広告

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

SR400のキックスタートのコツ

オフロード車にもセルスターターがついた昨今

今や唯一(?) セルなしキックスタートonlyのSR400

20年ぶりにバイクに復帰するにあたり決定打となったのが

「キックしたい!」

ということwww

 

SR400は、かつての愛車で10万キロ以上走った初期型セローと同じ、デコンプ付きキックスタート

勝手知ったるなんとやら・・・

購入初日、20年ぶりでも一発で始動できました。

「SRはセルがついていないから始動が大変そう」などと始めから敬遠したり

なかなかエンジンを掛けられなくて苦労されている方もいらっしゃると思いますが、

いったんコツが掴めれば、簡単にエンジンを掛けられるようになります。

 

以前、こちらの記事でもキックスタートのコツを紹介していますが、今回は動画も撮ってみたので、改めて紹介します。

キックペダルを踏み込んでいくと、エンジンの中のピストンが動き、一番圧縮のかかるところでペダルが動かなくなります。

この時、ハンドルの左側にあるデコンプレバーを握ると圧縮が抜けて、再びキックペダルが動くようになります。

※デコンプというのは「デコンプレッション」・・・つまり 圧抜き のこと

これがデコンプレバーです。
SR400 デコンプ
SR400 デコンプ posted by (C)ものごいかっぱ



デコンプレバーはギュッと握らず、軽く握るのがコツです。

デコンプレバーを軽く握った状態で、キックペダルをゆっくりと踏み込んでいくと、

デコンプレバーに「コクっ!」と軽いフィードバックが来ます。

ここがエンジン始動する際のピストンの最適開始位置になります。
SRだとエンジン上部の覗き窓に白いマークがでます
デコンプレバーに伝わってくる「コクっ!」の感触を覚えれば
わざわざ窓を見なくても、この状態にできるようになります。

SR400 圧縮上死点
SR400 圧縮上死点 posted by (C)ものごいかっぱ

 

そうしたらデコンプレバーから手を離し、キックペダルを一番上まで戻した後、キックしてエンジンをかけます。

この時、キックペダルに体重を乗せて一番下まで踏み込むのがコツです。

ペダルを一番下まで踏み込まず、中途半端なキックをすると、すごい勢いでペダルが跳ね返ってきて足を捻挫します。
(これがケッチンとかキックバックと言われる現象です)


エンジンが冷えているときは、軽くキックしても一発でかかりますが、

夏場や長時間走った後など、エンジンがかなり熱くなっている時は、全体重をかけてキックをしないとかかりにくい時があります。

以前はサイドスタンドはかけず、バイクを足で支えた状態でキックしていたのですが、一度右側にぐらっときて立ちゴケしそうになってからは、バイクを自分で支えなくていいようにサイドスタンドをかけた状態でキックしています。

通常はこの方法で一発でエンジンがかかります。

この方法でエンジンがかからない時は、ステップの上に立ち上がり、さらに全体重をかけたキックをします。

 

ではでは、動画でキックスタートの様子を見てください。




 

 

2020年1月30日 (木)

インスタ映えな灯籠坂大師切通し

灯籠坂大師切通し
灯籠坂大師切通し posted by (C)ものごいかっぱ

 

インスタ映えする灯籠坂大師の切通し
やはりここにバイクを置いて写真を撮りたいですねwww

 

 

 

動画でも撮ってみました。
斜めに走る地層の模様がとても美しいトンネルです。

 




2020年1月27日 (月)

灯籠坂大師切通し 〜 川の流れのように 〜

灯籠坂大師堂切通し-0985
灯籠坂大師堂切通し-0985 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with SuperWide-Heliar 15mm f4.5


夕方に差し掛かり陽が落ちてくると、どんどんトンネルの奥にまで陽が差し込んできます。

地面に当たり反射する光がまるで川の流れのように見えました。

 

 

 

 

2020年1月25日 (土)

灯籠坂大師の切通し

灯籠坂大師堂切通し-0969
灯籠坂大師堂切通し-0969 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with SuperWide-Heliar 15mm f4.5

Instagramで見かけ、とっても行きたかったこの場所

千葉県の富津にある灯籠坂大師の切通しです。

ちょうど向こう側から陽が差し込んできて、トンネル内を照らし始め、綺麗でした。

それにしてもSuperWide-Heliarの15mmという画角は広すぎるし、パースがつきすぎて難しい。

APS-Cセンサーのカメラにつけた時の22mmといった画角だと使いやすかったんだけど

全然使いこなせていないです。(今回使える写真はこの1枚だけという・・・)

 

 

 

2020年1月24日 (金)

安全第一

今村幸稲荷神社-0108
今村幸稲荷神社-0108 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with Nokton 50mm f1.5

八丁堀の今村幸稲荷神社

昨年来た時と変わらず立てかけてある工事用のフェンスとバイクが

神社とはミスマッチな感じで、自分的には、なかなかなツボですw

 

2020年1月20日 (月)

八丁堀の不思議なお稲荷さん

八丁堀のちょっと裏道に入ったところにある今村幸稲荷神社
鳥居の向こうは車庫のシャッター
という、とっても不思議な佇まいの神社です。
今村幸稲荷神社-0104
今村幸稲荷神社-0104 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with Nokton 50mm f1.5

 

SIGMA fp のシネマモードで撮ってみると
レトロ感が出て、マッチしていますね。

今村幸稲荷神社-0109
今村幸稲荷神社-0109 posted by (C)ものごいかっぱ

 

 

今村幸稲荷神社-0111
今村幸稲荷神社-0111 posted by (C)ものごいかっぱ

 

 

今村幸稲荷神社-0106
今村幸稲荷神社-0106 posted by (C)ものごいかっぱ

鳥居をくぐってすぐ左の階段を上った先に

お稲荷さんの祠があります。

 

今村幸稲荷神社-0107
今村幸稲荷神社-0107 posted by (C)ものごいかっぱ

祠の横が、この家のドアとなっており、
お参りしづらいですね。

こちらが全景です。

今村幸稲荷神社-0110
今村幸稲荷神社-0110 posted by (C)ものごいかっぱ

 

 

 

 

 

 

 

2020年1月19日 (日)

視線

視線-0175
視線-0175 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with 45mm f2.8

 

2020年1月14日 (火)

韮崎の富士

韮崎 富士山-0456
韮崎 富士山-0456 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with SuperWide-Heliar 15mm f4.5

武田八幡宮近くの道から見えた富士山
富士山を正面に見ながら走るのは気持ちいいですね♪

富士山-0460
富士山-0460 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with Nokton 50mm f1.5

 

 

2020年1月12日 (日)

為朝神社 〜 愁いを帯びた眼差し 〜

為朝-0385
為朝-0385 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with 45mm f2.8

封印されているような為朝神社の社の中には、巨大な為朝さんが、どっかりと座っています。
正面から見ると、恐ろしげに見えますが、社の横にある窓から覗いてみると、
愁いを帯びた眼差しをしているように見えるので、ここからのお姿が好きです。

 

2020年1月11日 (土)

為朝神社 〜 封印 〜

為朝神社 封印-0377
為朝神社 封印-0377 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with 45mm f2.8

武田八幡宮の隣にあるのが「為朝神社」
保元の乱で活躍した鎮西八郎 源為朝 を祀った神社です。
為朝は2メートルを超える大男で、強弓の使い手ですが、戦に敗れ、最期は自害した人です。
扉には鎖と南京錠が掛けられており、まるで為朝を封印しているかのうようです。

 

2020年1月10日 (金)

武田八幡宮 〜 鬼 〜

武田八幡宮 本殿の鬼-0373
武田八幡宮 本殿の鬼-0373 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with 45mm f2.8


武田八幡宮の本殿は、武田信玄が再建したもので、国の重要文化財となっています。
最近、お色直しが行われ、きれいになっています。
きれいになり過ぎているので、SIGMA fp の「シネマ」カラーで、レトロな雰囲気で撮影しています。


こちらはお色直し前の本殿
鬼 201805-7788
鬼 201805-7788 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF18-55mm

すっかり色が落ちていますが迫力がありますね。


これがSIGMA fp の「スタンダード」のカラーモードで撮影したもの。
本殿の鬼 std-0371
本殿の鬼 std-0371 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp 45mm f2.8

ちょっと鮮やかになりすぎている感があります。
数年経つと色合いが落ち着いて、いい感じになると思います。


 

 

 

2020年1月 8日 (水)

武田八幡宮 〜 拝殿 〜

武田八幡宮 拝殿-0365
武田八幡宮 拝殿-0365 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with 45mm f2.8

神楽殿からさらに上に続く階段
その先にようやく拝殿があります。

いつもは拝殿の扉は閉じられており、格子窓越しにお参りするのですが、お正月は扉が外されており、本殿がよく見えるのが嬉しいですね。


 

 

 

 

2020年1月 7日 (火)

武田八幡宮 〜 神楽殿 〜

武田八幡宮_神楽殿-0425
武田八幡宮_神楽殿-0425 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with SuperWide-Heliar 15mm f4.5

 

長い参道の階段を登ると神楽殿が現れます。
使われるのは年に数回程度のようですが、神楽の奉納も行われているようです。
一度見てみたいものです。

2020年1月 6日 (月)

武田八幡宮 〜 参道 〜

武田八幡宮_参道-0436
武田八幡宮_参道-0436 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with SuperWide-Heliar 15mm f4.5

武田八幡宮の楼門を抜けると長い参道の階段があります。
階段の先に見えるのは神楽殿
拝殿はさらに先ですw

2020年1月 5日 (日)

初詣 〜 武田八幡宮 〜

武田八幡宮-0356
武田八幡宮-0356 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with 45mm f2.8 

 

韮崎にある武田八幡宮に初詣にいってきました。
甲府にある武田神社は武田氏の居館であった躑躅ヶ崎館の跡で武田信玄を祀っている神社ですが、
その武田信玄が崇めていたのが武田八幡宮です。

大人気の武田神社に比べ、こちらは参拝者も少なくひっそりとしています。
社務所もいつもは無人ですが、お正月は開いており、御朱印とお守りをいただきました。

 

2020年1月 3日 (金)

神明神社の灯籠

夜の神明神社-0155
夜の神明神社-0155 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with 45mm f2.8

 

神明神社の入り口にある灯籠(といっていいのかな?)
立派な屋根の下にぶら下がるのは裸電球というのがおもしろい
街灯に照らされて浮かび上がる複雑な造形の屋根裏の造形も好き

 

2020年1月 2日 (木)

揺れるひとがた

夜の神明神社-0148
夜の神明神社-0148 posted by (C)ものごいかっぱ SIGMA fp with 45mm f2.8

神明神社の参道に作られた大きな茅の輪
風もないのに紅白の人形(ひとがた)が揺れていました。(ちょっと怖い)


2020年1月 1日 (水)

令和2年の始まりです

夜の神明神社-0151
夜の神明神社-0151 posted by (C)ものごいかっぱ
SIGMA fp with 45mm f2.8

新しい年が始まりました。
純粋な令和、最初の年です。
今年はよい年になりますように!

 

 

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »