広告

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

車、バイク、自転車、飛行機

2020年11月26日 (木)

奥多摩 檜原村の細道

奥多摩の檜原村

入ったことのない脇道へ行ってみました。

細く荒れた舗装路が続き、そろそろ引き返そうかな・・・

と思ったところでこの光景に出逢いました。

檜原村-1843
檜原村-1843 posted by (C)あまがっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF18-55mm

 

木漏れ日が路面に模様を描き、陽光が透過する紅葉が美しい!

 

 

檜原村-1850
檜原村-1850 posted by (C)あまがっぱ

 

 

 

 

2020年11月23日 (月)

晩秋の奥多摩ツーリング

紅葉とSR-2054
紅葉とSR-2054 posted by (C)あまがっぱ

 

好天に恵まれた3連休は、奥多摩方面へ

初日は、あきる野市側から奥多摩周遊道路を抜けようと思ったら、月夜見第一駐車場まで行ったところで、警察が道路封鎖してる!

どうもこの先で重大事故があったようで、現場検証が済むまで通行止めとなってしまったようです。

仕方がないので引き返し、檜原村の辺りの入ったことのない道を探索していました。

上の写真は、その時に撮ったものです。

 

2日目は出発が13時過ぎだったので、奥多摩むかし道まで。

残念ながら期待していた紅葉は終わっておりました。

 

3日目の今日は、柳沢峠を超えて塩山に抜けるルートを走りました。

風はやや強かったものの、暖かくとても気持ち良いツーリング日和でしたが

連休最終日ということもあり、帰りは所々で渋滞に巻き込まれてしまいました。

日が落ちてから、神奈川の大垂水峠を越える際に、違和感を感じて確認するとヘッドライトが消えています。

ハイビームは点くのでロービームが切れてしまったようです。

前には車がいるのでハイビームを使える状況ではなく、無灯火となってしまうので、ハザードを点滅させながら走りました。

途中開いているバイク屋さんもなく、結局そのまま家まで帰ってきてしまいました。 

 

 

 

2020年11月 3日 (火)

ミニクーパーで八ヶ岳ツーリング

11/2 休みを取り八ヶ岳方面へツーリング

当初はバイクで行こうと思っていたのですが、雨になるとの予報だったので

ミニクーパーで行くことにしました。

11時過ぎくらいから雨がぽちぽち

やはり車で来てよかったです。

 

今回見たかったのはこの光景

八ヶ岳高原の黄葉-1713
八ヶ岳高原の黄葉-1713 posted by (C)あまがっぱ

 

あいにくの雨模様ですが、霧がかった黄葉もよいですね。

 

八ヶ岳高原の黄葉-1728
八ヶ岳高原の黄葉-1728 posted by (C)あまがっぱ

 

鹿に注意 の看板

八ヶ岳高原 鹿に注意-1716
八ヶ岳高原 鹿に注意-1716 posted by (C)あまがっぱ

 

本当に鹿に出逢っちゃいました♪

八ヶ岳高原 鹿が出た-1719
八ヶ岳高原 鹿が出た-1719 posted by (C)あまがっぱ

 

 

八ヶ岳高原 鹿が出た-1727
八ヶ岳高原 鹿が出た-1727 posted by (C)あまがっぱ

 

 

 

2020年10月21日 (水)

ミニクーパー コンバーチブルで初のオープンカー体験

愛車のミニクーパーが2回目の12カ月点検を迎えるにあたり、代車にオープンカーのコンバーチブルをお願いしました。

月曜日の夕方に愛車を預けて代車を受け取り、火曜日はディーラーの定休日なので、水曜日の夕方に返却というスケジュール。

せっかくのオープンカーなのに月曜は雨(なぜかディーラーに行く時は雨が多いwww)

幸い火曜日と水曜日は晴れてくれました。

水曜日に休みを取っていたので奥多摩〜山梨へツーリングに行きます。

コースは定番の自宅→奥多摩湖→柳沢峠越え→塩山市→大月市→小菅村→奥多摩湖→自宅 というもの

当初は清里へ行こうかと思っていましたがETCが付いていなかったので、高速を乗らずに走りを満喫するコースとしました。

ミニクーパーコンバーチブル 前姿-5435
ミニクーパーコンバーチブル 前姿-5435 posted by (C)あまがっぱ

 

フルオープンにするとこのスタイル♪

畳まれた幌の高さが意外に高いので、ルームミラーでは後ろがほぼ見えなくなってしまいます。

ミニクーパーコンバーチブル 後姿-5434
ミニクーパーコンバーチブル 後姿-5434 posted by (C)あまがっぱ

 

「幌を開けていてもサイドウィンドウを上げた状態で、ヒーターをつけていれば寒くないですよ」

と言われていましたが、左後ろ側から風が巻き込んでくる感じがあり、奥多摩の峠越えは結構寒かったですwww

ミニクーパーコンバーチブル後ろ姿-5445
ミニクーパーコンバーチブル後ろ姿-5445 posted by (C)あまがっぱ

 

天井がないと この開放感!

オープンカーの開放感-5429
オープンカーの開放感-5429 posted by (C)あまがっぱ

でも太陽が出ているとかなり眩しく、頭が暑くなるので帽子は必要ですね。

ただ帽子をかぶってしまうとツバで上方視界が遮られるので、開放感は半減してしまいます。

眩しくない時は、帽子はかぶらない方が、大空を感じられて気持ちがいいです。

 

ミニクーパーはとてもボディの剛性が高い車ですが、オープンにしても非常にガッチリしています。

峠道の切り返しでも、ボディはヨレルことなく、しっかりとハンドルに追従してきます。

現行車は昔のミニに比べてマイルドになったと言われていますが、ハンドリングもクイックで、

「ゴーカートフィーリング」の一端を感じることができ、DCTのマニュアルモードで、2・3・4速を駆使すると

とても気持ちよく走ることができます。

(オートだとSモードでも、3速で走りたいところでも4速に上がってしまったり、4速から3速に落としたいところで落ちなかったりするので、峠道ではマニュアルモードにしてしまった方が、ストレスなく走れます)

 

ディーラーに返却に行く途中で、左右のウィンドウスイッチの下に大きなスイッチがあることに気づきました。

なんだろうと思って押してみたら・・・

ミニクーパーコンバーチブル ウィンドウスイッチ
ミニクーパーコンバーチブル ウィンドウスイッチ posted by (C)あまがっぱ

 

前席左右の窓ガラスと後席の三角窓が全部開きました!

ミニクーパーコンバーチブル窓全開
ミニクーパーコンバーチブル窓全開 posted by (C)あまがっぱ

 

フルオープンにしなくても、天井のサンルーフモードと一緒に使うと、なかなかの開放感がありますよ。

 

 

 

 

 

2020年10月 4日 (日)

SR400にSP忠男のPowerBoxを導入♪

9月に自分のSR400に装着して試乗したSP忠男のPowerBox

ようやく入荷したとの連絡があったので、浅草にあるSP忠男さんまで出向き、装着していただきました!

PowerBoxというのは、マフラー(消音器)はノーマルのままで、エンジンとマフラーを繋ぐ排気管を交換することで、エンジンの特性を変えてしまうという製品です。

powerbox
powerbox posted by (C)あまがっぱ

 

「エンジン特性を変える」といっても、高性能を追求したものではなく、街乗りなどの普段使いでの気持ちよさを追求した製品というところがミソなんですよね。

 

powerbox
powerbox posted by (C)あまがっぱ

 

 

SR400withPowrBox-1555
SR400withPowrBox-1555 posted by (C)あまがっぱ

 

装着した後の感触は、「エンジンの許容範囲が広くなった」感じ。

今までは5速だと60km/h以下になると、感触が悪くなるので4速を使っていたのですが、

PowerBox装着後は問題なく走れます。

今まで街中では5速に入れることはあまりありませんでしたが、これならば問題なく使えますね。

 

高速では100km/hになるとシートの振動が半端なく耐えられない状態でしたが、PowerBox装着後はどうなるんでしょうね?

高速に乗ったら確認してみます。

 

 

 

 

2020年9月 6日 (日)

SP忠男のPowerBoxを自分のSR400に装着して試乗してきました

SP忠男のPowerBoxという製品

ノーマルのマフラーのままで、エンジンからマフラーに接続するエキゾーストパイプを交換することでエンジンの特性を変えるという大変ユニークな製品です。

製品のコンセプトも普段使い

6月にノーマルの2018年式SRに装着した試乗車に試乗したのですが、自分のSRと比べ中低速の力強さがない!

自分のSRにはラピッドバイクイージーというサブコンピュータをつけており、超希薄燃焼となった現行車の特性を本来の性能に戻しています。

ノーマルってこんなにトルク感なかったっけ?

これは自分のSRに装着しないと正当な評価ができないね。

・・・というわけで、ふたたび近くで試乗会が行われるのを待ちかねていました。

 

SP忠男!
SP忠男! posted by (C)あまがっぱ

 

そして、やってきました!

SP TADAO!

事前にSP TADAOさんには、自分のSRでの試乗を打診して確実に対応してもらえるように連絡を入れておきました。

エキパイの温度が高いので少し冷めてからの作業となる為、交換には30分強かかります。

SR400 PowerBox装着中-5417
SR400 PowerBox装着中-5417 posted by (C)あまがっぱ

 

 

SR400にPowerBoxを試着
SR400にPowerBoxを試着 posted by (C)あまがっぱ

 

手前がPowerBox 奥がノーマルのパイプ

エキゾーストパイプ
エキゾーストパイプ posted by (C)あまがっぱ

 

装着完了!SR400にPowerBoxを試着 posted by (C)あまがっぱ

 

あれ?

前回試乗した時は、ノーマルと同じ銀色だったけど、金色してる!

なんで?って聞いてみたら、希薄燃焼で高温になるので焼けて変色してしまうそうです。

この試着用のパイプはステンレス製

試乗車につけられているのはチタン製ということでしたが、チタンの方も同じような色になっていました。

PowerBox
PowerBox posted by (C)あまがっぱ

 

 

PowerBox
PowerBox posted by (C)あまがっぱ

 

さあて、いよいよ試乗!

やはりそのバイク本来のトルク感はそのまま
(ノーマルに装着するとトルク感は増えるらしいです)

振動はカドがとれてマイルドになった感じです。

中低速のドコドコ感もちょっとマイルドになっちゃうのですが、

現状は4,500rpm以上回した時の振動が半端なく、高速では100km/h出すとシートがバイブレーターのようになってしまいますが

これなら100km/h巡航いけそうかな

もともとの粗さがとれて使える回転域が増えた感じですね。

ひと言で言えば

WildがMildになる感じ

 でしょうか

試乗で良い感触が得られたので、購入しようと思ったら

・・・在庫がない・・・そうです。

現在バックオーダーを抱えていて、即納はできない状態だそうです。

残念ながら本日装着して帰るという目論見は崩れてしまいましたが、

注文してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月16日 (日)

岩殿城 鬼の岩屋

せっかくの晴れた夏休み
いつもの日帰り奥多摩ルートを走りましたが ・・・

 

暑い暑い!

 

特に柳沢峠を越えて、山梨に入ると殺人的な暑さ
走っていても熱風が吹きつけ
止まれば、容赦無く照り付ける太陽と油温が100°Cを超えたエンジンの熱
炎天下で股火鉢しているようなもので、クラクラしてきます。

大月市からは岩殿城の横を通り奥多摩へ戻るルートをとりますが、
険しい岩殿城にはまだ登城できずにいます。
今回も通り過ぎようとしたところ、裏側の登山道を見かけました。
ちょっと気になったので、引き返してみました。

SR
SR posted by (C)あまがっぱ

 

 

鬼の岩屋
鬼の岩屋 posted by (C)あまがっぱ

 

登山道の入口には、鬼の岩屋 の看板
ちょっと気の弱そうな赤鬼がいい味をだしています。
入口には、登山者用のカウンターが設置され、その先の道も細く険しそうだったので入りませんでしたが、5~10分程度行ったところに 鬼の岩屋なるものがあるようです。
もうちょっと涼しくなったら行ってみようと思います。

 

 

 

2020年6月12日 (金)

SP忠男のSR400用PowerBoxを体験

前々から気になっていたSP忠男のPowerBoxの試乗をしてきました。

powerbox
powerbox 写真はSP忠男HPより

 

PowerBoxというのは、オートバイのマフラー(サイレンサー)の部分はノーマルのパーツを使い

エンジンからマフラーに繋がる排気管の部分だけを交換することで、エンジンの特性を変えるパーツです。

昔からマフラーを交換してチューニングするというのはありましたが、エンジンの高回転での排気の抜けを良くしてパワーを出すようなものが一般的。

SP忠男さんは、「エンジンを高回転まで回して使う人は少ないので、普通に走らせた時に気持ちの良いエンジン特性にチューニングする」
というコンセプトで開発しています。

こちらに開発の際の経緯が記載されています。


これを読んだり、実際につけた人のレポートを見ると、PowerBoxをつけたSRに試乗したい!

という気持ちがフツフツと湧いてきます。

そんな折に、比較的近くにあるライコランドさんで、SP忠男さんの試乗会があるとのことで、行ってみました。

 

試乗車は2018年式のSR400

自分の愛車と同じ年式です。

走り始めると・・・

あれ? 

走り始めの力強さがない・・・

自分のSRは、クラッチを繋いだ瞬間にグイッ!と身体が置いていかれるような力強さがあるのですが、それが感じられない・・・


自分のSRはラピッドバイクイージーというサブコンピュータをかましており、環境対策のため希薄燃焼に振りすぎた状態を、エンジンにとって無理のない状態になるようにしています。

おそらくそれがこのエンジンの持っている本来の姿を引き出してくれているのだと思いますが、ノーマルのSRがどんな感じだったかはもうわからなくなっています(笑)

PowerBoxをつけた試乗車も、発進の感触はおそらくノーマルのSRより落ちることはなく同等なんだと思います。

 

加速していくと、エンジン回転が上がる感触は、自分のSRに比べ軽快に回っていく感覚があります。

意地悪く5速で2000rpmの状態からアクセルを開けると、自分のSRはギクシャクしてなかなか加速しませんが、PowerBoxを装着したSRは問題なく加速していきます。

4000rpm以上回した時の振動も少なく軽快になっているような気がします。

なるほど! PowerBoxは、こういったところの心地よさを追求した製品なんだと思います。

 

試乗を終えてSP忠男のスタッフさんに感想を伝えると、「普通に乗った時の快適性を追求したものなので鼓動感などは薄れてしまうと感じられる可能性はあるかも」とのこと。

30分位の作業時間を見てくれれば、自分のバイクに装着しての試乗もできるとのこと。

こうなると、自分のSRにPowerBoxをつけた場合、どんな感じになるのかが気になります。

これはぜひとも体感したいですね。

 

自分のSRは、発進時にラフにアクセルを開けると身体がおいていかれるような力強い加速をしますが、100km/hになるとバブレータに乗っているような強烈な振動がシートに発生するので、高速道路を100km/hで巡航するのはツライものがあります。

振動という面だけでみると、もうちょっと出したときの方が振動による不快感は少ないのですが、車体の安定性、操作性という観点からみると100km/h超のスピードで走り続けるのは不安感があるので、あまり出したくない領域です。

そんなわけで高速道路はだいたいトラックなどと一緒に90km/h前後での巡航で、遅い方の流れに乗っており、高速120km区間の拡充なんてやめてくれよって気分になりますw。

 

100km/hでの巡航が、快適とは言わなくても不快でなければ・・・現状の力強さはそのままに、不快な振動は低減され、心地よい鼓動はそのまま(ここが重要!)なSRになるのかどうかといったところが非常に気になります。

いつか自分のSRにPowerBoxをつけての試乗をお願いしに行ってみようとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月 2日 (火)

ムスコと初ツーリング

ムスコと初ツーリング
ムスコと初ツーリング posted by (C)あまがっぱ

 

久しぶりにムスコが訪ねてきたので、一緒にツーリング。

ムスコと走るのは初めてです。

ムスコのバイクはWR250

身長172cmくらいのムスコでも足つきはギリギリということで

足場の悪いところではバイクから降り、自転車のように発進しながら飛び乗るという技も見せてもらいました(笑)

 

最近のオフロートバイクもセルスターターを積んでおり、SRのようにキックスターターでエンジンをかけるバイクがないこともあり

ムスコもキックスターターに興味津々

キックのコツを伝授すると、3回程度でエンジンをかけられるようになりました。

SRを軽く試乗したムスコは・・・「これはおもしろい!」と大層気に入った様子・・・

でも自分が乗るのはもっと歳をとってから・・・だそうです(笑)

 

 

2020年5月22日 (金)

YouTubeのYS PANDAラジオがおもしろい

コロナ自粛のなか、ヤマハのバイク販売店であるYSP横浜戸塚が始めたYS PANDA ラジオという配信にハマりました。

このお店はバイクに関する動画を積極的に配信しているのですが、ラジオ番組風に配信を始めたのがYS PANDA ラジオという番組です。

20回目の配信は「SEROW祭り」

人気の高いSEROW(セロー)というオフロードバイクが、排ガス規制などのため最終モデルになるということもあり、SEROWを祭り上げようという回です。

かくいう私もSEROWを10万キロ以上乗っていたこともあり、当時の愛車の写真とエピソードなど送ったところ、紹介していただけました。

 

 

 


bike02_SEROW243
bike02_SEROW243 posted by (C)あまがっぱ


雪の奥多摩
雪の奥多摩 posted by (C)あまがっぱ

 

YS PANDA ラジオも今回の20回目で、FINAL となっていますが、不定期でもよいのでまたやってほしいな。

 

 

 

より以前の記事一覧