広告

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 河口湖自動車博物館で復元中の「彩雲」を見てきました | トップページ | 河口湖自動車博物館の零戦 »

2021年8月30日 (月)

河口湖自動車博物館の隼

河口湖自動車博物館には陸軍の主力戦闘機であった「隼」も復元展示されています。
前回(2017年)に行った時は、1型のみで、機体に色は塗られておらず地肌の銀色でした。
今回行ってみると、1型は空中に釣られ、加藤隼戦闘隊として有名な加藤少佐のカラーになっていました。
隼1型-2601
隼1型-2601 posted by (C)あまがっぱ

 

その下には新たに隼2型の銀色の機体がありました。
隼2型-2600
隼2型-2600 posted by (C)あまがっぱ

 

2枚プロペラの1型に対し3枚プロペラになった2型
隼1型と2型-2658
隼1型と2型-2658 posted by (C)あまがっぱ

 

 

隼2型-2655
隼2型-2655 posted by (C)あまがっぱ

 

補助翼部分にはまだ羽布は貼られていませんが、構造がよくわかるので、このままでもいいなぁ

隼2型尾翼-2618
隼2型尾翼-2618 posted by (C)あまがっぱ

 

海軍の零戦と比べると、車輪のカバーもなく、武装も翼に機銃を載せることができず、機首に12.7mm機銃を2門だけと、ちょっと垢抜けない感じの隼ですが、初期の頃から防弾版や燃料タンクの防漏・防火が織り込まれるなど、パイロットを守ることも考えられていました。
隼の頭部防弾版-2649
隼の頭部防弾版-2649 posted by (C)あまがっぱ

 

でもこの防弾版見るとかなり薄いですね・・・・

 

 

 

 

 

 

 

« 河口湖自動車博物館で復元中の「彩雲」を見てきました | トップページ | 河口湖自動車博物館の零戦 »

ミリタリー」カテゴリの記事

車、バイク、自転車、飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河口湖自動車博物館で復元中の「彩雲」を見てきました | トップページ | 河口湖自動車博物館の零戦 »