広告

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

小粒でもピリリと辛いミニクーパー

11/4に ミニクーパーが納車されてから、楽しくて走りまくってますねぇ
あっというまに1000kmを越えてしまいましたw


納車されてしばらくは、試乗したエントリーモデルのONEより、パワー感がなく、「あれれ?」という感じだったのですが、
600kmを越えたあたりから、しっかりとトルクが出て、力強くなってきた感じがします。
ミニクーパーと紅葉
ミニクーパーと紅葉 posted by (C)ものごいかっぱ


ミニクーパーに搭載されているエンジンは、1.5L 3気筒の直噴ターボで、
最高出力136ps/4500rpm  最大トルク 220N・m/1480-4100rpm
最大トルクを発揮する範囲が広いのが見て取れます。


”3気筒"のエンジンは、暖まるまでは多少振動を感じますが、暖まってからは気になる程ではないですね。
同じ排気量であれば、4気筒より3気筒のほうが1気筒あたりの排気量が大きいため、
より中低速のトルクは大きくなるので、そのあたりも街乗りでの力強さにつながっているのだと思います。


mini シフトノブ
mini シフトノブ posted by (C)ものごいかっぱ


トランスミッションは、7速のDCT (デュアル・クラッチ・トランスミッション)
オートマチックですが、マニュアル車のトランスミッションに近い構造で、2つのクラッチを切り替えながら変速するそうで、変速ショックもなく、とても滑らか。
DCTは低速でギクシャクしやすいという話をよく聞きますが、ミニのDCTは、まったくそのようなことはありません。


通常使用するDレンジは燃費重視の変速制御となるため、街乗りだと1000rpm前後のエンジン回転数で走るような感じですが、スタートダッシュも十分速く、レスポンスもいいので軽快に流れをリードして走れます。

シフトをスポーツモードに切り替えれば、マニュアル車で走るときのようなタイミングで、シフトアップをしていくので、とても気持ちよく走ります。

山坂道などでは、スポーツモードでも、「ここは3速のまま走り続けたい!」というところで、4速にシフトアップされちゃったりするので、そのようなときにはマニュアルモードに切り替えて、シフトダウン!
シフトダウン時には、「ウォン!」とエンジン回転を合わせる制御も入り楽しいです。

ただ、スピードが落ちてきたときに、勝手にシフトダウンされてしまうので、自分がシフトダウンしようとした直前にシフトダウンされ、その直後に自分がシフトダウンしてしまうなんてこともよくあり、想定より1段低いギアに入れてしまうなんてことも・・・
このあたりは、自動でシフトチェンジされてしまうところを見越して、もっと余裕を持ってシフト操作をしなければいけませんね。


夕暮れ
夕暮れ posted by (C)ものごいかっぱ


さて、"ミニ" でよく言われるのが、「ゴーカートフィーリング」 という言葉

ゴーカートには、サスペンションもパワステもありませんね。
すなわち、ミニも乗り心地が硬く、ハンドルも重くて遊びがない・・・ という乗り味ということのようです。

しかし今回のマイチェンされたミニは、ずいぶんとマイルドになったと言われています。
乗り心地は確かに硬めですが、路面の荒れたところでも、いやな突き上げ感などはありません。
前に乗っていたレガシィGT-Bと同じ程度の硬さだと思います。


ハンドルは重めでクイックですね。
通常、ハンドルはゆっくり操作する方なので、当初はわかりませんでしたが、
危険回避のためにハンドル操作した際に、思った以上に俊敏な動きをしたので、ちょっと焦りました。
遊びの少ないハンドルは、ドライバーの操作通りの挙動を示すということで楽しい反面、
高速道路などでは敏感すぎて疲れるという声も聞かれます。
ただ、まだ1度しか高速を走っていませんが、直進安定性はしっかりとしているので、
疲れるという感じはありませんでした。
このあたりはもっと長距離を乗ってみないとわからないですね。


