気になるカメラ

  • XF23mm f2 WR
  • XF35mm f2 R WR
  • X-pro2
  • X70
  • X-T2
  • X100F
  • XF14mm f2.8 R
  • XF16mm f1.4 R
  • XF23mm f1.4 R
  • XF35mmF1.4
  • ケース

GXR おすすめレンズ

みんぽすモノフェローズ

みんぽす

カメラ

2017年3月18日 (土)

中川政七商店のべっこう飴缶をブローニーフィルム入れに使う

minolta autocord-3368
minolta autocord-3368 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


東京丸の内のKITTEにある中川政七商店で一目惚れした缶
中身もムスメが大好きなべっこう飴ということで買ってきました。


この大きさ・・・
もしかしたらブローニーフィルム入れにならないかな?
そんな思惑もありました。
あと1mm幅があると良かったんですが、入り口に引っかかるものの、かろうじて出し入れ可能で、
2本のブローニーフィルムを入れることができました。
横幅は2.5本分といったところで、もう少し横幅があれば3本入るのに!
微妙に惜しいですね。

2016年10月 9日 (日)

FUJIFILM X-Pro2 がやってきた!

フィルムライカを使い始めてから一眼レフスタイルより、レンジファインダースタイルが好みとなり、X-Pro1が出てきたときにはすぐに見に行きました。
しかし、もっさりとした動作が気に入らず、その後出た一眼レフスタイルのX-T1をメインカメラとしていました
X-T1購入への道


X-T1はコンパクトなボディでありながら、絶妙なグリップデザインで、手への馴染みもよく、すごく気に入っていました。
X-Pro2が出たときも背面液晶が固定ということもあり、買い換えることはないだろうと思っていました。


しかし、X-Pro2をレンタルでお借りして1日使ってみると、いいんですよね。
ブライトフレームの光学ファインダーは、スナップ撮影では実に使いやすい!
そして、シャッターを切ったときの感触がすこぶる気持ちいいんですよね。


いつしか、「いつか欲しい〜!」 という気持ちになっていきました。


そんな折、MapCameraさんのサイトを見ていたら、3連休中は中古品が4000円off !
X-T1の下取りがワンプライス45,000円 !
先取り交換を利用すると買取査定10%up ! (つまりは 4,500円up !)
そしてちょうど新同品が入荷・・・


さらに悪いことには、カミさんが旅行中・・・・(爆)


ということで歯止めが効かなくなり・・・


パンドラの箱が届きました・・・
パンドラの箱
パンドラの箱 posted by (C)ものごいかっぱ

開けてみると・・・
パンドラの箱の中は
パンドラの箱の中は posted by (C)ものごいかっぱ

X !
X
X posted by (C)ものごいかっぱ

やってしまいました・・・
X-Pro2
X-Pro2 posted by (C)ものごいかっぱ

xpro2
xpro2 posted by (C)ものごいかっぱ

X-T1で使っていたストラップを移植し、XF35mm f1.4Rを装着
xpro2
xpro2 posted by (C)ものごいかっぱ

それじゃぁ試写にいってみましょうかね♪

2016年5月20日 (金)

仕込み杖

GWに八王子城に登城した際、下りで膝の爆弾が炸裂してしまい、これは山城歩きには杖が必要と痛感しました。
そこで色々探したところ、こんなストックを見つけたので買っちゃいました。
残念ながら到着はGW後となってしまったので、まだ使ってはいないのですが、次の山城登城の際には持っていきたいと思います。
仕込み杖-0905
仕込み杖-0905 posted by (C)ものごいかっぱ

mont-bellブランドなので、山歩きのストックとしてのスペックは問題無いものだと思います。


このストックの最大のポイントはこれ
仕込み杖-0906
仕込み杖-0906 posted by (C)ものごいかっぱ


握りの上の部分を外すと、カメラを装着するためのネジが出てきます。
そう、一脚として使えるストックなんですね!


以前、山に登った時に、偶然一脚を持っていて、下山時に膝が痛くなってきた時に、一脚をストック代わりに使ったことがあります。
その経験から、より軽量でストックとしての機能がしっかりしていて、一脚としても使えるものという観点で、この製品を選んでみました。


ムスメに見せたら、
「おっ! 仕込み杖じゃん!」 
と言われましたwww


2016年5月19日 (木)

FUJIFILM X-Pro2 パーフェクトガイド

買っちゃいました。
X-PRO2
X-PRO2 posted by (C)ものごいかっぱ




続きを読む "FUJIFILM X-Pro2 パーフェクトガイド" »

2016年5月16日 (月)

FUJIFILM X70 のタッチパネル液晶

FUJIFILM X70の背面液晶はタッチパネルになっています。
右上の👆マークの部分をタッチすると、モードが切り替わります。
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

[SHOT]では、指でタッチした場所にピントが合いシャッターが切れます。
初めて見たときはこの機能に感動しました。
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ


[FOCUS]では、指でタッチした場所にフォーカスポイントが移動します。
X70を購入して使い始めて、一番気に入ったのがこの機能♪
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

いや、マジ便利!
X-Pro2ではジョイスティックがつき、フォーカスポイントの移動が簡単にできるようになりましたが、
一瞬でタッチした場所にフォーカスポイントが移動するこの感覚!
使いやすいです。
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ


2016年5月 9日 (月)

FUJIFILM X70にmonogramのストラップを装着

FUJIFILM X70のストラップは、カメラの両サイドに三角環を装着して吊るすタイプ。
でもこういうコンパクトなカメラには、ハンドストラップのように、片側だけに装着するタイプの方が似合うなって思います。
RICOH GXRでは革のハンドストラップを使っていましたが、買い物をするときや、トイレに行ったときなど、ちょっとカメラを除けておきたいときに、鞄にしまう必要があったりするので、最近ではネックストラップを装着し、撮影時にはハンドストラップのように手にぐるぐる巻きつけて使うスタイルが定着しています。


とってもコンパクトなX70に似合いそうな細身のストラップはないかと探していたら・・・・


見つけました!

monogramさんのネックストラップ
です。


細身で渋目の色合い革です。
グリーン、レッド、ブラウン、ネイビーの4色
グリーンがすごくいい色合いなんですけど、グリーンの革はエイジングで茶色に変化するからなぁ・・・
なんて思いながら、よくみるとすでに「生産終了」・・・・    また作ってくださ〜い!

やはりここは大好きな渋赤にしよう! 

休みの日にお店まで行って買おうかなとも思いましたが、早く欲しかったのでネットで注文してしまいました。
・・・今見ると、「SOLD OUT (入荷時期未定)」 になってますね。
最後の一本だったのかな?   買っといてよかった〜


無事到着した渋赤のネックストラップ
instagramでフィルタかけたので実物より派手めに写ってます。
monogramストラップ
monogramストラップ posted by (C)ものごいかっぱ


いや、これすごくいいです!
他のコンパクトカメラにもつけたいです。
monogramさん、レッドとグリーンとブラウンをまた作ってくださ〜い。


スナップ撮影のときは、こんな感じで手に巻くと、力を入れずにカメラを手にぶら下げて歩けますし、
カメラを構えたときには、しっかりと手のひらにホールドできます。
monogramストラップ
monogramストラップ posted by (C)ものごいかっぱ


2016年5月 8日 (日)

二眼レフカメラ ローライコードの使い方〜フィルム装填と取り出し方法〜

ローライコードのフィルム装填方法です。
裏蓋の開閉レバーは底にあります。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ

T型のレバーを左にずらし、その下のレバーを手前に持ち上げると蓋が開きます。


rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ

ボディ下側のスプール受けにフィルムを装着します。
RolleiCord
RolleiCord posted by (C)ものごいかっぱ

ボディ上側のスプールにフィルムの先端を差し込み、フィルムを巻き上げます。
フィルム巻き上げダイヤルを回し、フィルムの矢印マークをカメラの🔴  🔴マークに合わせて、蓋を閉じます。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ

開けた時と逆の手順で、持ち上げたレバーを水平に戻し、T型のレバーを元の位置にもどします。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ

フィルム巻き上げダイヤルを止まるまで回します。
このときフィルムカウンターは "1" になっています。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ


これで撮影の準備が完了です。






フィルムの撮影枚数は12枚
撮り終えたら、そのままフィルム巻き上げダイヤルを回しフィルムを巻き取ります。
35mmフィルムだと、パトローネに巻戻すのですが、中判ブローニーフィルムは一方通行となります。

ボディ下側に装着したフィルムは、上にあった空のスプールに巻き取られ、撮り終えると装着したフィルムのスプールが空になって残ります。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ


次の撮影時には、空になったスプールを上のスプール受けに移動し、下側のスプール受けにフィルムを装着するという流れになります。


取り出したフィルムは、巻が緩まないように慎重に扱ってください。
一度取り出すときに少し緩んでしまって、感光してしまったことがあります。
フィルムの先端の台形部分を内側に折り込み、紙テープのようになっている部分をくるくるっと巻いて固定します。
コダックのフィルムの場合はテープの先端が切手のような ”のり"になっており、ぺろっとなめて留めます。
富士フイルムの場合はシールになっており、より簡単に留めることができます。



FUJIFILM X70に穴あきフードを付ける

FUJIFILM の X70 のレンズキャップはレンズにすっぽり被せる方式
レンズキャップの内側にはフェルトが貼られ、ちょっと高級感があります。
蓋の脱着には適度な抵抗があり感触も柔らか。
ちょうど茶筒の蓋を脱着するような抵抗感で気持ちいいです♪
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ


X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

X70の最大の残念な仕様は、
標準仕様では、フィルタやフードがつけられないということ
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

飾りリングを外し、フード取付用のリングを付けます。
このリングは純正フードに付属していました。
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

フード取付用のリングをつけた場合でも、レンズキャップをはめることは可能ですが、あの茶筒の蓋のような気持ちの良い抵抗感はなく、少しぷかぷかした感じなのは残念
X70専用フードだとどうなんでしょう?
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

X100用の穴あきフードを取り付けます。

X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ


かっこいいですね。
このフードの穴って、なんのために空いているのかご存知ですか?
軽量化? ・・・ いや零戦じゃあるまいしwww

このフード、レンジファインダーカメラのX100用のフードです。
レンジファインダーは素通しのファインダーなので、フードをつけると、フードでファインダーがケラれてしまいます。
そこでフードに穴を開け、その隙間から被写体が見えるようにしているんです。
とはいえ、ファインダーのないX70には関係ない機能
単純にかっこいいからいいんですwww

2016年4月24日 (日)

FUJIFILM X70がやってきた♪

六本木の富士フイルムスクエアに発売前のX-Pro2を見に行った際に見た『開発者によるX70のトークショー』で興味を持ったX70ですが、ついに買ってしまいました。

FUJIFILM X70
FUJIFILM X70 posted by (C)ものごいかっぱ


購入の最後の一押しをされたのがこのサイト

あまりのかっこよさに思わずふらふらと・・・^^;


X100用として売られている穴あきフードがかっこいいんですよね。
これがX70でも使うことができます。


続きを読む "FUJIFILM X70がやってきた♪" »

2016年4月21日 (木)

富士フイルムX-Pro2を試す〜その4 ACROS編〜

富士フイルムのX-Pro2に搭載された、新しいモノクロームのフィルムシミュレーション "ACROS"
ACROSは、富士フイルムの発売しているモノクロームフィルムの名前。
滑らかで豊かな階調を売りにした高性能なモノクロームフィルムの名前を冠したフィルムシミュレーション

カラーで撮った画像をモノクロームにするのではなく、センサーが捉えた光をモノクロームフィルムのように表現するということをおこなっているのだとか・・・
フィルム屋さんならではの発想ですね

そうそう、X-Pro2にはフィルムのような粒状感を出す「グレイン・エフェクト」というものが搭載されていますが、ACROSはフィルムの粒状感も再現しているとのことです。
グレイン・エフェクトは画面全体にエフェクトがかかるのに比べ、ACROSではフィルムと同じように、シャドウ部とハイライト部では表現が変わるそうです。
またISOが高くなるほど粒状感が強くなるということまで表現されるということで、ACROS使用時には、グレイン・エフェクトはOFFにして使うのが正解だそうです。


このようにこだわった制御をしているACROSを、ファームアップで従来の機種で使えるようにするのは無理かもしれませんね

そんなわけで、せっかくX-Pro2を借りたので、ACROSも使ってみましょう。

ちょっと印象的な建物の下に、なんかおじさんがたむろってるなぁって思ったら、立ち飲み屋さんでした。
acros_たちのみや-6614
acros_たちのみや-6614 posted by (C)ものごいかっぱ

歩きながら撮ったので、ブレてますね。(う〜失敗!)


続きを読む "富士フイルムX-Pro2を試す〜その4 ACROS編〜" »

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天

GXRパーフェクトマニュアル

MountA12 World