広告

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

カメラ

2018年3月12日 (月)

日独混血のライカ Leitz minolta CL

カメラと映像の祭典CP+に行った際、中古カメラ市を覗いたのですが、そこで目が合ったのが、Leitz minolta CL というカメラ。
ドイツのライカと日本のミノルタが共同開発したカメラで、海外ではライカCL 日本ではライツミノルタCL として売られました。
以前から欲しいと思っていたカメラですが、ロッコール40mm f2 レンズがついて7万円強
・・・むむむむむ 衝動買いするには躊躇する金額・・・   後ろ髪ひかれる思いでその場を後にしました。


先日、会社のお昼休みに、ふと気になってヤフオク沼のほとりを散策し Leitz minolta CL を検索してみました。


あっ! レンズ付きで3万円台のがある!
状態はそれなり。すでに3人ほど入札されていて残り6日・・・
これは最後に値が上がるパターンだな・・・・


・・・こっちは同じくらいの値段でボディのみだけど綺麗な感じ
しかも表示されている価格と即決価格にほとんど開きがない!


・・・・気がついたら沼の中へ


ドッボ〜ン!


即決価格で落札してしまいました。



ライツとミノルタ 2社の刻印
ライツミノルタ
ライツミノルタ posted by (C)ものごいかっぱ

ライツ社のライセンス で Made in Japan
made in japan
made in japan posted by (C)ものごいかっぱ


1973(昭和48)年~1976(昭和52)年のたった4年しか生産されていないんだそうです。
40年も昔のものなのに、すごく綺麗な個体です♪
Leitz minolta CL
Leitz minolta CL posted by (C)ものごいかっぱ

付属品はケースとストラップです。
ケースとストラップ
ケースとストラップ posted by (C)ものごいかっぱ


残念ながらこのカメラ用のロッコール40mm f2 はついていませんでしたが、
同じ40mmで手持ちのフォクトレンダーNOKTON classic 40m f1.4 SCを付けてみました。
シャッターダイヤル
シャッターダイヤル posted by (C)ものごいかっぱ


ボディ前面にあるのがシャッター速度設定のダイヤル
とても使いやすい位置にありますね。
人差し指で簡単に動かすことができますし、設定値がファインダー内にも表示されるので、撮影時に変更するのも楽々♪


フィルムの感度を設定するのもこのダイヤルです。
ASAがISOと同じフィルム感度です。
CL
CL posted by (C)ものごいかっぱ


ライカM6と比べて、このコンパクトさ!
高さと厚みはかわらないけど、横幅が小さいせいで、とってもコンパクトに見えます。
CL と M6
CL と M6 posted by (C)ものごいかっぱ

裏っかわ
底
posted by (C)ものごいかっぱ


真ん中のつまみを引き出して捻ると裏蓋が外れます。

裏蓋全体が外れるタイプです。
裏ブタ取り外し
裏ブタ取り外し posted by (C)ものごいかっぱ

こんなところに電池室があります。
電池室
電池室 posted by (C)ものごいかっぱ

この電池は露出計を動かすための電池です。
こんなところにあるので、フィルム装填中は電池交換できないですね。
しかもこのカメラで使用する電池は水銀電池のようです。
水銀電池はもう生産されていないので手に入りません。
関東カメラサービスさんの水銀電池アダプターを使うとかしないと内蔵の露出計は使えないんですね。

でもこのカメラは機械式のカメラなので電池がなくても写真を撮ることはできます。
iphoneの露出計アプリとか外付けの露出計を使えば全然問題ないです。

王の字型の金属のついた板はフィルムを押さえるためのプレートです。
圧着板
圧着板 posted by (C)ものごいかっぱ

このプレートをパカッと開けてその下にフィルムを通します。
圧着板を上げる
圧着板を上げる posted by (C)ものごいかっぱ

フィルムの先端をスプールの白いプラにはさみ、巻き上げていきますが、確実に入れて巻き上げないと外れやすいです。
フィルム装填
フィルム装填 posted by (C)ものごいかっぱ

最初にフィルムを詰めたときは、裏蓋を閉めて巻き上げる途中で外れてしまい焦りました。

裏蓋を元に戻したら、フィルムカウンターが 1 になるまで巻き上げます。
巻き上げるときに、底にある巻き戻しクランクが回ることを確認すれば、フィルム装填の失敗が防げます。

電池がなくて内蔵露出計が使えないので、外付けの露出計VCメーターを装着!
VCメーター装着
VCメーター装着 posted by (C)ものごいかっぱ

内蔵露出計はファインダーを覗かないと使えませんが、VCメーターだとカメラを構えずに露出を図ることができてとても便利なんですよね。

2018年2月28日 (水)

今更ながらXF18-55mmを手に入れました

XF18-55mm
XF18-55mm posted by (C)ものごいかっぱ

富士フイルムのカメラとセットで売っているレンズであるXF18-55mm f2.8-4 R OIS を今更ながら手に入れました。

普段はX-Pro2にXF35mm f1.4Rをつけており、ほとんどの写真をこのレンズで撮っています。
広角が必要なときにはフィルムカメラ用のSUPER WIDE-HELIAR 15mm f4.5 をつけるか、コンパクトのX70を使い、
中望遠が必要なときは、NOKTON 50mm f1.5 やElmar 90mm f4 をといった感じです。

最近、山城や神社参拝をする際に、荷物を軽くしたい、トレッキング中のレンズ交換は面倒・・・
といった事情もあり、このレンズをオークションで手に入れました。

以前、XC16-50mmを持っていましたが、絞りリングがないのが自分のスタイルに合わず、X-M1とセットで手放し
二眼レフカメラのRollei cordと交換してしまいましたwww

XF18-55mm は広角域は18mm(28mm相当)と、XC16-50mmの16mm(24mm相当)より広くはないのですが
絞りリングがあるので、自分にとっては使いやすいスタイルのレンズです。

また、カメラとセットにして売られているレンズでありながら、プロカメラマン達からの画質の評価が高いということで
使ってみたかったレンズです。


X-Pro2の光学ファインダーで覗きながらズーミングをしてみると、写る範囲を示すブライトフレームが
ズーミングに合わせて大きさが変わっていき面白いですね。

2017年9月 5日 (火)

二眼レフカメラ

父の白滝04_RolleiCord-6120
父の白滝04_RolleiCord-6120 posted by (C)ものごいかっぱ


二眼レフカメラの佇まいが好き。
撮る対象を決めて露出計で露出をはかり、絞りとシャッタースピードを設定
カメラの上からファインダーを覗き込み、ピントを合わせて構図を決める・・・・
(左右逆像で見えるので、これがなかなか難しいw)
そしてシャッターをチャージして、シャッターを切る。
一枚の写真を撮るのに、すごく手間がかかる。
だけどこのゆったりと流れる時間がとても楽しい・・・・
レンズシャッターなので、音も静かというのも、あたりの空気を乱さない。
そんなところも、自分の性に合っているのかもしれない。


二眼レフカメラを持っていると、話しかけられることが多い。
この日も、最近ミラーレス一眼を使い始めたというカップルに話しかけられ、
しばし、カメラ談義。
露出計も付いてないけど、スマホの露出計アプリ使ったり、デジカメで撮ってみて、
その設定をそのままフィルムカメラに設定して撮るなんてやり方もあるんですよって
言ったら、「あっそんな方法もあるんですね」って、興味津々。
「難しそう」に見えても、やってみると結構ちゃんと写るんですよね。
興味があったら、とりあえず手を出してみましょうよ。
一枚の写真を、どのように写るかを想像しながら、考えて撮る
こういうゆったりとした時間を楽しむのもいいもんです。


2017年7月 8日 (土)

Canon IV Sb と Serenar 50mm f1.8

買ってしまいました・・・・
バルナックライカコピー機Canon IV Sb 50mm f1.8 のレンズが付いています。
CANON IV Sb_R0048251
CANON IV Sb_R0048251 posted by (C)ものごいかっぱ
RICOH GXR with GR50mm Macro

CANON IV Sb_R0048253
CANON IV Sb_R0048253 posted by (C)ものごいかっぱ

CANON IV Sb_R0048254
CANON IV Sb_R0048254 posted by (C)ものごいかっぱ

あっあれ〜?
CANON IV Sb_R0048255
CANON IV Sb_R0048255 posted by (C)ものごいかっぱ


・・・・そう、USBメモリーです。
CANON IV Sb_R0048256
CANON IV Sb_R0048256 posted by (C)ものごいかっぱ

あ〜いつか本物が欲しいな〜

2017年6月24日 (土)

美しい革を編み込んだカメラストラップBarton1972

沖縄のカメラ用品ショップのオリエンタルホビーさんからきたメルマガを見て一目惚れしました。
Barton1972 なんて美しいストラップなんでしょう!

革ひもを立体的に編んだ「ブライデット」
丸く編み上げた「ウィップ」

多分使い勝手がいいのは、丸い形状の「ウィップ」の方だろうな・・・
と思いつつ、「ブライデット」の美しさから目が離せない!

どちらにしようか、どの色にしようかと散々悩んで、ブライデットのシルバーシェードという色にしよう!
・・・・と注文しようとしたら・・・・


あれ? 売り切れ!

あちゃ〜

・・・というわけで

はるか沖縄の地から届いた箱を開けて見るとでてきたのは・・・
01小箱-3374
01小箱-3374 posted by (C)ものごいかっぱ

むっちゃ綺麗な箱!


蓋を開くと・・・
02小箱の中味-3375
02小箱の中味-3375 posted by (C)ものごいかっぱ

美しい!
パッションレッドのブライデットです。

『パッション』ということで、ド派手な感じかと心配しましたが、オリエンタルホビーさんの写真を見ると少し落ち着いた感じの赤にも見えるので、思い切っていってみました。
04ストラップ-3387
04ストラップ-3387 posted by (C)ものごいかっぱ


デジカメで撮ると派手な明るい感じに写りますが、この写真の手前側の色が実際の感じかな。
編み込んであるので陰影ができ、落ち着いた感じに見えます。
05美しい編み目-3382
05美しい編み目-3382 posted by (C)ものごいかっぱ

使い込んでいくと、より深くいい感じになっていきそうです。

さて、Leicaにつけようか・・・・
IMG_5058
IMG_5058 posted by (C)ものごいかっぱ

X-Pro2につけようか・・・・
IMG_5059
IMG_5059 posted by (C)ものごいかっぱ


2017年6月13日 (火)

クールなデザインの露出計 VCメーター

ひさびさにヤフオク沼のほとりを散策していたら、足を滑らせて落ちてしまいましたwww
IMG_5021
IMG_5021 posted by (C)ものごいかっぱ

フォクトレンダーのVCメーター
あれ? FUJIFILM って?

VCメーターは、カメラのアクセサリーシューに装着できる露出計です。
IMG_5018
IMG_5018 posted by (C)ものごいかっぱ

写真で見た時はもっとプラスチッキーかなって思ってましたが、現物は見た目よりも重さがあり、いい感触です。あっ金属ボディなんですね♪

モデルチェンジ前のタイプですが、重なり合うダイヤルのデザインに色気を感じます。


LeicaM6は露出計付きのカメラですが、シャッター幕にある白丸の露出を計る構造なので、スポット測光になるのかな?

Leica M6
Leica M6 poste by (C)ものごいかっぱ

自分のM6は、白丸もちょっとかすれ気味ということもあるのでしょうか、カメラの露出計に合わせて撮ると、露出オーバー気味になることがよくあり、なかなかいい感じに撮るのがむずかしいんです。
露出計が動かなかったり、明らかに "?" って思う露出値を示すような時もあり、なんとなく使いづらく、iPhoneアプリの露出計をよく使っていました。


カメラのアクセサリーシューに装着するとこんな感じ。
IMG_5019
IMG_5019 posted by (C)ものごいかっぱ

コンパクトで違和感はないですね。


IMG_5020
IMG_5020 posted by (C)ものごいかっぱ

カメラ内蔵の露出計はファインダーを覗かないと露出がわからず、単体露出計やiPhoneの露出計アプリを使う場合は、カメラは横に置いといて計らないといけない・・・  
ということで、カメラに装着できて、ファインダーをのぞかずに露出がわかるというのは、とっても便利。

露出を図り、あらかじめカメラのシャッタースピードと絞りをあわせておいて、構えた瞬間に撮る!
という使い方ができます。


これは使い勝手が良さそうです。
実戦投入が楽しみです。


2017年5月16日 (火)

NOKTON 50mm f1.5 の描写 その1

さあ、では早速、レンズの描写を見てみましょう。
近所の神社の手水舍の紙垂を、絞りを変えながら撮ってみます。
手前の紙垂にピントを合わせます。

f1.5 開放
紙垂_f1.5-4219
紙垂_f1.5-4219 posted by (C)ものごいかっぱ


やわらかいボケが美しい〜


続きを読む "NOKTON 50mm f1.5 の描写 その1" »

フォクトレンダーNOKTON 50mm f1.5を購入

愛用しているデジカメ、FUJIFILM X-Pro2 ですが、常用しているレンズは、XF35mm f1.4 R 1本です。
このレンズ1本で、9割がたの写真を撮ってますね〜。
そんな状況の中で、前々から気になっていた50mm(75mm相当)レンズを購入しました。
IMG_4745
IMG_4745 posted by (C)ものごいかっぱ


フォクトレンダーNOKTON 50mm f1.5 です。

50mmレンズといえば、最近FUJIFILM純正のXF50mm f2 WRというレンズが発売されています。
コンパクトでAFも静かで速く、写りの評判もよいレンズですが、なぜそちらを買わずにMFのこのレンズなのか・・・

それは、フィルムのライカと共用できるから・・・
IMG_4775
IMG_4775 posted by (C)ものごいかっぱ

このレンズのマウントは、ライカ用のMマウントです。
ライカで使える50mmレンズは、1960年代のソ連製Jupiter しか持っていなかったため、これに変わる50mmが欲しかったというのが第一の理由。

そしてこのデザインの美しさ。
シルバーのボディにウェストがキュッとくびれたスタイルに惚れました。
また、いろいろなところで見かける作例でのボケ感が、柔らかくて好みの描写をしているというところです。

X-Pro2につけるときはマウントアダプターでFUJIFILMのXマウントに変換して装着します。
IMG_4746
IMG_4746 posted by (C)ものごいかっぱ


やっぱりレンジファインダースタイルのX-Pro2にも似合いますね。
MFレンズの良さは、絞りリングとフォーカスリングの操作感が気持ち良いところ
絞りリングの上質なクリック感
フォーカスリングのしっとりとした感触は、AFレンズしか使ったことのない方に、ぜひ使ってもらいたいですね。

2017年3月18日 (土)

中川政七商店のべっこう飴缶をブローニーフィルム入れに使う

minolta autocord-3368
minolta autocord-3368 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


東京丸の内のKITTEにある中川政七商店で一目惚れした缶
中身もムスメが大好きなべっこう飴ということで買ってきました。


この大きさ・・・
もしかしたらブローニーフィルム入れにならないかな?
そんな思惑もありました。
あと1mm幅があると良かったんですが、入り口に引っかかるものの、かろうじて出し入れ可能で、
2本のブローニーフィルムを入れることができました。
横幅は2.5本分といったところで、もう少し横幅があれば3本入るのに!
微妙に惜しいですね。

2016年10月 9日 (日)

FUJIFILM X-Pro2 がやってきた!

フィルムライカを使い始めてから一眼レフスタイルより、レンジファインダースタイルが好みとなり、X-Pro1が出てきたときにはすぐに見に行きました。
しかし、もっさりとした動作が気に入らず、その後出た一眼レフスタイルのX-T1をメインカメラとしていました
X-T1購入への道


X-T1はコンパクトなボディでありながら、絶妙なグリップデザインで、手への馴染みもよく、すごく気に入っていました。
X-Pro2が出たときも背面液晶が固定ということもあり、買い換えることはないだろうと思っていました。


しかし、X-Pro2をレンタルでお借りして1日使ってみると、いいんですよね。
ブライトフレームの光学ファインダーは、スナップ撮影では実に使いやすい!
そして、シャッターを切ったときの感触がすこぶる気持ちいいんですよね。


いつしか、「いつか欲しい〜!」 という気持ちになっていきました。


そんな折、MapCameraさんのサイトを見ていたら、3連休中は中古品が4000円off !
X-T1の下取りがワンプライス45,000円 !
先取り交換を利用すると買取査定10%up ! (つまりは 4,500円up !)
そしてちょうど新同品が入荷・・・


さらに悪いことには、カミさんが旅行中・・・・(爆)


ということで歯止めが効かなくなり・・・


パンドラの箱が届きました・・・
パンドラの箱
パンドラの箱 posted by (C)ものごいかっぱ

開けてみると・・・
パンドラの箱の中は
パンドラの箱の中は posted by (C)ものごいかっぱ

X !
X
X posted by (C)ものごいかっぱ

やってしまいました・・・
X-Pro2
X-Pro2 posted by (C)ものごいかっぱ

xpro2
xpro2 posted by (C)ものごいかっぱ

X-T1で使っていたストラップを移植し、XF35mm f1.4Rを装着
xpro2
xpro2 posted by (C)ものごいかっぱ

それじゃぁ試写にいってみましょうかね♪

より以前の記事一覧