GXR おすすめレンズ

みんぽすモノフェローズ

みんぽす

« 富士フイルムX-T1購入への道〜X-T10を選ばなかった理由〜 | トップページ | きらめき »

2015年7月 5日 (日)

X-T1のフィルムシミュレーション

富士フイルムのデジカメの魅力は多彩なフィルムシミュレーション
ところがX-M1はXシリーズの他の機種よりも大幅に省略されています。
これもX-M1を使っていての、大きな不満点でした。


これでようやくフィルムシミュレーションがフルに使えるようになります。
とりあえずベランダに咲いたルリマツリで試してみます。
MFのマクロレンズでの手持ち撮影のため、ピントが今ひとつなところはご容赦を・・・

まずはスタンダードのProvia(プロビア)
01Provia
01Provia posted by (C)ものごいかっぱ

ビビッドなVelvia(ベルビア)
02Velvia
02Velvia posted by (C)ものごいかっぱ

ソフトのAstia(アスティア)
03Astia
03Astia posted by (C)ものごいかっぱ


ずっと使いたかったClassic Crome (クラシッククローム)
コダカラーの色 (^◇^;) って言われていますね
04Classic Crome
04Classic Crome posted by (C)ものごいかっぱ


ネガ風のProNegHi (プロネガハイ)
青色の出方がリバーサル系とは異なりますね。
05ProNegHi
05ProNegHi posted by (C)ものごいかっぱ


そしてProNegStd (プロネガスタンダード)
フラットな光だとかなり地味な写りをします。
06ProNegStd
06ProNegStd posted by (C)ものごいかっぱ


モノクローム系も充実しています。
通常のモノクローム
07モノクローム
07モノクローム posted by (C)ものごいかっぱ


モノクローム+yellowフィルタ
08モノクローム+yellow
08モノクローム+yellow posted by (C)ものごいかっぱ

黄色いフィルタを付けてモノクローム写真を撮るモードです。
白や緑を明るくし、コントラストを少しあげることができるようです。

モノクローム+redフィルタ
09モノクローム+Red
09モノクローム+Red posted by (C)ものごいかっぱ

赤いフィルタを付けてモノクローム写真を撮るモードです。
赤は明るく、青は濃厚に写るようです。
濃厚なモノクロームになります。


モノクローム+Greenフィルタ
10モノクローム+Green
10モノクローム+Green posted by (C)ものごいかっぱ

緑色のフィルタを付けてモノクローム写真を撮るモードです。
ポートレート用のフィルタだそうです。
捕色関係にある赤が濃くでるモードのようです。

そして最後はSepia(セピア)
11Sepia
11Sepia posted by (C)ものごいかっぱ

いや〜多彩すぎてどう使い分けたらよいか、迷ってしまいますね。

« 富士フイルムX-T1購入への道〜X-T10を選ばなかった理由〜 | トップページ | きらめき »

Fujifilm」カテゴリの記事

Fujifilm X-T1」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1678162/60631027

この記事へのトラックバック一覧です: X-T1のフィルムシミュレーション:

« 富士フイルムX-T1購入への道〜X-T10を選ばなかった理由〜 | トップページ | きらめき »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

楽天

  • 旅行
  • 楽天市場

GXRパーフェクトマニュアル

MountA12 World