか振動というかwww・・・
これはおもしろいですね〜♪
ここまでエンジンが主張するバイクって、日本車ではあまりないですよね〜
スピードは出ませんが、乗っていて本当に楽しいバイクです。

バイクに乗るのは約20年ぶりなので、思った以上にカーブが怖いですね〜
どれくらい乗れば感覚が戻るかな〜

2019年6月 3日 (月)

約20年ぶりのバイク購入

初めてバイクに乗ったのは、高校を卒業し浪人していた時
スピードには興味がなく、どこへでも行くことができるオフロードバイクに惹かれ、デザインに惚れて選んだのは、中古のホンダのオフロードバイク XL250Rでした。
1年後、晴れて大学生になり、バイクサークルに入り、本格的にツーリングを始めました。

bike01_XL250R
bike01_XL250R posted by (C)ものごいかっぱ


XL250Rは大柄な車体で、小柄な私にはちょっと大きく、取り回しに苦労しました。

 


そんな経験から次に選んだのはヤマハのセロー225

bike02_SEROW243
bike02_SEROW243 posted by (C)ものごいかっぱ

 

125ccクラスの車体に250ccクラスのパワーを持たせたセローは、見事に自分の好みにハマりました。
BEETの243ccボアアップキットを組み込み、北は北海道、東北から南は彦根、京都、姫路まで、10万キロ以上走りましたね〜♪
限定解除して大型車を購入後も、ずっと乗りつづけた大のお気に入りでした。

 

大学で入ったバイクサークルは、私以外はオンロード派(一部オンオフ両刀使いはいましたが・・・)
同期はほぼ皆オーバー750ccという状況 (1100KATANA, Ninja900, Gpz1000RX, Z1300などなど・・・) 
そこで4年の時に一念発起して、限定解除しました。
限定解除後に購入したのがホンダのBROS650

bike03_BROS650
bike03_BROS650 posted by (C)ものごいかっぱ

銀色の太いフレームとマフラー、Vツインのエンジンに惹かれたんですが
同じ形で400ccと650ccがあり、誰も大型車とは気づいてくれないんですよねwww

 

その次に購入したのがスズキのVX800
これもVツインのエンジンとデザインが好みで購入
誰も乗っていないチョーマイナー車ですね
これは乗り味はパッとしなくて、残念なバイクでしたw

bike04_VX800
bike04_VX800 posted by (C)ものごいかっぱ

 

あっ手前はカミさんのスティードです。
結局、子供が生まれた数年後、車検付きバイクは維持するのが難しくなり、またセローは老朽化のため、バイクは全て手放してしまい、それ以降は、ずっとバイクに乗ることができませんでした。

そんなこんなでムスコは成人し、バイクに乗り始めました。
・・・街中でウィリーするなよw・・・
ウィリー
ウィリー posted by (C)ものごいかっぱ

 

ムスコにはセロー買えや〜って勧めていたんですが購入したのは・・・
カワサキのKLX250 そしていつのまにかヤマハのWR250!
・・・こんなの足が届かんから借りられないじゃん!

 

いつかまたバイクに乗りたい!
ハーレーのスポーツスターに乗りたいな
などと思いながらも強烈に惹かれたのがこれ
SR400
SR400 posted by (C)ものごいかっぱ

 

ヤマハ SR400の40周年記念モデルです。
2018年に500台限定で発売されたモデルです。
ギターのような美しいカラーリング・・・・
堪らないですね〜


SR400がデビューしたのは1978年
それ以来、ほとんどデザインが変わらず、いまだに存続している息の長いバイクです。


最近見かけるようになった試乗レビューの記事を見ると、2018年モデルは厳しくなった排ガス規制に対応するため、エンジンの特性などに大きな変更が入っているそうで、いままでより低いエンジン回転数で最大トルクを発生させており、自分の好みの方向に改修されているように思えます。


とはいえ2018年に発売された限定車ということで、いまさら手に入れるのは難しいだろ〜な〜と思いながら、なんとはなしに探していたら、出逢ってしまったんですよ・・・新車に・・・・

気づいてみれば、お店にコンタクトし、現物を見に行ってそのまま契約しちゃいました・・・

 

 

 

2019年5月11日 (土)

ミニクーパーに乗り換えた途端 大荷物を運ぶことが多くなった

2018年の11月にミニクーパーに一目惚れしてしまい、レガシィツーリングワゴンからに乗り換えたのですが・・・

LegacyからMiniCooperへ
LegacyからMiniCooperへ posted by (C)ものごいかっぱ

 

乗り換えた途端、大荷物を運ぶことが多くなりました(^◇^;)

1月に母が亡くなり、住んでいた集合住宅からの荷物の運び出し

実家から
実家から posted by (C)ものごいかっぱ

 

3月にムスコが一人暮らしを始めたので、ムスコの荷物の運び出し

ムスコの荷物1
ムスコの荷物1 posted by (C)ものごいかっぱ

 

 

ムスコの荷物2
ムスコの荷物2 posted by (C)ものごいかっぱ

 

四角いボディ形状なので、後席を倒せば意外にたくさん積めますね。

まあ、レガシィだと倍くらい積めちゃうんですけどね

 

 

2019年3月26日 (火)

ボンネットストライプ入れました

バーガンディ(赤ワイン)カラーのミニクーパーくん


とてもシックな色なので、おとなしい感じに見えます。


ミニクーパー
ミニクーパー posted by (C)ものごいかっぱ


 


そこでミニ定番のアクセサリー、ボンネットストライプのステッカーを貼りました。


ストライプ入れました
ストライプ入れました posted by (C)ものごいかっぱ


 


カエル顔のクーパーちゃんですが、ストライプが入ると


ちょっとやんちゃで締まった顔つきになりますね


 

2019年3月23日 (土)

3月の雪!

愛車ミニクーパーの化粧直しのためにディーラーに入庫しました。

 

 

なんかディラーに行くときはいつも雨・・・
契約の時、納車の時、初回点検の時・・・雨でした・・・
今回も雨と共にディーラーへやってきましたwww

 

 

1日入庫するので代車をお借りしました。
オレンジの3ドアクーパーSD! 派手〜
2Lのディーゼルですね。

 

 

天気は悪いけど、せっかくなのでしっかりと楽しみましょう!
・・・というわけで、いつものように奥多摩へ
奥多摩湖に着いた頃、なんかミゾレっぽいものが降り始めたな〜
と思ったら、あっという間に雪になってしまいました(O_O)

 

 

 

奥多摩湖で食事をとった後、丹波山村から狭い山道をぐるっと抜けて小菅村へ戻ってくるルートを走り
奥多摩周遊道路へ・・・

 

 

 

 

 

月夜見第一駐車場を超えると、周りの木々に雪が積もっています。

 

 

停めたときは晴れていたのに、あっという間に霧に覆われてしまいました。

 

 

 

 

檜原村方面の方が寒いんですかね?
山が雪化粧しています!

 

 

2019年1月 9日 (水)

ミニクーパー(5ドア)の荷室は意外に使える

5ドアのF55と呼ばれる3代目ミニクーパー
4mという全長は、ビッツやフィット、デミオあたりと同じくらいのサイズです。
それだけに荷室もミニマムな感じです。

デフォルト状態の荷室は深い穴がポッコリ
国産だと上に蓋を標準でつけるのでしょうが、ミニではオプションとなっています。
オプションの蓋は持ち上げると後席の背もたれにマグネットでぴったりと張り付くようになっており、
蓋を使用しない場合にも邪魔にならないよう配慮されています。
269418A3-DCA1-4B58-919A-FBA63CB54BC9
269418A3-DCA1-4B58-919A-FBA63CB54BC9 posted by (C)ものごいかっぱ


蓋をする場合は、装着位置を変えることにより、高さを2段階に変更できます。
下段にセットするとこのようになります。
BA0AD712-960B-4823-A324-1617C22E8131
BA0AD712-960B-4823-A324-1617C22E8131 posted by (C)ものごいかっぱ

開口部より一段低いところに荷室がある、国産のハッチバック車と同じような感じになりますね。

蓋を上段にセットするとステーションワゴンのように、開口部と荷室の境をフラットにすることができます。
こうしておくと、縁側のように座ることができ、休憩するときに重宝します。
D40E1843-9D7A-4AA2-B0F0-026CED76BBE2
D40E1843-9D7A-4AA2-B0F0-026CED76BBE2 posted by (C)ものごいかっぱ


さらにこの状態で後席の背もたれを倒すと、大きくフラットな空間ができます。
後席を使わないのであれば、それなりに大きな荷物も収容可能です。
98A6D658-4485-45DE-8605-7394D14D7386
98A6D658-4485-45DE-8605-7394D14D7386 posted by (C)ものごいかっぱ

蓋の下の空間は結構な深さがあるため、かなりの収容力があります。
驚いたのは、長い傘が横にすっぽりと収納できてしまうところ。
クーパー荷室
クーパー荷室 posted by (C)ものごいかっぱ

以前乗っていたレガシィでは、アンダートレー部分には、ほとんど物を入れられず、広い荷室の奥に、置き傘を含め、みんな放り込んでいたので、荷室の奥がごちゃごちゃした感じだったのですが、ミニの場合は置き傘も含めてみんなアンダートレーの中に入ってしまいました。
おかげで狭いながらも、荷室のフロア上は何もなくなり見た目スッキリ!
必要な時に最大限に使用できます。


2018年11月30日 (金)

小粒でもピリリと辛いミニクーパー

11/4に ミニクーパーが納車されてから、楽しくて走りまくってますねぇ
あっというまに1000kmを越えてしまいましたw


納車されてしばらくは、試乗したエントリーモデルのONEより、パワー感がなく、「あれれ?」という感じだったのですが、
600kmを越えたあたりから、しっかりとトルクが出て、力強くなってきた感じがします。
ミニクーパーと紅葉
ミニクーパーと紅葉 posted by (C)ものごいかっぱ


ミニクーパーに搭載されているエンジンは、1.5L 3気筒の直噴ターボで、
最高出力136ps/4500rpm  最大トルク 220N・m/1480-4100rpm
最大トルクを発揮する範囲が広いのが見て取れます。


”3気筒"のエンジンは、暖まるまでは多少振動を感じますが、暖まってからは気になる程ではないですね。
同じ排気量であれば、4気筒より3気筒のほうが1気筒あたりの排気量が大きいため、
より中低速のトルクは大きくなるので、そのあたりも街乗りでの力強さにつながっているのだと思います。


mini シフトノブ
mini シフトノブ posted by (C)ものごいかっぱ


トランスミッションは、7速のDCT (デュアル・クラッチ・トランスミッション)
オートマチックですが、マニュアル車のトランスミッションに近い構造で、2つのクラッチを切り替えながら変速するそうで、変速ショックもなく、とても滑らか。
DCTは低速でギクシャクしやすいという話をよく聞きますが、ミニのDCTは、まったくそのようなことはありません。


通常使用するDレンジは燃費重視の変速制御となるため、街乗りだと1000rpm前後のエンジン回転数で走るような感じですが、スタートダッシュも十分速く、レスポンスもいいので軽快に流れをリードして走れます。

シフトをスポーツモードに切り替えれば、マニュアル車で走るときのようなタイミングで、シフトアップをしていくので、とても気持ちよく走ります。

山坂道などでは、スポーツモードでも、「ここは3速のまま走り続けたい!」というところで、4速にシフトアップされちゃったりするので、そのようなときにはマニュアルモードに切り替えて、シフトダウン!
シフトダウン時には、「ウォン!」とエンジン回転を合わせる制御も入り楽しいです。

ただ、スピードが落ちてきたときに、勝手にシフトダウンされてしまうので、自分がシフトダウンしようとした直前にシフトダウンされ、その直後に自分がシフトダウンしてしまうなんてこともよくあり、想定より1段低いギアに入れてしまうなんてことも・・・
このあたりは、自動でシフトチェンジされてしまうところを見越して、もっと余裕を持ってシフト操作をしなければいけませんね。


夕暮れ
夕暮れ posted by (C)ものごいかっぱ


さて、"ミニ" でよく言われるのが、「ゴーカートフィーリング」 という言葉

ゴーカートには、サスペンションもパワステもありませんね。
すなわち、ミニも乗り心地が硬く、ハンドルも重くて遊びがない・・・ という乗り味ということのようです。

しかし今回のマイチェンされたミニは、ずいぶんとマイルドになったと言われています。
乗り心地は確かに硬めですが、路面の荒れたところでも、いやな突き上げ感などはありません。
前に乗っていたレガシィGT-Bと同じ程度の硬さだと思います。


ハンドルは重めでクイックですね。
通常、ハンドルはゆっくり操作する方なので、当初はわかりませんでしたが、
危険回避のためにハンドル操作した際に、思った以上に俊敏な動きをしたので、ちょっと焦りました。
遊びの少ないハンドルは、ドライバーの操作通りの挙動を示すということで楽しい反面、
高速道路などでは敏感すぎて疲れるという声も聞かれます。
ただ、まだ1度しか高速を走っていませんが、直進安定性はしっかりとしているので、
疲れるという感じはありませんでした。
このあたりはもっと長距離を乗ってみないとわからないですね。


天目山
天目山 posted by (C)ものごいかっぱ


ちっちゃくて愛らしいデザインのミニですが、見てくれとは裏腹に、乗り味はかなり硬派です。
まさに『山椒は小粒でもぴりりと辛い』というヤツですね

2018年11月23日 (金)

ジル・ド・レみたいなミニクーパー

ミニクーパーのボンネットを開けてみます。
開け方がちょっと変わっていて、運転席下にあるレバーを1回引くと・・・ 
ボン! という音がしてボンネットが少し浮き上がり、もう一度レバーを引くと・・・ 
カチッ という音がしてロックが外れます。

これでボンネットを手で持ち上げることができるようになります。


ボンネットオープン
ボンネットオープン posted by (C)ものごいかっぱ


この姿・・・ なんか違和感がありますね・・・・


そう、ライトの部分が丸く くり抜かれているんですよwww


ボンネットの穴
ボンネットの穴 posted by (C)ものごいかっぱ


穴あいてますwww

ボンネットはダンパーで支えられています。
贅沢ですね
ボンネット
ボンネット posted by (C)ものごいかっぱ

ボンネットを開けたこの姿・・・・
どこかで見たような・・・・
ジルドレみたい
ジルドレみたい posted by (C)ものごいかっぱ

思い当たりました!
ムスメがハマっているFateというアニメに出てくるジル・ド・レというこのキャラ
ジルドレ
ジルドレ posted by (C)ものごいかっぱ

ちょっといっちゃった目がそっくりですね
ミニクーパーの名前は 『ジルちゃん』 にしましょうかねw


2018年11月16日 (金)

ミニクーパーの運転視界

レガシィとの別れ
レガシィとの別れ posted by (C)ものごいかっぱ


これまで17年間乗ってきた3代目レガシィも、その前に5年間乗った2代目レガシィも、全周の運転視界が素晴らしくよかったため、乗り換えるクルマも運転視界が気になります。


レガシィと比べると、ミニのウィンドウは立ち気味で幅が狭いデザインをしていますね。
個人的にはボディに対して、もう少しグラスエリアを大きくした方が、もっとかわいくなると思うのですが・・・


ミニ運転席
ミニ運転席 posted by (C)ものごいかっぱ


前方視界は、やはり縦の幅が狭く、ガラスが前の方にあるので、ちょっと狭く感じられます。
信号待ちで停車したときに、停止線と信号の位置が近い場合に信号が見えない!なんてこともあります。

ミニクーパー前方
ミニクーパー前方 posted by (C)ものごいかっぱ

フロントのピラーはめっちゃ太いのですが、運転席から見ると斜めに設置されており、細く見えるように工夫されています。
ミニクーパー右前
ミニクーパー右前 posted by (C)ものごいかっぱ


ミラーもボディから生えているので、右前方の死角は少ないと思います。

ミニクーパー左前
ミニクーパー左前 posted by (C)ものごいかっぱ


左側を見るとピラーの太さがわかりますね。
とはいえ左右前方の視界は悪くはありません。
街乗りでも山坂道でも問題のない視界が確保されていると思います。

ハッチバック車では一番の問題となる左後方視界
ミニクーパー左後ろ
ミニクーパー左後ろ posted by (C)ものごいかっぱ


ミニの場合、ステーションワゴンと同じように後席窓の後ろ、荷室の部分にも窓がついている上、変に絞り込んだデザインになっていないため、十分な視界が確保されています。
これは非常にうれしい誤算でした。

後方窓はもう少し縦幅を広くして欲しかった・・・・
ミニクーパー後ろ
ミニクーパー後ろ posted by (C)ものごいかっぱ


縦幅が小さいと、ワイパーも短いものしか付けられなくなるため、雨天時のワイパーの拭き取り範囲が狭くなるという弊害がでてしまいます。
晴れた日の昼間はともかく、雨天時や夜にはちょっと不満のある後方視界です。


とまぁ、一部不満はありますが、運転視界については、概ね満足できるレベルにあると思います。




立った角度のフロントウィンドウについて、思わぬメリットを発見しました。
ミニクーパーダッシュボード
ミニクーパーダッシュボード posted by (C)ものごいかっぱ


この広大なダッシュボードエリア!
レガシィだとダッシュボードに手ぬぐいとかを置くと、ウインドウに柄が映り込んでしまい、運転しにくくなってしまったのですが、ミニだと全く映り込みしません!
おまけにダッシュボードの真ん中にエアコンの吹き出し口があるため、汗などでぬれてしまった手ぬぐいを乾かすのに最適ですwww

2018年11月14日 (水)

好みに応じて色を変えられるミニクーパーのLEDリング

ミニクーパーのナビの周りにあるLEDリングは自由に色が変えられます。
11色ほどある色から、その時の気分に合わせて色を選ぶことができます。


私のデフォルトは抹茶色
主張しすぎず、邪魔にならない感じが気に入っています。
夜はオレンジ系にすると、メーターの色ともマッチしますね。


より以前の記事一覧