気になるカメラ

  • XF23mm f2 WR
  • XF35mm f2 R WR
  • X-pro2
  • X70
  • X-T2
  • X100F
  • XF14mm f2.8 R
  • XF16mm f1.4 R
  • XF23mm f1.4 R
  • XF35mmF1.4
  • ケース

GXR おすすめレンズ

みんぽすモノフェローズ

みんぽす

フィルム

2017年3月21日 (火)

フィルム巻き上げトラブル❗️ ~ソ連製フィルムカメラZorki4~

zorki4
zorki4 posted by (C)ものごいかっぱ


ソ連製Zorki4というカメラに、賞味期限が数年切れたフィルムを装填してさらに数年・・・( ^◇^;)
ようやく現像に出しました。
03_Zorki4
03_Zorki4 posted by (C)ものごいかっぱ

賞味期限をかなり過ぎたフィルムでしたが、ちゃんと写ってますね。
縄市場-000002
縄市場-000002 posted by (C)ものごいかっぱ
Zorki4 with jupiter8 50mm f2
CENTURIA200


右端が斜めに黒くなっているのは、フィルムがちょっと傾いていたんでしょうね。

・・・と4枚目を見ると・・・
あらら-000004
あらら-000004 posted by (C)ものごいかっぱ


コマの半分だけしか写っていません。
そしてそれ以降のコマは真っ白・・・・・

じぇじぇじぇ〜!

ちゃんと巻き上げされなかったみたいです・・・・(涙)


Zorki4の使い方、ここに自分で書いていたのに忘れていました。
シャッターレリーズボタンの根元が巻き上げ解除用のダイヤルになっており、これがネジ込んだ状態だと巻き戻しモードになるんですね。
恐らく途中からこの状態で使っていたのでしょう。

撮影時は一番上に持ち上がった状態で使わなくてはいけない❗️


肝に銘じておきましょう。

2017年3月19日 (日)

ひさびさにミノルタオートコード

幟
posted by (C)ものごいかっぱ
minolta autocord with fujifilm PRO160NS

ここしばらく、二眼レフカメラは軽いRollei cordを持ち出すことが多かったけど、
秩父には、ひさびさにminolta autocordを持って行きました。
二眼レフカメラは使っていて楽しいですね〜
上之臺稲荷神社の参道だけで一本撮っちゃいました。

2017年3月18日 (土)

中川政七商店のべっこう飴缶をブローニーフィルム入れに使う

minolta autocord-3368
minolta autocord-3368 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


東京丸の内のKITTEにある中川政七商店で一目惚れした缶
中身もムスメが大好きなべっこう飴ということで買ってきました。


この大きさ・・・
もしかしたらブローニーフィルム入れにならないかな?
そんな思惑もありました。
あと1mm幅があると良かったんですが、入り口に引っかかるものの、かろうじて出し入れ可能で、
2本のブローニーフィルムを入れることができました。
横幅は2.5本分といったところで、もう少し横幅があれば3本入るのに!
微妙に惜しいですね。

2017年3月17日 (金)

rollei35とNatura1600で撮る上之臺稲荷神社

とってもかわいらしい外観のフィルムコンパクトカメラのローライ35
昨年natura1600というiso1600の超高感度フィルムを入れたのですが、なかなか消化できず、一年経ってようやく撮りきり現像に出しました。
rollei35-3322
rollei35-3322 posted by (C)ものごいかっぱ

FUJIFILMのnatura1600というフィルムは、iso1600という超高感度
それに対してrollei35は、絞りf22、シャッタースピード1/500までということで、
晴天の日中は露出オーバーになってしまい、どう使ったらいいの?って感じでしたが、
このフィルム、ラチュード(露出の寛容度)が非常に高く、日中はiso400として使えばokなんだとか・・・
そんなわけで、ほとんどiso400のフィルムとして露出を測り使っていました。

秩父の上之臺稲荷神社にムスメといった時の写真です。
デジタルのX-Pro2で撮った写真と描写の違いを見比べてみるのも一興です。
01鳥居-010023
01鳥居-010023 posted by (C)ものごいかっぱ
rollei35 with Fujifilm natura1600

02鳥居-010024
02鳥居-010024 posted by (C)ものごいかっぱ

03鳥居-010026
03鳥居-010026 posted by (C)ものごいかっぱ


このカメラ、ファインダーをのぞいてピントを合わせることはできず、目測で距離計を合わせて撮ります。
そんなわけで、ピンボケしないように、絞りをf8とかf11といった感じで極力絞り込み、ピントの合う範囲を広くとるようにして撮影します。



04鳥居-010027
04鳥居-010027 posted by (C)ものごいかっぱ

05鳥居-010028
05鳥居-010028 posted by (C)ものごいかっぱ

06鳥居-010029
06鳥居-010029 posted by (C)ものごいかっぱ

07上之臺稲荷神社-010031
07上之臺稲荷神社-010031 posted by (C)ものごいかっぱ

08招き猫-010032
08招き猫-010032 posted by (C)ものごいかっぱ

09絵馬-010033
09絵馬-010033 posted by (C)ものごいかっぱ

10祠-010034
10祠-010034 posted by (C)ものごいかっぱ

11鳥居-010035
11鳥居-010035 posted by (C)ものごいかっぱ

12鳥居-010036
12鳥居-010036 posted by (C)ものごいかっぱ

どうでしょう?
デジタルとはまたちょっと雰囲気が異なる感じに撮れるので、やめられないですね。

2016年8月 9日 (火)

土屋鞄の夏

大好きな土屋鞄さんがやっている土屋鞄の夏というInstagramの企画。
涼しげな写真に #土屋鞄の夏 というハッシュタグを付けて応募するというものです。


私も何枚かにハッシュタグを付けて見たところ、突然土屋鞄さんからDMが届きました。
なんと土屋鞄の方に写真を気に入っていただき、ギャラリーページに載せていただけることになりました。
その写真がこちら
M6_湯元茶屋-000012
M6_湯元茶屋-000012 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with Nokton classic 40mm f1.4 SC

群馬の伊香保温泉に行ったときに、湯元茶屋さんで撮らせていただいた写真。
木桶に入ったラムネが湧き水で冷やされていて涼しげでしょ?
デジカメじゃなくてフィルムで撮ったので、やさしい色合いなところもお気に入りです。

お〜! 載ってますね〜
土屋鞄の夏
土屋鞄の夏 posted by (C)ものごいかっぱ


2016年7月19日 (火)

箱島湧水〜伊香保温泉

群馬の旅行で撮った残りのフィルムの現像が上がってきました。
フィルムは1本撮りきらないと現像に出せないので、なかなかタイムリーに見られないのがもどかしいですね。
このフィルム撮っている途中で気付いたのですが、ISOを合わせ忘れてました!
前のフィルムはISO160で入れ替えたこのフィルムはISO200
感度にあまり差がなかったのは幸いでした ^^;
ちょっとオーバーすぎるものは、若干トーンカーブをいじってます。

箱島湧水のお不動様の階段
M6_箱島湧水-000001
M6_箱島湧水-000001 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with Nokton classic 40mm f1.4 SC
Kodak Gold 200


同じ場所で撮影しても、出て来る絵の雰囲気がデジタルとは異なるところが、フィルムをやめられない理由の一つ。

ところ変わって伊香保温泉
この橋いいんですよね。
赤い欄干にアーチの具合が・・・
M6_湯元茶屋-000020
M6_湯元茶屋-000020 posted by (C)ものごいかっぱ

ムスコっちです。
M6_伊香保温泉-000008
M6_伊香保温泉-000008 posted by (C)ものごいかっぱ

温泉の料金所
M6_伊香保温泉-000006
M6_伊香保温泉-000006 posted by (C)ものごいかっぱ

温泉の後は、湯元茶屋へ
M6_湯元茶屋-000011
M6_湯元茶屋-000011 posted by (C)ものごいかっぱ

ホクホクでおいしい ゆでたまご♪
M6_湯元茶屋-000010
M6_湯元茶屋-000010 posted by (C)ものごいかっぱ

お待ちかねの焼き鮎〜
今回はひとり1本ずつを堪能しました
M6_湯元茶屋-000013
M6_湯元茶屋-000013 posted by (C)ものごいかっぱ

茶屋のご主人も一緒に
M6_湯元茶屋-000014
M6_湯元茶屋-000014 posted by (C)ものごいかっぱ

桶に入ったラムネ
天然水で冷え冷えです。
M6_湯元茶屋-000012
M6_湯元茶屋-000012 posted by (C)ものごいかっぱ

撮るんじゃねぇよ〜
ラムネを飲んでいる隙を狙いましたが、気づかれてしまいました ^^;
M6_湯元茶屋-000016
M6_湯元茶屋-000016 posted by (C)ものごいかっぱ


2016年7月10日 (日)

手づくりの店

手づくりの店_M6-000027
手づくりの店_M6-000027 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with Nokton classic 40mm f1.4 SC
Kodak portra160


箱島湧水のホタル保護区近くにあるお店。
入ったことはないけど、この佇まいは好き

こういう色合いって、フィルム独特な感じですよね。
古いフィルムカメラ自体の機械としての魅力と共に、フィルム独特の発色というのも
フィルムをやめられない理由ですね。

2016年7月 9日 (土)

バンガローでのんびり

バンガローに到着した後の一コマ
バンガローでのんびり-000018
バンガローでのんびり-000018 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with NOKTON classic 40mm f1.4 SC
KODAK portra160

ちょっと湿っぽかった布団を乾燥させるために敷き広げたところに、ムスコがごろん。
ムスメはお絵かきを始めています。

2016年7月 5日 (火)

箱島湧水

箱島湧水にやってきました。
ホタルの第1保護地からさらに登っていくと駐車場があり、そこからちょっと歩いていくと、湧水から流れ落ちる滝が見えてきます。
箱島湧水-1533
箱島湧水-1533 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

あっアワフキムシ!
ひさびさに見ましたよ。
箱島湧水_泡吹き虫-1563
箱島湧水_泡吹き虫-1563 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

とっても豊かな水量です。
箱島湧水-1541
箱島湧水-1541 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

今回は水を持っていくためのポリタンクを忘れてきちゃいました。
仕方がないので、昨日飲んだお茶のペットボトルを総動員です。
箱島湧水_水汲み_M6-000033
箱島湧水_水汲み_M6-000033 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with Nokton classic 40mm f1.4 SC

湧水の横には不動明王の石像があります。
箱島湧水_不動明王_M6-000032
箱島湧水_不動明王_M6-000032 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with Nokton classic 40mm f1.4 SC

像の後ろにある巨木がすごい迫力
箱島湧水_不動明王_M6-000031
箱島湧水_不動明王_M6-000031 posted by (C)ものごいかっぱ
Leica M6 with Nokton classic 40mm f1.4 SC

怪談・・・いや、階段を上るとお不動さまがあります。
箱島湧水の怪-1542
箱島湧水の怪-1542 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

箱島湧水_狛犬-1551
箱島湧水_狛犬-1551 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

ちょっと愛嬌のあるお地蔵さまですね
箱島湧水_お地蔵様-1550
箱島湧水_お地蔵様-1550 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

2016年6月13日 (月)

撮影中

OM-1_Acros_ぴよ-000002
OM-1_Acros_ぴよ-000002 posted by (C)ものごいかっぱ
OLYMPUS OM-1 with Zuiko 50mm f1.8
FUJIFILM ACROS


「ちょっとカメラ貸して」
ベランダのプランターに咲くローズマリーの花を撮りたくて、デジカメを借りに来たムスメ

最近カメラを向けると逃げて撮らせてくれないので、写真を撮ろうとしているところを後ろからこっそりw

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天

GXRパーフェクトマニュアル

MountA12 World