広告

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

彩づき

彩づき-5295
彩づき-5295 posted by (C)ものごいかっぱ FUJIFILM X70


派手派手な紅葉もよいですが、微妙に彩づき始めた紅葉も風情があってよいですね♪

 

2019年11月27日 (水)

奥多摩むかし道の紅葉

メーター越しの紅葉-5292
メーター越しの紅葉-5292 posted by (C)ものごいかっぱ FUJIFILM X70

 

奥多摩むかし道はその名の通り昔の青梅街道
車だとすれ違いもできないような狭い道なので、とても入ろうとは思いませんが、バイクだと臆せず入っていけますね。
紅葉のきれいな場所でちょっと休憩です♪

2019年11月26日 (火)

奥多摩むかし道の紅葉 〜満天の紅葉〜

奥多摩むかし道
この一角は上も下も真っ赤っか!
紅葉独り占めです♪

満天の紅葉-5305
満天の紅葉-5305 posted by (C)ものごいかっぱ FUJIFILM X70

 

 

 

 

2019年11月25日 (月)

奥多摩むかし道の紅葉 〜彩り〜

奥多摩の紅葉がが見頃を迎えているということで、居てもたってもいられません。
午前中まで降っていた雨が上がり、路面が乾いてきたので行ってきました。
「むかし道」へ入ってみると、濡れた葉っぱが降り積もり怖い怖い!
いつものように1速で歩くようなスピードで、トコトコと走っていくと・・・

なんかすごい場所見つけちゃいました♪

彩り-5303
彩り-5303 posted by (C)ものごいかっぱ FUJIFILM X70

 

 

 

2019年11月24日 (日)

越前一乗谷〜立ち入り禁止〜

一乗谷 立ち入り禁止-0048363
一乗谷 立ち入り禁止-0048363 posted by (C)ものごいかっぱ

立ち入り禁止のこの場所、なんだかわかります?
・・・そう、おトイレです。
一乗谷の復元されたお屋敷では、トイレまで復元されていました。
屋敷の中ではなく、庭の一角に公衆トイレのような佇まいで建てられていました。
冬の夜は行きたくないですね。

2019年11月23日 (土)

越前一乗谷 復元された町並み

一乗谷の朝倉氏館跡の向かい側には当時の町並みが再現された施設があります。
ブラタモリでタモリさんも来ましたね。

一乗谷 復元された町並み-0258
一乗谷 復元された町並み-0258 posted by (C)ものごいかっぱ

 

一乗谷 復元 町屋-0048362
一乗谷 復元 町屋-0048362 posted by (C)ものごいかっぱ

 

大きなのれんが印象的な職人の家

一乗谷 復元 町屋-0270
一乗谷 復元 町屋-0270 posted by (C)ものごいかっぱ

 

 

一乗谷 復元 町屋-0272
一乗谷 復元 町屋-0272 posted by (C)ものごいかっぱ

 

中は広めの土間と板の間のシンプルな作り
冬は寒そうですね
驚くのは各家々に一つずつ井戸があること
水が豊富な土地なのですね

一乗谷 復元 町屋-0048374
一乗谷 復元 町屋-0048374 posted by (C)ものごいかっぱ


こちらは武家屋敷
天井にあるのは写真ですが、朝倉氏に仕えた真柄十郎左衛門さんの太刀
太郎太刀と呼ばれ221.5cmもあるとか
息子も次郎太刀とよばれる166.7cmの太刀を振るっていたそうです。
実物は熱田神宮に奉納されているそうで、見てみたいですね。

一乗谷 長大な太刀-0048366
一乗谷 長大な太刀-0048366 posted by (C)ものごいかっぱ

残念ながらお二方とも、織田信長との姉川の合戦で討ち死にされています。

 

2019年11月20日 (水)

越前一乗谷 朝倉氏居館の土塁

朝倉氏の支配した一乗谷は山に囲まれた細長い谷に作られた城郭都市です。
谷あいの平地には武士や町人たちの家が立ち並び、とても繁栄していたようです。
谷を囲む山の上には、非常時に立て籠もることができる山城がありました。

一乗谷
一乗谷 posted by (C)ものごいかっぱ  



一乗谷の町
一乗谷の町 posted by (C)ものごいかっぱ


この朝倉氏居館跡は、平時に使われていた館ですが、水堀と土塁に囲まれています。

一乗谷 土塁-0048360
一乗谷 土塁-0048360 posted by (C)ものごいかっぱ
RICOH GXR with SuperWide-Heliar 15mm f4.5

 

 

一乗谷 土塁-0048359
一乗谷 土塁-0048359 posted by (C)ものごいかっぱ
RICOH GXR with SuperWide-Heliar 15mm f4.5


 

こうしてみると、空堀と土塁、そして平らな曲輪が連なり
戦国の城の姿がよく残っていますね♪

一乗谷 土塁-0048331
一乗谷 土塁-0048331 posted by (C)ものごいかっぱ
RICOH GXR with SuperWide-Heliar 15mm f4.5


 

 

一乗谷 土塁-0048350
一乗谷 土塁-0048350 posted by (C)ものごいかっぱ

 

一乗谷 土塁-0254
一乗谷 土塁-0254 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF23mm f2 R

 

 

2019年11月19日 (火)

越前一乗谷 朝倉氏居館の唐門

越前一乗谷 朝倉氏の居館跡
道を隔てる川は天然の堀ですね

一乗谷 橋-0048329
一乗谷 橋-0048329 posted by (C)ものごいかっぱ
RICOH GXR with SuperWide-Heliar 15mm f4.5

 

橋を渡るとまた堀があり、土塁に囲まれた居館があります。

一乗谷 朝倉館 門-0251
一乗谷 朝倉館 門-0251 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF23mm f2R

とっても印象的な唐門
これをずっと見てみたかった!

一乗谷 朝倉館 門-0048332
一乗谷 朝倉館 門-0048332 posted by (C)ものごいかっぱ
RICOH GXR with SuperWide-Heliar 15mm f4.5

でもこの唐門、朝倉氏の遺構ではなく、朝倉義景を弔うために建てられたお寺の門で
江戸時代に再建されたものだそうです。

 

一乗谷朝倉館 中から門を望む-0048338
一乗谷朝倉館 中から門を望む-0048338 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF23mm f2R

雨がザーザー降っていたせいで、門の内側は大洪水な状態
ちょっと入るのに苦労しましたw

門の後ろにあるのは桜の木
花が満開の時にきてみたいですね

 

 

 

2019年11月18日 (月)

雨の一乗谷

一乗谷 朝倉館 門 傘の花-0265
一乗谷 朝倉館 門 傘の花-0265 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4R

 

ずっと行きたかった越前一乗谷
織田信長に滅ぼされた朝倉氏の居館のあった場所です。
朝倉氏が滅亡した後、この土地は見捨てられたこともあり、当時の状態がそのまま残っていたのだそうです。

この日の天気予報は晴れだったはずなのですが、一乗谷へ向かう途中から雨が降り始め、ついた時にはザーザー降り。
全ての見学が終わったら雨が上がり太陽が出るというなんとも不思議な天気。
朝倉義景の涙雨かなぁなんて思いながら見て回りました。

 

2019年11月17日 (日)

奥日光 白樺の美しい金精峠

10月の初めに日光にいった際、2日目は雨に降られ、早々に逃げ帰ったので、日帰りでのリベンジ。
今回は時間もないので観光というよりは景色を見ながら走る! ことが目的でした。

いろは坂を登り、奥日光を突き抜け金精峠を走ります。

残念ながら奥日光の紅葉はすでに終わっており、そのせいか いろは坂 もスムーズに走れました。

今回一番の目的地、金精峠です。

金精峠
金精峠 posted by (C)ものごいかっぱ

 

緑の中に林立する白樺の木がとても美しい峠です。
20年くらい前に一度来たことがありますが、その時と変わらず美しい光景に目を奪われました。

金精峠の白樺
金精峠の白樺 posted by (C)ものごいかっぱ

 

 

金精峠からの眺め
金精峠からの眺め posted by (C)ものごいかっぱ

 

今回の走行ルートはだいたいこんな感じ
行きは東北道で日光から沼田に抜けて関越道で戻ってくるルート
赤城〜伊香保辺りを走っている間はずっと牛の臭いがしていたのが印象的でしたwww
車で走っているときは全然気づかなかったですが、バイクだとその土地の空気感やにおいなども全身で感じることができます。

日光周遊ルート
日光周遊ルート posted by (C)ものごいかっぱ

 

2019年11月15日 (金)

日光東照宮〜匠〜

日光 匠-9843
日光 匠-9843 posted by (C)ものごいかっぱ

 

日光の東照宮は今も修復作業が継続されています。
建物を覆う屋根をかける大工さんの姿を龍が見つめています。

 

 

2019年11月13日 (水)

日光東照宮〜じろりとにらまれた〜

日光東照宮の陽明門手前の階段を上ったところにある柵の隙間を何気に覗いてみると・・・
日光 じろり-9826
日光 じろり-9826 posted by (C)ものごいかっぱ

 

にらまれてしまいましたw
こんなところに獅子がいたんですね。
周りを行き交う人を見ても、みなさん陽明門に気をとられ、獅子に気づく人はほとんどいない様子でした。

2019年11月12日 (火)

日光東照宮 陽明門の獅子さん

日光東照宮の陽明門
前回来たときは工事中でしたが改修後の姿を見ることができました。
小学校の修学旅行以来の再会です。
いざ写真を撮ろうとすると、撮りあぐねますね。
人も多いし、後で見かえすと面白くない写真ばかり・・・
建物を撮るのはほんと難しい・・・・
とりあえず屋根にいた獅子さんを撮りました。
日光 陽明門-9831
日光 陽明門-9831 posted by (C)ものごいかっぱ


こちらはなんか笑ってるみたいw
日光 陽明門-9830
日光 陽明門-9830 posted by (C)ものごいかっぱ

2019年11月11日 (月)

日光 化け地蔵

日光東照宮前の神橋から川沿いに少し入った場所にある憾満が淵
ずらりとお地蔵さん達が並んでいます。
日光化け地蔵-0579
日光化け地蔵-0579 posted by (C)ものごいかっぱ FUJIFILM X-Pro2 with SuperWide-Heliar 15mm f4.5

 

数を数えていくと、行きと帰りで数が違うので、通称「化け地蔵」というのだそうです。

 

日光化け地蔵-0586
日光化け地蔵-0586 posted by (C)ものごいかっぱ

 

首が落ち、胴体の前に安置してあるお地蔵さんはちょっと怖かった・・・

 

2019年11月 8日 (金)

光の樹

夜の高山-0466
夜の高山-0466 posted by (C)ものごいかっぱ

高山の夜散歩

とある施設(どこだったっけ^^;) の庭には、暗闇に中に樹がぼぉ〜っと浮かび上がっていました。

こういうライトアップ・・・・ツボです。

2019年11月 6日 (水)

高山の古民家で飛騨牛のハンバーガーを食す〜CENTER4〜

夜の高山の町を散歩しながら、食事のできる場所を探していると・・・
夜の高山-0461
夜の高山-0461 posted by (C)ものごいかっぱ

 

おっ!ハンバーガーの看板♪
CENTER4 HAMBURGERS(センターフォーハンバーガーズ)というお店です。
高山_ハンバーガー-0459
高山_ハンバーガー-0459 posted by (C)ものごいかっぱ

 

中に入るとアメリカンな雑貨に溢れており、お客さんは外人ばっか!
外観は日本の古民家なのに、中はオールド・アメリカンな空間というギャップがすごい!
(残念ながら店内は撮影禁止。注文したもののみ撮影可)

 

生ビールと飛騨牛のハンバーガーを注文しました♪
飛騨牛ハンバーガー
飛騨牛ハンバーガー posted by (C)ものごいかっぱ

 

う〜ん美味い!
大満足な夕食となりました。

 

ご機嫌でまた夜の町の撮影してて転けたんですけどねw

 

 

 

2019年11月 3日 (日)

夜の高山の古い町並みを歩く

夜の町は昼とは一変した顔を見せてくれるから好きです。
ましてや古い趣のある建物が立ち並ぶ町並みは、本当にすばらしい♪

夜の高山-0481
夜の高山-0481 posted by (C)ものごいかっぱ


夜の高山は大方の店は閉まり、出歩く人の姿もまばらです。
18:30過ぎくらいから散歩始めたんだけど、全然人がいない!
深夜に歩いているんじゃないかと錯覚するほど・・・

夜の高山-0479
夜の高山-0479 posted by (C)ものごいかっぱ


高山の町は家と道路の間に側溝があり、流れている水に光が反射してとても綺麗・・・・

な〜んて、周りの景色に見とれていたら、側溝につまづいて思いっきり転けました(泣)

夜の高山-0476
夜の高山-0476 posted by (C)ものごいかっぱ

 

温かみのある裸電球の灯りに照らされた古い町並みが美しいです。

夜の高山-0462
夜の高山-0462 posted by (C)ものごいかっぱ

 

夜の高山-0463
夜の高山-0463 posted by (C)ものごいかっぱ

 

夜の高山-0448
夜の高山-0448 posted by (C)ものごいかっぱ

 

夜の高山-0472
夜の高山-0472 posted by (C)ものごいかっぱ

 

夜の高山-0475
夜の高山-0475 posted by (C)ものごいかっぱ

 

夜の高山-0474
夜の高山-0474 posted by (C)ものごいかっぱ

 

川沿いの道の木々もライトアップされていたのですが、こちらは強烈なLED電球

夜の高山-0482
夜の高山-0482 posted by (C)ものごいかっぱ

 

あかりが強烈すぎる上に、白色光なので趣がなく非常に残念
柔らかい電球色の照明にしてほしいですね

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »