広告

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月19日 (火)

ガチャポンのデフォルメ飛行機

ジョイフル本田にいったら、トイレの前のガチャポンコーナーに日本海軍機のデフォルメ飛行機がありました♪
一回400円とちょっとお高かったのですが、ムスメがトイレに行っている間の暇つぶしにやってみると・・・
お〜! 震電がでた〜♪
震電
震電 posted by (C)ものごいかっぱ


このシリーズ、震電の他に零戦52型が増槽付きと爆弾付きの2種、と一式陸攻が迷彩と緑の2種類があります。
デフォルメ海軍機
デフォルメ海軍機 posted by (C)ものごいかっぱ


うわぁ一式陸攻が欲しいなぁ
でも高いので次に来た時にまたやろうって思っていたら・・・
次に来たときはこのガチャポンがなかった(号泣)


それで泣く泣くネット検索していたら結構メルカリに出品されていました。
でも大体1機800円とか・・・送料もあるので大体倍くらいの値段で出品されていました。
そんな中で見つけたのが2機セット880円!
水平尾翼の接続部分が折れちゃっているのでジャンクとして出ていましたが、瞬接で簡単に修復できるし送料込みでこの値段は破格でしたね♪


迷彩塗装の一式陸攻はマレー沖海戦で、イギリスの戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスを撃沈したときの仕様
一式陸攻
一式陸攻 posted by (C)ものごいかっぱ


ちっちゃいプリンス・オブ・ウェールズもついているところは芸が細かい!

一式陸攻
一式陸攻 posted by (C)ものごいかっぱ

機体下面をみると、魚雷が付いています

緑のは通常仕様
丸っこいデザインが可愛らしいです♪
一式陸攻
一式陸攻 posted by (C)ものごいかっぱ

一式陸攻
一式陸攻 posted by (C)ものごいかっぱ

一式陸攻
一式陸攻 posted by (C)ものごいかっぱ


2019年2月17日 (日)

奥多摩湖を渡る水神

奥多摩湖にかかるドラム缶橋
かなり昔、本当にドラム缶が浮きに使われていた頃に渡った記憶がありますが、
久しぶりに渡ってみました。
龍-8771
龍-8771 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


上から見るドラム缶橋は、奥多摩湖を渡る水神…龍のように見えました。

2019年2月 6日 (水)

sot のプエブロレザーのトートバッグ

ここ数年ハマっているプエブロというレザー
財布、ベルト、靴を購入して愛用しています。
この革の製品で最初に惚れたのがトートバッグだったのですが、税込で10万近い値段に手を出せずにいました。
先日、何気にZOZOTOWNを見たところ、有料会員サービスに登録すると、その月はなんと3割引!
3万近くの値引き!ということでポチってしまいました。
あっ!この3割引ってのは、ZOZOTOWNに新規に登録かつ有料会員に登録の場合、すでにZOZO会員になっていた場合には有料会員になっても1割引みたいです。
ZOZOってあまり使わないので、とりあえず月払いの有料会員に登録して、今回の買い物をした後、有料会員を退会すれば1ヶ月分の会費だけで済むなって感じで登録してみました。
退会すると90日は再登録できないので、買いたいものの値段とZOZOを使う頻度などをよく考えて、自分にとってお得なやり方を考える必要があります。


購入したのは、やはりキャメル
この斑らな表情がたまりません♪
プエブロトート1
プエブロトート1 posted by (C)ものごいかっぱ

届いた時に、手提げのハンドル部分が鞄の中に折り込まれており、革に丸まったクセがついていたのが残念に思えましたが、1日使用したらシャキッとしました。
プエブロトート2
プエブロトート2 posted by (C)ものごいかっぱ

sotのプエブロシリーズは内側に甲州織の布が使われており、これがまた美しいんです♪
プエブロトート3
プエブロトート3 posted by (C)ものごいかっぱ

さっそく これまで使っていた土屋鞄のスタジオキャリートートから中身を移し変えてみました
スタジオキャリートートより小さいと思い込んでいたのですが、荷物を入れ替えてみたら、ひとまわり大きいですね。
プエブロトート4
プエブロトート4 posted by (C)ものごいかっぱ


常時持ち歩いているのは、
 トラベラーズノート、万年筆6本、ボールペン1本、長財布、名刺入れ、眼鏡拭きやハサミ、テープのり、のど飴、イヤホン等を入れた巾着、折りたたみ傘、デジカメ(X70) 、ipad pro といったところ。
打ち合わせなどで出張する際には、この内容にノートパソコンとACアダプタ、モバイルwifi、マウスなどを追加します。
スタジオキャリートートではパッつんパッつんになっていましたが、sotのトートは少し余裕があります。


ただ、ひとつ残念なのは、鞄の覆いがないこと。
中身が丸見えなんですよね。
スタジオキャリートートも、普段使うときは開けっ放しなんですが、電車に乗るときとか、事務所の机の下に置いておくときとか、ファスナーで閉めることができます。
覆いがなく、中身が丸見えだと満員電車とか、鞄を置いておく際に不安がありますね。
とりあえず財布はファスナー付きの内ポケットに入れ、表面は手ぬぐいでカバーして使ってみることにします。
もうちょっといい方法はないかな?
プエブロトート5
プエブロトート5 posted by (C)ものごいかっぱ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »