気になるカメラ

  • XF23mm f2 WR
  • XF35mm f2 R WR
  • X-pro2
  • X70
  • X-T2
  • X100F
  • XF14mm f2.8 R
  • XF16mm f1.4 R
  • XF23mm f1.4 R
  • XF35mmF1.4
  • ケース

GXR おすすめレンズ

みんぽすモノフェローズ

みんぽす

歴史 城 寺社 史跡

2017年7月23日 (日)

船橋市金杉の御瀧不動尊

瀧不動尊金蔵寺は、中学時代まで住んでいた船橋市にあります。
自転車で行ける距離だったので、家族で初詣に行ったり、中学時代に始めた写真の格好の被写体として写真を撮りに行ったりしていた場所です。
父が今入院している関係で、ちょこちょこ千葉の実家に帰っているのですが、ふと思い立って、当時住んでいた場所や、思い出のあるこの場所を訪れてみました。

家でも学校でも「御瀧神社」って呼ばれていたので、ずっと神社だと思い込んでいましたが・・・「金蔵寺」って・・・
・・・お寺だったんですね ^ ^;
滝不動_弁天池-5732
滝不動_弁天池-5732 posted by (C)ものごいかっぱ


弁天池にある弁天堂
・・・こんな池、昔からあったかな〜?

滝不動_弁天池-5736
滝不動_弁天池-5736 posted by (C)ものごいかっぱ



滝不動_弁天池-5735
滝不動_弁天池-5735 posted by (C)ものごいかっぱ

池には睡蓮が咲いています。

立派な仁王門があります。
滝不動_仁王門-5731
滝不動_仁王門-5731 posted by (C)ものごいかっぱ

仁王様はちょっと奥まった中にあり、光があまり届かない上に、格子に貼ってある網が細かくてよく見えません ^ ^;
小学生の時に、よく見ようとして、格子に手をかけたらアブに噛まれた思い出があります。(泣)


滝不動_仁王門-5725
滝不動_仁王門-5725 posted by (C)ものごいかっぱ


滝不動_仁王門-5727
滝不動_仁王門-5727 posted by (C)ものごいかっぱ


滝不動_仁王門-5730
滝不動_仁王門-5730 posted by (C)ものごいかっぱ

仁王門の天井には、こんな絵が・・・
昔からあったのかな〜? 初めて見ました。
あったとしても、褪色していて気付いていなかったんでしょうね


仁王門の手前にはこんな立て札が・・・
滝不動_水行場-5726
滝不動_水行場-5726 posted by (C)ものごいかっぱ

滝不動_水行場_階段-5724
滝不動_水行場_階段-5724 posted by (C)ものごいかっぱ

人ひとりがやっと通れる幅の石段を降りていくと・・・

龍が水を吐いています。
滝不動_水行場-5720
滝不動_水行場-5720 posted by (C)ものごいかっぱ

ここは海老川の源流の湧水で、瀧不動の名前の源となっています。

滝不動_水行場-5722
滝不動_水行場-5722 posted by (C)ものごいかっぱ


下に降りて周りを見回してみると・・・
滝不動_水行場_とぐろを巻く龍-5723
滝不動_水行場_とぐろを巻く龍-5723 posted by (C)ものごいかっぱ

龍がとぐろを巻いています。

水を吐く龍の上には・・・・
滝不動_水行場-5721
滝不動_水行場-5721 posted by (C)ものごいかっぱ


不動明王さまでしょうか
周りからちょっと遮断されている場所ということもあり、厳かな気持ちになりますね。



2017年7月18日 (火)

柴又帝釈天で病気平癒の祈願

柴又帝釈天に行ってきました。
映画「男はつらいよ」で有名(実は見たことないんですけど ^ ^ ; ) な柴又にある帝釈天
日蓮宗の題経寺というのが本来のお名前だそうです。
門前町のお店は活気がありますね。
帝釈天_みやげもの屋-5690
帝釈天_みやげもの屋-5690 posted by (C)ものごいかっぱ

手焼きのおせんべい屋さん
帝釈天_せんべい屋-5680
帝釈天_せんべい屋-5680 posted by (C)ものごいかっぱ


いつものクセで、どアンダーに撮ってしまったwww


こちらが帝釈天の御門
帝釈天_屋根-5685
帝釈天_屋根-5685 posted by (C)ものごいかっぱ

参拝した帝釈堂の中で、御朱印もいただけました。
IMG_5143
IMG_5143 posted by (C)ものごいかっぱ


お寺で御朱印をいただくのは初めて。
御朱印をいただくときって、社務所の窓口で御朱印帳を渡し、奥で書いていただくスタイルのところが多いのですが、
こちらでは靴を脱いで帝釈堂の中に入ると、畳敷きの部屋の一角に、御朱印受付の文机があるので、本当に目の前で書いて頂けます。

柴又帝釈天って、病気平癒のご利益があるんだそうです。
帝釈天_お守り-5716
帝釈天_お守り-5716 posted by (C)ものごいかっぱ

実は先日、父が2度目の救急搬送され入院中です。
自分には何もできず、神頼みするしかありませんが、回復してもらいたいところです。


2017年7月15日 (土)

黒髪山神社の鳥居

榛名湖オートキャンプ場から伊香保温泉へ向かう途中に大きな鳥居が目に入りました。
黒髪山神社-5616
黒髪山神社-5616 posted by (C)ものごいかっぱ

黒髪山神社-5618
黒髪山神社-5618 posted by (C)ものごいかっぱ

『黒髪山神社』
なんか興味をそそる名前ですね。

黒髪山神社_相馬山-5619
黒髪山神社_相馬山-5619 posted by (C)ものごいかっぱ

鳥居をくぐり歩いていくと、今度は『相馬山』と書かれた鳥居
『黒髪山』は『相馬山』の別名のようですね。
ここからは藪の中の細い道になります。

黒髪山神社_相馬山大神-5622
黒髪山神社_相馬山大神-5622 posted by (C)ものごいかっぱ

しばらくいくと、錆びて色あせた三の鳥居、四の鳥居があらわれます。

黒髪山神社_相馬山鳥居-5626
黒髪山神社_相馬山鳥居-5626 posted by (C)ものごいかっぱ


黒髪山神社_ぐっちょんぐっちょん-5635
黒髪山神社_ぐっちょんぐっちょん-5635 posted by (C)ものごいかっぱ

前日の雨で、地面はぐっちょんぐっちょん・・・・
ここは登山道の入り口なんですね。
神社は山を越えた向こう側にあるみたいなんで、引き返します。


黒髪山神社_相馬山鳥居-5637
黒髪山神社_相馬山鳥居-5637 posted by (C)ものごいかっぱ

こうして見ると『異界』って感じがしますね。


2017年7月13日 (木)

榛名湖そばの加護丸稲荷

榛名湖オートキャンプ場から榛名湖へ向う途中、林の中に朽ちかけた鳥居を発見しました。
加護丸稲荷-01_5599
加護丸稲荷-01_5599 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

錆びて色あせた金属製の小さな鳥居
加護丸稲荷-02_5600
加護丸稲荷-02_5600 posted by (C)ものごいかっぱ

銘板には『加護丸稲荷大明神』と書かれています。

階段の敷居かと思いきや・・・
加護丸稲荷-03_倒れた鳥居-5602
加護丸稲荷-03_倒れた鳥居-5602 posted by (C)ものごいかっぱ

なんと倒れた鳥居!
踏まないように避けて通ります。

加護丸稲荷-04_三の鳥居-5603
加護丸稲荷-04_三の鳥居-5603 posted by (C)ものごいかっぱ
三の鳥居は木製で、いい感じに時代がついています。

加護丸稲荷-05_三の鳥居-5604
加護丸稲荷-05_三の鳥居-5604 posted by (C)ものごいかっぱ


少し間を置いて、四と五の鳥居
加護丸稲荷-06_四の鳥居-5605
加護丸稲荷-06_四の鳥居-5605 posted by (C)ものごいかっぱ

加護丸稲荷-07_四の鳥居-5606
加護丸稲荷-07_四の鳥居-5606 posted by (C)ものごいかっぱ

その先には小さな祠があります。
加護丸稲荷-09_祠-5614
加護丸稲荷-09_祠-5614 posted by (C)ものごいかっぱ


加護丸稲荷-10_狐-5612
加護丸稲荷-10_狐-5612 posted by (C)ものごいかっぱ

白い陶器の狐さんがいっぱい

加護丸稲荷-11_狐-5611
加護丸稲荷-11_狐-5611 posted by (C)ものごいかっぱ

しかしよく見ると、倒れたり壊れてしまっているものが、周り中に散乱しており、かなり悲惨な状態でした。

加護丸稲荷-12_狐-5610
加護丸稲荷-12_狐-5610 posted by (C)ものごいかっぱ


加護丸稲荷-13_狐-5609
加護丸稲荷-13_狐-5609 posted by (C)ものごいかっぱ


登山道の入り口に当たる場所のようですが、今は誰もお手入れしていないようですね。



加護丸稲荷-14_帰路-5613
加護丸稲荷-14_帰路-5613 posted by (C)ものごいかっぱ


2017年6月26日 (月)

八咫烏

八咫烏-2924
八咫烏-2924 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

府中の街を歩きまわっていて、たまたま入った路地の先に神社がありました。
神主さんのお家でしょうか?
古く味わいのあるガラス戸に八咫烏のうちわ
いいですね♪


八咫烏-2923
八咫烏-2923 posted by (C)ものごいかっぱ

2017年6月25日 (日)

巫女

巫女-2916
巫女-2916 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

大国魂神社にて

神社で見かける巫女さんの姿っていいですね。
泡食って撮ったので、露出失敗
超アンダーになってしまったのをLightRoomで補正してます。

2017年6月21日 (水)

参拝

参拝-000001
参拝-000001 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with NOKTON 50mm f1.5
Kodak Gold100

靖国神社参道にて


2017年6月19日 (月)

鉛筆で描かれた軍艦展

靖国神社の遊就館で開催されている菅野泰紀鉛筆絵画展 「肖像 序 ―海征く艟艨たちの残影―」 を見てきました。

Facebookでこの方を知り、鉛筆による緻密な絵に魅了されていましたが、その原画を見られるということで、ずっと楽しみにしていました。
なんと、展示されている絵は撮影OKとのことでしたので、いっぱい撮らせてもらっちゃいました。
ここではほんの一部だけ紹介させていただきますね。


戦艦 香取
戦艦香取-5405
戦艦香取-5405 posted by (C)ものごいかっぱ

日露戦争後に作られた戦艦です。
鋼鉄の艦、黒い雲の隙間から差し込む陽光、海と波の質感がすごいですね。
鉛筆だけでこんなに表現できてしまうんですね。
※オーブのような白い丸は、額のガラスに照明が写り込んだものです。・・・たぶん・・・

戦艦 扶桑
戦艦扶桑-5411
戦艦扶桑-5411 posted by (C)ものごいかっぱ

太平洋戦争当時の日本海軍の戦艦の艦橋って、大和・武蔵以外は、ゴテゴテとして独特の形をしています。
建造当初は低くてシンプルな形をしていたのですが、近代化改修をするたびに増築され、『仏塔』とか『違法建築』とか言われていますね。
日本独特のこの姿、大好きなんですよ。

戦艦 大和と第二艦隊
戦艦大和と第2艦隊-5445
戦艦大和と第2艦隊-5445 posted by (C)ものごいかっぱ


画面中央上あたりにいる陽光を浴びている駆逐艦は雪風
「幸運艦」として、この絵のもう一つの主題としているそうです。

空母 赤城
空母赤城-5419
空母赤城-5419 posted by (C)ものごいかっぱ

荒れた海を全速力で進む赤城
大迫力です。


空母 飛龍
空母飛龍-5423
空母飛龍-5423 posted by (C)ものごいかっぱ

ミッドウェー海戦で最後まで奮闘した飛龍ですが、戦艦を改造した赤城と比べると、ずいぶんと小さい印象があります。
飛行機の発着は大変そうですね。

軽巡 多摩
軽巡多摩-5449
軽巡多摩-5449 posted by (C)ものごいかっぱ

普段あまり光のあたらない軽巡や重巡、潜水艦の絵もありました。

とてもすばらしい絵の数々、ぜひとも実物をご覧になってください。
8月31日までの開催です。


2017年6月12日 (月)

大國魂神社の流鏑馬 iPhone編

大國魂神社の流鏑馬、デジカメのバッテリーを忘れ、5枚のフィルムも使い切ってしまったので、iPhoneが活躍します。
IMG_5012
IMG_5012 posted by (C)ものごいかっぱ
iPhone7

一番手のおじいちゃん
さすがにベテラン、見事に的に的中させていました。

女武者もいましたよ。
IMG_5013
IMG_5013 posted by (C)ものごいかっぱ

鹿革がもふもふですね〜

IMG_5014
IMG_5014 posted by (C)ものごいかっぱ


女性は艶やかですね〜
出走直前、緊張の面持ちです。


IMG_5015
IMG_5015 posted by (C)ものごいかっぱ


巴御前? 
赤い鎧に額の飾りがかっこいい武者姿
勇ましいですね。

せっかくなので、動画でも撮ってみました。

この方、見事に2本的中。
1本目の矢を射たあと、2本目の矢をつがえて射るのは大変そう。

お馬さんは気性が荒そう (大勢の人がいるから興奮してたのかな?)で、制御するのが大変そう。
轡を取る郎党さんは、狛犬にぶつけられていました。

ともすれば駆け出しそうになるお馬さんを、「まだだよ、まだだよ」となだめながら、必死に抑え込んでいる巴御前さん。
馬場に入ると一気に駆け出していきました。

大国魂神社 流鏑馬

府中にある大国魂神社で流鏑馬があるというので行って来ました。
長い参道に沿って砂利の敷かれた道が作られています。
X-Pro2に望遠レンズをつけて持っていきましたが・・・・

あっ、バッテリーが入ってない!
あちゃーやってしまいました。
前日の夜にカメラを使っていたので、充電しようと思ったのが運の尽き。


たまたま新しく買ったレンズ評価のためにLeica M6を持ち歩いていたので、残っていた5枚のフィルムを使い撮影しました。
大国魂神社_流鏑馬_疾走-000023
大国魂神社_流鏑馬_疾走-000023 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with NOKTON 50mm f1.5
Kodak Gold 100 1/30 f4

流鏑馬は神社の参道入口から本殿の方へ向かって走りますが、入口付近のスタート地点での撮影となりました。
的のある場所は遠く、50mmレンズでは撮ることができないので、スタートする武者を流し撮りで撮ってみました。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天

GXRパーフェクトマニュアル

MountA12 World