天目山
天目山 posted by (C)ものごいかっぱ


ちっちゃくて愛らしいデザインのミニですが、見てくれとは裏腹に、乗り味はかなり硬派です。
まさに『山椒は小粒でもぴりりと辛い』というヤツですね

2018年11月26日 (月)

透ける紅

小川寺_紅葉-4480
小川寺_紅葉-4480 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70


木漏れ日に透ける紅葉
ステンドグラスみたいでいいなぁ

2018年11月25日 (日)

小川寺の紅葉

小川寺_紅葉-4483
小川寺_紅葉-4483 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

街中にも紅葉が色づいてきました。
お買い物途中に立ち寄った小川寺
山門のところにある紅葉が見頃です。

2018年11月24日 (土)

鏡の中の秋

鏡の中の秋
鏡の中の秋 posted by (C)ものごいかっぱ
iphone8

車に乗ってから、ふとバックミラーを見ると、ミラーとボディに映る紅葉が美しく、思わず撮ってしまいました。

2018年11月23日 (金)

ジル・ド・レみたいなミニクーパー

ミニクーパーのボンネットを開けてみます。
開け方がちょっと変わっていて、運転席下にあるレバーを1回引くと・・・ 
ボン! という音がしてボンネットが少し浮き上がり、もう一度レバーを引くと・・・ 
カチッ という音がしてロックが外れます。

これでボンネットを手で持ち上げることができるようになります。


ボンネットオープン
ボンネットオープン posted by (C)ものごいかっぱ


この姿・・・ なんか違和感がありますね・・・・


そう、ライトの部分が丸く くり抜かれているんですよwww


ボンネットの穴
ボンネットの穴 posted by (C)ものごいかっぱ


穴あいてますwww

ボンネットはダンパーで支えられています。
贅沢ですね
ボンネット
ボンネット posted by (C)ものごいかっぱ

ボンネットを開けたこの姿・・・・
どこかで見たような・・・・
ジルドレみたい
ジルドレみたい posted by (C)ものごいかっぱ

思い当たりました!
ムスメがハマっているFateというアニメに出てくるジル・ド・レというこのキャラ
ジルドレ
ジルドレ posted by (C)ものごいかっぱ

ちょっといっちゃった目がそっくりですね
ミニクーパーの名前は 『ジルちゃん』 にしましょうかねw


2018年11月22日 (木)

紅一葉

武田八幡宮_もみじ-8641
武田八幡宮_もみじ-8641 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

まだ緑の葉の中に紅く彩づいた葉が一枚・・・

2018年11月21日 (水)

店番

店番
店番 posted by (C)ものごいかっぱ


信号待ちの時に、ふと横を見ると・・・

甲冑が店番してる!

・・・・お花屋さんですよね〜www

武田八幡宮〜賽銭箱〜

武田八幡宮_賽銭箱-8642
武田八幡宮_賽銭箱-8642 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

武田八幡宮の山門の入り口には大きな賽銭箱が設置されています。
拝殿まではずっと階段を上っていかなくてはならないので、ここでお参りを済ます人のためのものなのかな?


山門の内側から振り返り、参道の方を眺めてみる景色も風情があります。
この日は天気が悪く、霞んでいますが、これはこれでまたいいものです。

2018年11月19日 (月)

武田八幡宮〜手水場〜

武田八幡宮_手水場-8632
武田八幡宮_手水場-8632 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4R

いつ来ても、誰もいない武田八幡宮
(社務所もね)

でも本殿の記帳には、平日にも関わらず、この日に来た人が数名いることを物語っています。
わずかな参拝者のために、ちゃんと手水場に水をたたえてくれているのは、とてもありがたいですね。

2018年11月18日 (日)

武田八幡宮 社務所の紅葉

武田八幡宮_紅葉-8649
武田八幡宮_紅葉-8649 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

韮崎にある武田八幡宮
だれもいない社務所の裏はちょっと紅葉
今週はもう見頃かな?

