広告

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

だれパンダ

上野動物園といえば、「パンダ」♪

今日は室内にいるというので見てみると・・・・
ダレパンダ-5907
ダレパンダ-5907 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-T1 with XC50-230mm

思いっきりダレてますね〜 ^^;

ダレパンダ-5908
ダレパンダ-5908 posted by (C)ものごいかっぱ

さらにひどい寝相 www

2016年5月29日 (日)

ハシビロコウ

ハシビロコウに逢いに上野動物園へ行ってきました。

ハシビロコウ-5864
ハシビロコウ-5864 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-T1 with XC50-230mm


ハシビロコウの檻にやってくると、いきなり手を出せば触れそうなところに立っていました。

続きを読む "ハシビロコウ" »

2016年5月28日 (土)

二眼レフカメラ RolleiCord 初撮りの写真

3月終わりにお借りした、二眼レフカメラの Rolleicordの初撮り写真をようやくスキャンしました。

使ったフィルムは富士フイルムのリバーサルフィルム Provia

iso100のフィルムなので手持ちなのに1/10秒とか1/5秒とか、とんでもないシャッタースピードになってしまいましたが、レンズシャッターの強みで、そこそこぶれずに写っていました。
アンダーな写真が多く、現像所から 「写真の境目がわからないので裁断できません」 と長いまま くるくると丸めた状態で返却されたため、自分で裁断。
まるまったクセがついてしまっていたので、フィルムシートに入れた後、雑誌を重ねた間に挟み押し花状態にして矯正しました。

Rolleicord window
Rolleicord window posted by (C)ものごいかっぱ
RolleiCord Fujifilm Provia

Rolleicord 木馬
Rolleicord 木馬 posted by (C)ものごいかっぱ

Canoscan 9000F markⅡ というフラットベッドスキャナでスキャンしていたのですが、
スリーブ3枚目をスキャンしようとしたら、フタ側のユニットが動かなくなりスキャンできなくなってしまいました(泣)

2016年5月26日 (木)

今月の手ぬぐい

手ぬぐい買ってきました。
最近注目しているjikanstyleの手ぬぐい

jikanstyleの jikan は "時感"

季節を感じさせる絵手ぬぐいが素敵な手ぬぐい屋さんです。

前回、花筏(はないかだ)という手ぬぐいに一目惚れして購入しましたが、ムスメと一緒にお店のHPを見ていて、ムスメが、「あっこれ欲しい!」と言ったのがこちら

牡丹灯籠
牡丹灯籠 posted by (C)ものごいかっぱ

牡丹灯籠を彷彿とさせる絵柄です。
お化粧をする骸骨。
鏡には美しい姿が映っています。
着物の柄のドクロ・・・・ニャンコが集まってできているんですよ♪


私がいいなと思ったのはこちら
花見
花見 posted by (C)ものごいかっぱ

夜桜の花見
ドクロが琵琶を奏で、ニャンコが踊っています。
かわいいでしょ ?


城ヶ島ドライブ

ひっさびさに家族全員そろって、城ヶ島へドライブです。
免許取立てのムスコは、これが4回目の運転。
私以外の家族が乗るのは初めてという状況です。
01 ドライブ-1061
01 ドライブ-1061 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

第三京浜に乗る前に、いつも立ち寄るミニストップでマンゴーパフェ♪
02 マンゴーパフェ-1070
02 マンゴーパフェ-1070 posted by (C)ものごいかっぱ

続きを読む "城ヶ島ドライブ" »

2016年5月23日 (月)

格子の中のふたり

ふたり-1080
ふたり-1080 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70


城ヶ島へ向けてドライブ
免許取立てのムスコの慣熟ドライブです。
海が見えてきたところで、カップルを発見!
車が信号待ちで止まったところで、さっと一枚。
トリミングしてます。


2016年5月20日 (金)

仕込み杖

GWに八王子城に登城した際、下りで膝の爆弾が炸裂してしまい、これは山城歩きには杖が必要と痛感しました。
そこで色々探したところ、こんなストックを見つけたので買っちゃいました。
残念ながら到着はGW後となってしまったので、まだ使ってはいないのですが、次の山城登城の際には持っていきたいと思います。
仕込み杖-0905
仕込み杖-0905 posted by (C)ものごいかっぱ

mont-bellブランドなので、山歩きのストックとしてのスペックは問題無いものだと思います。


このストックの最大のポイントはこれ
仕込み杖-0906
仕込み杖-0906 posted by (C)ものごいかっぱ


握りの上の部分を外すと、カメラを装着するためのネジが出てきます。
そう、一脚として使えるストックなんですね!


以前、山に登った時に、偶然一脚を持っていて、下山時に膝が痛くなってきた時に、一脚をストック代わりに使ったことがあります。
その経験から、より軽量でストックとしての機能がしっかりしていて、一脚としても使えるものという観点で、この製品を選んでみました。


ムスメに見せたら、
「おっ! 仕込み杖じゃん!」 
と言われましたwww


2016年5月19日 (木)

FUJIFILM X-Pro2 パーフェクトガイド

買っちゃいました。
X-PRO2
X-PRO2 posted by (C)ものごいかっぱ




続きを読む "FUJIFILM X-Pro2 パーフェクトガイド" »

2016年5月18日 (水)

キャメルカラーのトラベラーズノート

以前限定で発売されたキャメルカラーのトラベラーズノートが、限定ではなく定番のラインナップとして発売されました。
トラベラーズノート
トラベラーズノート posted by (C)ものごいかっぱ

トラベラーズノート
トラベラーズノート posted by (C)ものごいかっぱ

数年間使ったブラウンのものは、背の部分の革がひび割れてきてしまい、手触りが悪くなったので、キャメルを購入です。
キャメルの革は少し毛羽立っている感じで、手触りがふわふわしますね。
触っていて気持ちがいい革です。
トラベラーズノート
トラベラーズノート posted by (C)ものごいかっぱ


手帳を閉じるためについているゴム紐ですが、カバーの裏側の真ん中に結び目のコブがくるため、字を書くのに邪魔になるのでとっちゃいます。

代わりにペンフォルダー付きのベルトをつけます。

iPadとお揃いな感じになりました。
トラベラーズノート
トラベラーズノート posted by (C)ものごいかっぱ





2016年5月16日 (月)

FUJIFILM X70 のタッチパネル液晶

FUJIFILM X70の背面液晶はタッチパネルになっています。
右上の👆マークの部分をタッチすると、モードが切り替わります。
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

[SHOT]では、指でタッチした場所にピントが合いシャッターが切れます。
初めて見たときはこの機能に感動しました。
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ


[FOCUS]では、指でタッチした場所にフォーカスポイントが移動します。
X70を購入して使い始めて、一番気に入ったのがこの機能♪
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

いや、マジ便利!
X-Pro2ではジョイスティックがつき、フォーカスポイントの移動が簡単にできるようになりましたが、
一瞬でタッチした場所にフォーカスポイントが移動するこの感覚!
使いやすいです。
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ


2016年5月14日 (土)

川越散歩 〜雷神風神〜

川越の街を歩いていたら、見つけちゃいました!
X70_川越_雷神風神-0859
X70_川越_雷神風神-0859 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

なんてすばらしい!
ファンキーな雷神と風神なんでしょう!

X70_川越_雷神-0862
X70_川越_雷神-0862 posted by (C)ものごいかっぱ


X70_川越_風神-0863
X70_川越_風神-0863 posted by (C)ものごいかっぱ

2016年5月13日 (金)

川越散歩 〜喜多院の空堀〜

川越の喜多院の中でもうひとつ好きな場所。
この凹み、なんだかわかります?
工事中じゃないですよ。
X70_川越_喜多院_空堀-0888
X70_川越_喜多院_空堀-0888 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

お寺や神社は、城下町周辺に配置されることが多いですね。
これはお城の防御施設の一部として組み込まれているから。
川越城の周辺に位置する喜多院の周りにも、お城のような空堀の跡が残っています。

戦国時代のお寺は、今の感覚で見てはダメなんですよ。
当時のお寺はお城と一緒
本願寺なんて、織田信長が10年かけても攻め落とせませんでしたからね。
ちなみに豊臣秀吉の大坂城は、本願寺のあった場所に建てているんですよね。
X70_川越_喜多院_空堀-0890
X70_川越_喜多院_空堀-0890 posted by (C)ものごいかっぱ

X70_川越_喜多院_空堀-0891
X70_川越_喜多院_空堀-0891 posted by (C)ものごいかっぱ

コンクリ素材なのが実におしい泥棒橋
木製の橋であれば、よりよい雰囲気だったんですけどね。
X70_川越_喜多院_空堀とどろぼう橋-0892
X70_川越_喜多院_空堀とどろぼう橋-0892 posted by (C)ものごいかっぱ

川越城の本丸御殿へ向かう途中にも復元された中ノ門と空堀跡が残っていますが、そちらより城らしい雰囲気が残っていますので、喜多院を訪れたら、ぜひともこの辺りも見ていただきたいですね。


2016年5月12日 (木)

川越散歩 〜仙波東照宮 弁財天厳島神社〜

川越の仙波東照宮は喜多院と同じ敷地内にあります。
東照宮から喜多院の方へ歩いていくと、途中に印象的な赤い橋と鳥居が目に止まります。
X70_川越_慈眼堂下の厳島神社-0876
X70_川越_慈眼堂下の厳島神社-0876 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70


橋の先にある神社は、弁財天 厳島神社 だそうです。
X70_川越_慈眼堂下の厳島神社-0878
X70_川越_慈眼堂下の厳島神社-0878 posted by (C)ものごいかっぱ


こういう小さな祠って、大好きなんですよね♪


続きを読む "川越散歩 〜仙波東照宮 弁財天厳島神社〜" »

2016年5月11日 (水)

川越散歩 〜仙波東照宮 〜

静かな中院を出ると、向かい側には高校があり、高校生たちが元気に部活をやっています。
細い道を隔てて、静と動というか寂と騒というか・・・おもしろい対比です。
そんな高校生たちを横目に喜多院へ向かいます。


しばらく歩くと仙波東照宮の赤い門が現れます。(写真撮ってないや^^; )
仙波東照宮は喜多院と同じ敷地内にあるんですね。

「東照宮」というのは、徳川家康公を祀った神社ですね。
東照宮といえば日光を思い出しますが、結構あちこちにありますね。
日光、久能山に続く三大東照宮と名乗っていますが、他にも三大東照宮を名乗っているところはあるようですね ^^;

門をくぐると渋い鳥居とその先に階段が・・・
この雰囲気は結構好きです。
X70_川越_仙波東照宮-0875
X70_川越_仙波東照宮-0875 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

階段を上ると東照宮の拝殿があります。
拝殿は小さく、見られる部分の敷地もとても狭いものです。
X70_川越_仙波東照宮-0898
X70_川越_仙波東照宮-0898 posted by (C)ものごいかっぱ


拝殿の裏に柵で仕切られた向こうに本殿がありますが、中に入ることはできません。
「東照宮」という名に期待していくと、ちょっとがっかりな仙波東照宮でした。
X70_川越_仙波東照宮-0899
X70_川越_仙波東照宮-0899 posted by (C)ものごいかっぱ

2016年5月10日 (火)

川越散歩〜中院〜

久々に川越にやってきました。
今回は喜多院を目指します。

・・・とはいえ方向音痴な私
微妙に方向がずれて、辿り着いたのがここ。
中院です。
落ち着いた赤い門が印象的です。
X70_川越_中院-0869
X70_川越_中院-0869 posted by (C)ものごいかっぱ


何度か喜多院には来ていますが、ここに来たのは初めて。
緻密な旅行のできない私ですが、こういう偶然の出逢いというのはうれしいもんです(笑)
おまけにたまたま浴衣の女性がいたりして・・・・

X70_川越_中院-0870
X70_川越_中院-0870 posted by (C)ものごいかっぱ

2016年5月 9日 (月)

FUJIFILM X70にmonogramのストラップを装着

FUJIFILM X70のストラップは、カメラの両サイドに三角環を装着して吊るすタイプ。
でもこういうコンパクトなカメラには、ハンドストラップのように、片側だけに装着するタイプの方が似合うなって思います。
RICOH GXRでは革のハンドストラップを使っていましたが、買い物をするときや、トイレに行ったときなど、ちょっとカメラを除けておきたいときに、鞄にしまう必要があったりするので、最近ではネックストラップを装着し、撮影時にはハンドストラップのように手にぐるぐる巻きつけて使うスタイルが定着しています。


とってもコンパクトなX70に似合いそうな細身のストラップはないかと探していたら・・・・


見つけました!

monogramさんのネックストラップ
です。


細身で渋目の色合い革です。
グリーン、レッド、ブラウン、ネイビーの4色
グリーンがすごくいい色合いなんですけど、グリーンの革はエイジングで茶色に変化するからなぁ・・・
なんて思いながら、よくみるとすでに「生産終了」・・・・    また作ってくださ〜い!

やはりここは大好きな渋赤にしよう! 

休みの日にお店まで行って買おうかなとも思いましたが、早く欲しかったのでネットで注文してしまいました。
・・・今見ると、「SOLD OUT (入荷時期未定)」 になってますね。
最後の一本だったのかな?   買っといてよかった〜


無事到着した渋赤のネックストラップ
instagramでフィルタかけたので実物より派手めに写ってます。
monogramストラップ
monogramストラップ posted by (C)ものごいかっぱ


いや、これすごくいいです!
他のコンパクトカメラにもつけたいです。
monogramさん、レッドとグリーンとブラウンをまた作ってくださ〜い。


スナップ撮影のときは、こんな感じで手に巻くと、力を入れずにカメラを手にぶら下げて歩けますし、
カメラを構えたときには、しっかりと手のひらにホールドできます。
monogramストラップ
monogramストラップ posted by (C)ものごいかっぱ


2016年5月 8日 (日)

二眼レフカメラ ローライコードの使い方〜フィルム装填と取り出し方法〜

ローライコードのフィルム装填方法です。
裏蓋の開閉レバーは底にあります。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ

T型のレバーを左にずらし、その下のレバーを手前に持ち上げると蓋が開きます。


rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ

ボディ下側のスプール受けにフィルムを装着します。
RolleiCord
RolleiCord posted by (C)ものごいかっぱ

ボディ上側のスプールにフィルムの先端を差し込み、フィルムを巻き上げます。
フィルム巻き上げダイヤルを回し、フィルムの矢印マークをカメラの🔴  🔴マークに合わせて、蓋を閉じます。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ

開けた時と逆の手順で、持ち上げたレバーを水平に戻し、T型のレバーを元の位置にもどします。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ

フィルム巻き上げダイヤルを止まるまで回します。
このときフィルムカウンターは "1" になっています。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ


これで撮影の準備が完了です。






フィルムの撮影枚数は12枚
撮り終えたら、そのままフィルム巻き上げダイヤルを回しフィルムを巻き取ります。
35mmフィルムだと、パトローネに巻戻すのですが、中判ブローニーフィルムは一方通行となります。

ボディ下側に装着したフィルムは、上にあった空のスプールに巻き取られ、撮り終えると装着したフィルムのスプールが空になって残ります。
rolleicord
rolleicord posted by (C)ものごいかっぱ


次の撮影時には、空になったスプールを上のスプール受けに移動し、下側のスプール受けにフィルムを装着するという流れになります。


取り出したフィルムは、巻が緩まないように慎重に扱ってください。
一度取り出すときに少し緩んでしまって、感光してしまったことがあります。
フィルムの先端の台形部分を内側に折り込み、紙テープのようになっている部分をくるくるっと巻いて固定します。
コダックのフィルムの場合はテープの先端が切手のような ”のり"になっており、ぺろっとなめて留めます。
富士フイルムの場合はシールになっており、より簡単に留めることができます。



FUJIFILM X70に穴あきフードを付ける

FUJIFILM の X70 のレンズキャップはレンズにすっぽり被せる方式
レンズキャップの内側にはフェルトが貼られ、ちょっと高級感があります。
蓋の脱着には適度な抵抗があり感触も柔らか。
ちょうど茶筒の蓋を脱着するような抵抗感で気持ちいいです♪
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ


X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

X70の最大の残念な仕様は、
標準仕様では、フィルタやフードがつけられないということ
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

飾りリングを外し、フード取付用のリングを付けます。
このリングは純正フードに付属していました。
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

フード取付用のリングをつけた場合でも、レンズキャップをはめることは可能ですが、あの茶筒の蓋のような気持ちの良い抵抗感はなく、少しぷかぷかした感じなのは残念
X70専用フードだとどうなんでしょう?
X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ

X100用の穴あきフードを取り付けます。

X70
X70 posted by (C)ものごいかっぱ


かっこいいですね。
このフードの穴って、なんのために空いているのかご存知ですか?
軽量化? ・・・ いや零戦じゃあるまいしwww

このフード、レンジファインダーカメラのX100用のフードです。
レンジファインダーは素通しのファインダーなので、フードをつけると、フードでファインダーがケラれてしまいます。
そこでフードに穴を開け、その隙間から被写体が見えるようにしているんです。
とはいえ、ファインダーのないX70には関係ない機能
単純にかっこいいからいいんですwww

2016年5月 6日 (金)

滝山城に初登城

滝山城・・・
東京都八王子市に残る戦国時代、北条氏の城郭です。
武田信玄に三の丸まで攻め込まれたことから、北条氏は八王子城を築城し、滝山城は廃城となりました。
滝山城001
滝山城001 posted by (C)ものごいかっぱ

滝山街道から城跡への道は細く急な上り坂
道の両側は土塁がそそり立ち、竹林が頭上を覆っています。
X70_滝山城_01_大手道-0727
X70_滝山城_01_大手道-0727 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X70

X70_滝山城_02_竹林-0728
X70_滝山城_02_竹林-0728 posted by (C)ものごいかっぱ

坂の途中に真紅の祠がありました。
X70_滝山城_03_祠-0729
X70_滝山城_03_祠-0729 posted by (C)ものごいかっぱ


かわいらしいですね。
緑の竹林の中の赤い祠・・・
萌えるものがあります^^;

X70_滝山城_04_祠-0732
X70_滝山城_04_祠-0732 posted by (C)ものごいかっぱ

続きを読む "滝山城に初登城" »

2016年5月 3日 (火)

八王子城 3回目の登城

八王子城の写真をムスメに見せたところ、
「行きたい!」
というので、一緒にいくことにしました。
登城
登城 posted by (C)ものごいかっぱ
iphone6


続きを読む "八王子城 3回目の登城" »

2016年5月 2日 (月)

八王子城 2回目の登城

八王子城に2回目の登城してきました。
前回行ったのは2015年4月
一つ目の曲輪である金子丸で登城を断念していますが、今回は本丸まで行く覚悟です。


ガイド施設でもらってきた八王子城の全貌図です。
前回行った金子丸(金子曲輪)は山の中腹あたりにあるのですね。
八王子城003
八王子城003

裏に八王子城跡ガイドホームページの案内が書かれていました。


ガイド施設から城に向かう途中に城の立体模型が置かれています。
X70_-八王子城_模型-0545
X70_-八王子城_模型-0545


八王子城は北条氏のお城です。
城主は北条氏照
豊臣秀吉の小田原征伐の際、城主の北条氏照は精鋭部隊とともに小田原城に行っており留守にしていたそうです。
八王子城には、前田利家、上杉景勝の軍勢が襲いかかり、わずか1日で落城してしまいました。
たくさんの方が亡くなっている場所ですので、厳かな気持ちで登りましょう。


続きを読む "八王子城 2回目の登城" »

2016年5月 1日 (日)

ムスコと初ドライブ

ムスコが普通免許を取りました。
そんなわけで、ムスコの運転で初ドライブへ行ってきました。
教習所でもらった初心者マーク
レガシィはボンネットがアルミなのでくっつきません (⌒-⌒; )
しょうがないので、とりあえずくっつくとこにくっつけます。
image
image posted by (C)ものごいかっぱ


うちのレガシィはマニュアル車デス。
駐車場から左折して道路に出た途端エンスト!
発進して3つ目の曲がり角でまたエンスト!
さらに次の曲がり角でエンスト!・・・

いきなり3連発で、先行きがちょっと不安・・・・

本人曰く・・・・・「教習車と比べて、クラッチとブレーキが重く、アクセルが軽い」んだそうです。

続きを読む "ムスコと初ドライブ" »

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »