広告

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 2013年を振り返る | トップページ | メリークリスマス♪ »

2013年12月23日 (月)

映画『清須会議』を見てきました。

ちょっと前になりますが、三谷幸喜監督の映画『清須会議』を見てきました。

清須会議


以前、タイムスクープハンターの映画を見に行った際、開始前の予告編で流れたのを見て、絶対に見たい!って思ったのがこの映画でした。

「清須会議」は、本能寺の変で、織田信長と嫡男の信忠が共に死んでしまったため、織田家の跡取りを決めるために開かれた会議。この会議で主導権を握った秀吉はこの後、天下取りに邁進していくという、歴史の転換点となった出来事です。
合戦のような華々しさはない会議という題材を、まるまる一本の映画にしてしまったのは凄いですね!
三谷監督は小学生の頃から、ずっと温めてきたというからびっくりです!


この映画では、なんと言っても登場人物たちの容貌に注目です。

織田家の人々は皆おでこが広く、鷲鼻。
信長役の篠井英介さんと弟の信包(のぶかね)役の伊勢谷友介さんは自鼻だそうです。
そういえば、スケートの織田信成さんも鼻が特徴的ですね。


織田信包(伊勢谷友介)
この方はよく知らなかったのですが、かなり変わり者だったようですね。
秀吉のうわべにだまされず、心の底を見抜いた上で、「織田一族を滅ぼせばいい」という辺り、凄みがあります。
この方したたかに生涯をまっとうしてますね。老後に「老犬斎」と名乗るところなど、ちょっと自嘲的な性格が表れているのかな。

織田信雄(妻夫木聡)
バカ殿です。
妻夫木さんの屈託のない笑顔がいいですね。
この方、無能ではありますが、江戸時代までしっかりと生き残っていますねぇ。

織田信孝(板東巳之助)
それなりに優秀で、後継者候補No.1だった信孝。
板東巳之助さんが誠実な感じで演じています。
まっすぐな人だったんでしょうね。秀吉に翻弄され、最後には切腹させられています。
秀吉に対しておそろしく恨みを込めた辞世の句を残しています。
こういったところからも秀吉の裏の顔が垣間見えてくるようです。

謀反を起こした明智光秀(浅野和之)
光秀

この方は信長から「きんかん頭」と呼ばれていたそうです。
ちょっと想像しにくいんですが、三谷さんの作る光秀のきんかん頭、かなりビックリです。
また、これまでの光秀よりも歳を取っているというところも新しい解釈ですね。

羽柴秀吉(大泉洋)
秀吉

秀吉と言えば「猿」というあだ名が有名ですが、信長が秀吉の妻(この作品では、寧-ねい-と呼ばれています)への手紙の中で、「ハゲネズミ」と書いています。

今まで演じられてきた秀吉の中には、「ハゲネズミ」と呼ばれた姿を想像させる人はいなかったと思います。
このことは三谷さんも大いに不満に思っていたようで、
史上初!「ハゲネズミ」を彷彿とさせる秀吉の登場です♪
演じられた大泉さんも、「こうなる予定」という絵を見せられて、「ぬらりひょんみたい」と思ったそうです(爆)
人当たりが良く明るい秀吉ですが、平気で人を騙す腹黒さも持っています。
歴史を見ても、驚くほどの残虐さを持っていますが、大泉秀吉はそこまでの底深さは持っていませんでしたね。


柴田勝家(役所広司)
ショーンコネリーをイメージしたという勝家。
体臭と口臭がきつい人だということです。え”? そうなのかショーンコネリーwww

丹羽長秀(小日向文世)
この配役、イメージ通りというか、肖像画でみる本人そっくりです。
大軍団を率いた他の武将に比べて印象の薄い長秀ですが、安土城の普請奉行をまかされたり、信長の信任の厚い人のようですね。

池田恒興(佐藤浩市)
ご存知世界遺産の姫路城を造った池田輝政のお父ちゃん。
打算的でどっちが得かを常に考え、眼が泳いでいる男・・・
そんな人だったんだぁ〜! 知らんかったwww
しぶい佐藤浩市さんがいい味出してます。
この人を取り込もうとする秀吉と勝家の攻防が笑わせてくれます。

お市(鈴木京香)
夫(浅井長政)と息子を殺した秀吉を決して許さず、復讐のために、好きでもないのに、秀吉がもっとも嫌がるという理由で、柴田勝家の妻となるお市の凄み。
点々眉にお歯黒姿が凄みを倍増させている感じです。

松姫(剛力彩芽)
点々眉にお歯黒姿で美しいと思ったのは初めてです。
美しい中にも心の底に秘めた欲望が垣間見え、鳥肌が立ってしまいました。

今までの時代劇とはちょっと違ったアプローチをしている「清須会議」
まだ上映しているようですので、一度ご覧になって見てはいかがでしょうか。

爆笑記者会見の様子はこちら
三谷流時代劇 絢爛豪華キャスト集結! 

« 2013年を振り返る | トップページ | メリークリスマス♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『清須会議』を見てきました。:

« 2013年を振り返る | トップページ | メリークリスマス♪ »