大菩薩峠越え

今日は奥多摩の檜原村側から奥多摩周遊道路、柳沢峠を越え、さらに大菩薩峠へ入ってみました。
大菩薩峠
大菩薩峠 posted by (C)ものごいかっぱ

大菩薩峠は道が狭くやばい感じ・・・
この写真の場所はまだ全然広い方で、この後はすれ違いできない位の幅の道がずっと続きます。
対向車が来ないことを祈りつつ・・・・
・・・と結構対向車が来ます!
ロッジのある頂上付近につくまでに、7〜8台とすれ違いました。
幸いにもちょっと路肩に膨らみのある場所で、ギリギリのすれ違い。
こういう見通しの悪い場所では、ヘッドライトを点灯し、カーブでは出口が見えるまでゆっくり走ります。

ロッジのある頂上付近は駐車場もあり休憩できますが、木が邪魔で展望はよくないです。
熊出没注意
熊出没注意 posted by (C)ものごいかっぱ

甲斐大和方面へ降りていく道は比較的広く(狭いけど)、舗装もきれいで安心して走れます。
ロッジから少し降りたところは展望が開け、富士山がきれいに見えました。
大菩薩峠より富士山を望む
大菩薩峠より富士山を望む posted by (C)ものごいかっぱ

大菩薩峠のススキ
大菩薩峠のススキ posted by (C)ものごいかっぱ

ずっと下っていくと、武田勝頼が自害した「天目山」という地名が出てきます。
黄葉がきれいな場所があったのでちょっと休憩
天目山
天目山 posted by (C)ものごいかっぱ

下まで降りきるとそこは国道20号線
大月から左手の139号線へ入ると正面に岩殿城が見えます。
武田勝頼が家臣に裏切られて入れてもらえなかったお城です。
岩殿城
岩殿城 posted by (C)ものごいかっぱ

細い田舎道をしばらく走ると見えてくるのが、松姫神社
松姫神社
松姫神社 posted by (C)ものごいかっぱ

巨木が祭られており、独特の雰囲気があります。
松姫神社
松姫神社 posted by (C)ものごいかっぱ

この先にある長い松姫トンネルを抜ければ、ふたたび奥多摩の小菅村に到着です。

2018年11月16日 (金)

ミニクーパーの運転視界

レガシィとの別れ
レガシィとの別れ posted by (C)ものごいかっぱ


これまで17年間乗ってきた3代目レガシィも、その前に5年間乗った2代目レガシィも、全周の運転視界が素晴らしくよかったため、乗り換えるクルマも運転視界が気になります。


レガシィと比べると、ミニのウィンドウは立ち気味で幅が狭いデザインをしていますね。
個人的にはボディに対して、もう少しグラスエリアを大きくした方が、もっとかわいくなると思うのですが・・・


ミニ運転席
ミニ運転席 posted by (C)ものごいかっぱ


前方視界は、やはり縦の幅が狭く、ガラスが前の方にあるので、ちょっと狭く感じられます。
信号待ちで停車したときに、停止線と信号の位置が近い場合に信号が見えない!なんてこともあります。

ミニクーパー前方
ミニクーパー前方 posted by (C)ものごいかっぱ

フロントのピラーはめっちゃ太いのですが、運転席から見ると斜めに設置されており、細く見えるように工夫されています。
ミニクーパー右前
ミニクーパー右前 posted by (C)ものごいかっぱ


ミラーもボディから生えているので、右前方の死角は少ないと思います。

ミニクーパー左前
ミニクーパー左前 posted by (C)ものごいかっぱ


左側を見るとピラーの太さがわかりますね。
とはいえ左右前方の視界は悪くはありません。
街乗りでも山坂道でも問題のない視界が確保されていると思います。

ハッチバック車では一番の問題となる左後方視界
ミニクーパー左後ろ
ミニクーパー左後ろ posted by (C)ものごいかっぱ


ミニの場合、ステーションワゴンと同じように後席窓の後ろ、荷室の部分にも窓がついている上、変に絞り込んだデザインになっていないため、十分な視界が確保されています。
これは非常にうれしい誤算でした。

後方窓はもう少し縦幅を広くして欲しかった・・・・
ミニクーパー後ろ
ミニクーパー後ろ posted by (C)ものごいかっぱ


縦幅が小さいと、ワイパーも短いものしか付けられなくなるため、雨天時のワイパーの拭き取り範囲が狭くなるという弊害がでてしまいます。
晴れた日の昼間はともかく、雨天時や夜にはちょっと不満のある後方視界です。


とまぁ、一部不満はありますが、運転視界については、概ね満足できるレベルにあると思います。




立った角度のフロントウィンドウについて、思わぬメリットを発見しました。
ミニクーパーダッシュボード
ミニクーパーダッシュボード posted by (C)ものごいかっぱ


この広大なダッシュボードエリア!
レガシィだとダッシュボードに手ぬぐいとかを置くと、ウインドウに柄が映り込んでしまい、運転しにくくなってしまったのですが、ミニだと全く映り込みしません!
おまけにダッシュボードの真ん中にエアコンの吹き出し口があるため、汗などでぬれてしまった手ぬぐいを乾かすのに最適ですwww

2018年11月15日 (木)

爽やかな秋

丹波山_紅と青-4453
丹波山_紅と青-4453 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

だいぶ冷え込んで来ましたね。
この写真を撮った日は温かく、日々の寒暖差が大きかったです。
自分の周りでも体調を崩している人が増えて来ました。
気をつけねば・・・

2018年11月14日 (水)

好みに応じて色を変えられるミニクーパーのLEDリング

ミニクーパーのナビの周りにあるLEDリングは自由に色が変えられます。
11色ほどある色から、その時の気分に合わせて色を選ぶことができます。


私のデフォルトは抹茶色
主張しすぎず、邪魔にならない感じが気に入っています。
夜はオレンジ系にすると、メーターの色ともマッチしますね。


2018年11月13日 (火)

ミニクーパーのアイドリングストップ機能

最近の車は燃費が重視されておりますが、ミニクーパーにもご多聞にもれず、アイドリングストップ機能が付いています。

アイドリングストップは、燃費を多少よくしてくれますが、バッテリーに負荷がかかるため
それに対応した高価なバッテリーを積まなくてはならず、トータルでみると燃料の節約よりバッテリー交換のコストの方がはるかに高くつくので嫌いな機能ですw

また、一時停止ですぐに走るような場合でもエンジンが止まり、またすぐに掛かるという挙動を示すのが鬱陶しいので、自分はアイドリングストップを切って乗っています。
ミニクーパースイッチ
ミニクーパースイッチ posted by (C)ものごいかっぱ


赤いスターターボタンの左にある A OFF と書かれたスイッチが、アイドリングストップのon/off スイッチです。
デフォルトがアイドリングストップON の状態なので、エンジンをかけたらすぐにOFFにするようにしています。


基本的にはアイドリングストップは嫌いなのですが、信号や踏切などで数分停車することが明確な時には、
アイドリングストップさせたいと思う時はあります。


いままで何台か国産車の試乗をしましたが、停止してからだとスイッチをOFFにしても、アイドリングストップができない仕様となっているようで、アイドリングストップを働かせたい時には、停止する前にスイッチをOFFにする必要がありました。


ところがミニは、停車後にスイッチをOFFにすると、ちゃんとエンジンが止まるんですね♪
また、スイッチがONの状態でもスポーツモードにしていると、アイドリングストップしないのですが、
停車後にDモードに切り替えると、ちゃんとアイドリングストップされます。


この仕様だと、停車後に停車時間が長くなりそうだなって思った時にアイドリングストップを働かせることができるので、とても使い勝手がよいですね。

2018年11月12日 (月)

陽だまり

丹波山_陽だまり-4454
丹波山_陽だまり-4454 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

奥多摩にある道の駅たばやま
ここにある温泉 『のめこい湯』 は、ヌルヌルの美肌の湯でとても気持ちのいい温泉です。
道の駅にはよく立ち寄るのですが、なかなか温泉に入る時間まで確保できないのが残念です。
この日は温泉に入ることを目的に立ち寄り、のんびり・・・
湯上がりに外へ出ると、鮮やかな紅葉の下の陽だまりがとってもきれいでした。


2018年11月11日 (日)

ミニクーパーの内装デザイン

ミニは外観もかわいいのですが、内装もとてもかわいいのです。
ミニ運転席
ミニ運転席 posted by (C)ものごいかっぱ

丸を基調としたデザインで統一されています。

メーターはハンドルの上に据え付けられており、ハンドルの位置を調整しても、一緒に動いてきます。
mini ハンドル
mini ハンドル posted by (C)ものごいかっぱ

速度計は260km/hまでありますが、120km/hでも頂上の手前。
miniメーター
miniメーター posted by (C)ものごいかっぱ

街乗りでは少ししかメーターが動かず、メモリも細かいので見づらくてしょうがないです。
このあたりは180km/h上限くらいのメーターにして欲しかった・・・

ドアノブも丸
スピーカーも丸
こんなところも徹底していますね
ミニドアノブ
ミニドアノブ posted by (C)ものごいかっぱ

シフトレバー周り
ミニ シフト
ミニ シフト posted by (C)ものごいかっぱ

シフトレバーは常に中立状態で、電気的なスイッチとなっています。
DやRに入れるときは、レバーの右側面にあるボタンを押しながら操作し、
Dモードの時に、レバーを左に倒すとスポーツモードに切り替わります。
そしてスポーツモードの状態でレバーを前後に動かすとマニュアルモードに。
手前に引くとシフトアップ。前に押すとシフトダウンです。
シフトダウンの時には軽くブリッピングされますね。

マニュアルモードにした後に、スポーツモードに戻せるとありがたいのですが、
レバーをいったん右側に倒し、Dモードに切り替えてから、もう一度左に倒してスポーツモードにする必要があります。
このあたりは、一瞬だけマニュアルモードにしたいような場合には不便ですね。


ハンドブレーキは今はやりの電子式ではなく、物理的にきっちりかけるタイプ。
このためクルーズコントロールは30km/h以下では解除されてしまいますが、
個人的には、アクセルを踏むと勝手に解除される電子式よりこちらの方が安心できます。

エンジンスターターは、センターパネルの下部にある赤いトグルスイッチ!
エンジンスターター
エンジンスターター posted by (C)ものごいかっぱ

天井にあるルームライト系のスイッチもトグルスイッチになっており、
見た目もいいですが、操作感もとてもよいものです。
天井スイッチ
天井スイッチ posted by (C)ものごいかっぱ

丸を基調としたかわいらしいデザインに、トグルスイッチのメカニカル感!
このあたりがボディブローのように効いてきます。

一方、何じゃこりゃ! ってところもあります。
その筆頭がサンバイザー
ミニ サンバイザー
ミニ サンバイザー posted by (C)ものごいかっぱ

触るとざらざらのプラスチックで、以前乗ったレンタカーのカローラフィールダーと同じ手触り
ここはちゃんとした手触りのいい素材で覆って欲しかった。

そして肘掛け
ミニ 肘掛け
ミニ 肘掛け posted by (C)ものごいかっぱ

中にはほとんどモノが入るスペースがない上に、サイドブレーキやシフト操作の邪魔になるというシロモノ

肘掛け2
肘掛け2 posted by (C)ものごいかっぱ

幸いにも上に跳ね上げることができるので、常時跳ね上げていますが、このせいで後席に置いたゴミ箱に
アクセスすることができなくなりました・・・・

2018年11月 9日 (金)

ミニクーパーで山梨〜奥多摩ツーリング

今日は年休推奨日ということで仕事はお休み
クルマが新しくなったので、慣らし運転がてら、韮崎にある大好きな武田八幡宮へ参拝してきました。
今回もしっかり雨に降られましたよwww
武田八幡宮二ノ鳥居
武田八幡宮二ノ鳥居 posted by (C)ものごいかっぱ

相変わらず誰もおらず、静かな佇まいです。
武田八幡宮_山門-8627
武田八幡宮_山門-8627 posted by (C)ものごいかっぱ

参拝後はちょっと脚を伸ばし、清里の清泉寮へ
清泉寮真っ白!
清泉寮真っ白! posted by (C)ものごいかっぱ

うわぁ〜真っ白ですw

清泉寮
清泉寮 posted by (C)ものごいかっぱ

軽食のとれるジャージーでハンバーガーをいただきます。
清泉寮のハンバーガー
清泉寮のハンバーガー posted by (C)ものごいかっぱ

ハンバーグがはみ出てますよ!
バンズもおいしいです。

そしてここに来たからにはこれを食べねば・・・
清泉寮の濃厚ソフト
清泉寮の濃厚ソフト posted by (C)ものごいかっぱ



清泉寮からちょっと下ったあたりの紅葉がとてもきれい
清里の紅葉
清里の紅葉 posted by (C)ものごいかっぱ

そして八ヶ岳高原大橋
雨と霧のおかげでなんとも幻想的な雰囲気を味わえました。
八ヶ岳高原大橋-4465
八ヶ岳高原大橋-4465 posted by (C)ものごいかっぱ

帰りはいつものようにR411 大菩薩ラインで奥多摩を超えて帰ります。
周りの紅葉は見頃ですばらしかったのですが、山越えの前に給油を忘れ、途中で燃料警告が出てしまい、ガス欠しないかヒヤヒヤ・・・
まだこのクルマが満タンでどれくらい走るのか、走り方による燃費の違い、燃料計の精度など、よくわからないので、警告が出てからどれくらいの距離を走れるのかがわからず、冷や汗をかきました。
幸い、道の駅たばやまの手前にGSがあり、無事給油することができました。

道の駅たばやまで、ほっと一息。
雨が一時的に上がり、あたりがうっすらとオレンジ色に染まっています。
雨上がり 丹波山の夕暮れ
雨上がり 丹波山の夕暮れ posted by (C)ものごいかっぱ

丹波山の夕暮れ
丹波山の夕暮れ posted by (C)ものごいかっぱ

この後も雨は降ったりやんだり・・・
ピカピカだった新車もどろどろになってしまいました。
ミニ 500km突破
ミニ 500km突破 posted by (C)ものごいかっぱ

11/4 に納車されたばかりですが、もう500kmを超えてしまいました。


2018年11月 7日 (水)

mini cooper Union Jackのテールランプ

ミニのデザインで キュン! と来てしまったのがコレ!
ミニクーパー バーガンディ
ミニクーパー バーガンディ posted by (C)ものごいかっぱ


テールランプのデザインが、イギリスの国旗ユニオンジャックになっています♪


ユニオンジャック!
ユニオンジャック! posted by (C)ものごいかっぱ

夜になってテールランプが点灯すると、ますますかわいい♪
LEDですが、ボツボツと小さな丸いLEDの塊が目立つデザインではなく、
普通の電球のランプのようなデザインってところがポイントです♪

このテールランプを見たムスメ

ムスメ 「このクルマ、イギリスのクルマ?」

私    「ドイツ」

ムスメ 「なんでやねん!」


もともとはローバーというメーカーのイギリスのクルマでしたが、メーカーが潰れてしまい、
今はドイツのBMWなんですよね。
エンジンもBMWブランドのクルマに積まれているものと共通で、
1気筒あたり500ccのブロックを3つ付けた1500ccのエンジンです。
上位モデルのクーパーSは、4ブロックで2000ccといった具合で、とてもわかりやすいですね。


2018年11月 5日 (月)

17年間連れ添ったレガシィくんとの別れ

ミニクーパーが納車された11/4
この日は17年間連れ添ったレガシィくんとの別れの日でもありました。
レガシィとの別れ
レガシィとの別れ posted by (C)ものごいかっぱ

レガシィに積んであったものをミニに移し、その後、買い取り業者さんに引き取っていただきました。

ずっと一緒だったレガシィが去って行く姿を見送るのは、なんか寂しいですね。
大切にしてくれる新しいオーナーさんに逢えるといいのですが・・・・

2018年11月 4日 (日)

本日納車しました。〜ミニクーパー バーガンディ・エディション〜

ミニクーパー納車
ミニクーパー納車 posted by (C)ものごいかっぱ

大好きなバーガンディ(赤ワイン色)
この色に一目惚れしてしまい、後先を考えずに購入してしまったミニクーパー
本日納車しました。

この限定車発売を記念した万年筆のオープン懸賞に目がくらみ、実物を見に行ってしまったのが運の尽き・・・

海老で鯛を釣るというのは、まさにこういうことですねぇwww
(車買っても万年筆が当たるとは限らないし・・・)

雨に降られる
雨に降られる posted by (C)ものごいかっぱ


「あめふらし」の異名をとる私だけに
しっかり雨に降られましたwww


2018年11月 2日 (金)

BH5 レガシィ 最後のツーリング

突然ですが、17年間乗った3代目レガシィくんとお別れし、新しい車に乗り換えることになりました。
9月に車検を通し、次の12ヶ月点検か、その次の車検まで乗るつもりでいましたが、
とあるクルマに一目惚れ
それが限定車だったということで、このような次第となりました m( _ _ )m


長年一緒に過ごしたレガシィくんと、最後のひとっ走りに奥多摩まで行ってきました。
レガシィ最後のツーリング-
レガシィ最後のツーリング- posted by (C)ものごいかっぱ

まだちょっと紅葉には早いのですが、駐車場のこの場所は、ちょっとだけ彩づいています。


この型のレガシィ (BH5D) は、低速トルクがあり、とってもパワフル!
街乗りから高速道路、山坂道まで、どこを走っても不足はありません。
ご機嫌なネコがゴロゴロと喉を鳴らすような、エンジンの感触が常に感じられて、乗っていてとっても気持ちのいいクルマです。

特にステアリングの感触は絶品!
他の車の試乗などをしてからレガシィに乗り換えるとよくわかるのですが、ステアリングを回したときの感触が軽く、驚くほど滑らか。
それでいて自分の思ったラインにピタッと乗せられるコントロールのしやすさがあります。

さらに全周囲の視界がとてもよいため、安心して運転できます。


そんなレガシィくんの数少ない欠点が、小回りがきかないこと。
最小回転半径5.6mということで、狭い場所での取り回しにやや苦労します。

そして燃費
280馬力の2000cc ツインターボエンジンを積み、4輪駆動ということもあり、
ハイオクガソリンで、街乗り6.5km/L 、高速 9km/L といったところ
記録アプリだとこんな感じ
レガシィ燃費
レガシィ燃費 posted by (C)ものごいかっぱ

お〜! 平均7.77km/L ですね。
最低が 5.28km/L 最高が 12.96km/L となっています。(しかし10km/L超えた記憶なんてほとんどないぞwww)

現在のオドメーターは 98,977km
レガシィ メーター
レガシィ メーター posted by (C)ものごいかっぱ

あとちょっとで10万キロというところでしたが、
11/4 (日) にお別れとなります。
いままでありがとう♪


« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »