広告

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

2013年の記事振り返りと今年最後の沼

2013年を振り返るでは、リコーGRブログのトラックバック企画への参加のため、リコーGXRで撮った写真について1年間を振り返ってみましたが、今回は1年間に書いた記事について振り返ってみました。


1月 記事数19

今年はついに中判フィルムカメラに手を出してしまいました。
初めての中判カメラ、しかも二眼レフ。
二眼レフといえば、ローライフレックスが有名ですが、そんな高いもんは買える訳もなく、国産のミノルタオートコードを購入。
autocord2

露出計も内蔵していないので不安がありましたが、ネガを使う分には、そんな厳密に考えずともちゃんと写ることがわかり気楽に撮れるようになりました。


2月 記事数18

2月はなんとライカX1を衝動買い!

03X1

そして2010年5月からメインカメラとして使っているリコーGXRを落として破損!

液晶破損

と波乱の月でした。
GXRはすぐに2台目のボディを中古で補充しました。


3月 記事数27

3月には富士フイルムのコンデジ
X20を1ヶ月モニタでお借りしました。

操作性がとてもよく、手に馴染み、ちょっとグラッときたカメラでした。

X20 外観

そしてこの月、2011年まで20数年間現役で活躍していたNIKON F4をついに売却してしまいました。
超重量級のカメラですが、シャッターを切った時の振動が少ないのでぶれにくく、使いやすいカメラでした。
しかしこの重さを持ち歩く体力と気力がなくなり、PENTAX K-5購入とともに、動態撮影用としての役割を終えました。

F4_1


4月 記事数19

富士フイルムのX-E1とXF35mm f1.4 R を1ヶ月間のモニタでお借りすることができました。

外観1

X-E1は発売当時、GXRの代替機として期待したのですが、思ったより大きかったため、購入には至らなかったカメラです。
ところが実際に1ヶ月間使ってみると、結構いい! 
操作性などいろいろと気に入らない所もありましたが、XF35mmレンズは、なんともいい描写をする・・・
これは後継機に注目していこうと思った次第です。

この月は、大学時代のバイクサークルOB会もありました。
10年ぶりの再会でしたが、雨をふらせてしまいましたw

豪雨


5月 記事数25

ipad mini を購入
ソフトバンクの16GB。
初めてのタブレットでしたが、使ってみるとすごく便利。
紙のスケジュール帳は完全に不要となりました。
最近では16Gでは要領不足となりつつあり、もっと大きい容量のにしとけばよかったと後悔しています

iPad mini


グループ写真展ヨコハマなう season2 に参加 したのもこの月でした。
Twitter、FBでお話ししている方々と実際にお会いできたり、個性的な写真、展示方法など、とても勉強になりました。

1日目_ヨコハマなう


6月 記事数21

PENTAX D FA MARO 60mm f2.8 を1ヶ月のモニタでお借りしました。

運動会、航空祭など、AFのスピードと精度が要求される場合のみ使っているK-5ですが、ひさびさに1ヶ月持ち歩きました。

無限遠


7月 記事数25

なんとハッセルブラッドをヤフオクで落札!

ハッセルブラッド

巻き上げと極低速シャッターにやや難ありですが、外観はとてもきれいな個体です。
そのうちオーバーホールに出そうと思っています。

セキセイインコのピーちゃんがきたのもこの月。

興味津々


8月 記事数20

ついにGXRの代替機として、富士フイルムX-M1を購入してしまいました。

16-50mm

これの購入資金のため、Leica X1とBESSA R2、GXRのP10、S10ユニットは旅立って行きました。


9月 記事数22

購入したばかりのX-M1のレンズ XF27mmが壊れた!
購入したビックカメラでレンズキット一式をまるまる交換していただきました。

27mm


10月 記事数28

トートバッグ購入しました。
sot_外観

ショルダーにもできるので、休日のカメラの持ち歩きにも使っています。

富士フイルムXF23mm f1.4 R を1ヶ月のモニタでお借りしました。
XM1にXF23mmを装着

かなりデカいのですが使い勝手も写りもよく、欲しくなってしまいましたが、お値段もかなりいいお値段ですね。


11月 記事数21

11月は航空祭三昧
入間航空祭前日の練習を見に行くってのは、いいですね。
14_C1

来年も行きます。

入間航空祭当日は人が多すぎ・・・
外から見た方がよさげなレベルでした。

02_人出

立川航空祭はヘリコプターのみですが、ゆったりと楽しめます。

12_AH1_地上クルー


12月 記事数22

私を置いて、妻とムスコが遠征した九州の新田原航空祭

ファントム

見に行きたかったよ〜

丸の内KITTEのクリスマスツリーは感動ものでした。

ツリー06

ゴテゴテとした飾りではなく、降り積もる雪での飾り付けはすばらしかったです。

そしてまた、富士フイルム XF60mm f2.4 R Macro を1ヶ月のモニタでお借りすることができました。

横

あっ除夜の鐘が・・・
そして今年最後の沼

2013年最後の沼
2013年最後の沼 posted by (C)ものごいかっぱ”>2013年最後の沼

やっちまいました。
富士フイルムのXF35mm f1.4 R です ^^;


最後の最後にこんなことになるなんて・・・
煩悩はつきず ^^;

2013年12月30日 (月)

フジフイルム XF60mm f2.4 R マクロ〜紅葉マクロ編〜

みんぽすモノフェローズでフジフイルムの XF60mm f2.4 R Macro レンズをお借りしています。

16203-3664-294078

玉川上水の紅葉撮り歩き、今回はマクロらしい感じに撮ってみました。

散
posted by (C)ものごいかっぱ

赤い葉
赤い葉 posted by (C)ものごいかっぱ


背景のとろけるようなぼけ方♪
いい感じです。

宝石
宝石 posted by (C)ものごいかっぱ


陽光を受けた小さな菱形の葉っぱ。
まるで宝石のようでした。


16203-3664-294078

2013年12月29日 (日)

最近のポンちゃん

水飲み
水飲み posted by (C)ものごいかっぱ iphone4s

最近のポンちゃん、洗面所に私かムスメがいると、ピョンと洗面所に飛び乗ってきます。

手のひらにお湯をためてあげると、腕に手をかけてペロペロと飲み始めます。

かわゆす ^^

2013年12月28日 (土)

フジフイルムXF60mm f2.4 R マクロ〜玉川上水のカエデを撮る〜

みんぽすモノフェローズでフジフイルムの XF60mm f2.4 R Macroレンズをお借りしています。

16203-3664-294060

フジフイルムのX-M1にXF60mmマクロを付けて、玉川上水をお散歩します。
玉川上水は黄葉が多く、秋には一面黄色く染まります。
赤いもみじはところどころに点々と存在し、それがまた景色にメリハリがついて美しいものです。

01_黄葉
01_黄葉 posted by (C)ものごいかっぱ

カエデってみんな赤いのかと思ったら、ここらへんのはみんな黄色く色づいています。


02_黄葉
02_黄葉 posted by (C)ものごいかっぱ

いつも実焦点距離が50mm位のレンズで撮ることが多いので、90mmクラスの中望遠となると撮影する感覚も随分と変わります。
意識して離れて構えないと、近づき過ぎちゃって、なかなか思った構図にならないです。^^;


03_黄葉
03_黄葉 posted by (C)ものごいかっぱ


04_黄葉
04_黄葉 posted by (C)ものごいかっぱ


こちらは料亭の庭の赤いもみじ
ここのもみじは本当にきれいに色づいています。

05_紅葉
05_紅葉 posted by (C)ものごいかっぱ


06_紅葉
06_紅葉 posted by (C)ものごいかっぱ

16203-3664-294060


2013年12月26日 (木)

フジフイルムXF60mmマクロ 〜スウィーツ編〜

みんぽすモノフェローズでフジフイルムのXF60mm f2.4 R Macroレンズをお借りしています。

16203-3664-294052



イチゴのタルトを撮ってみました。

スウィーツ
スウィーツ posted by (C)ものごいかっぱ

Fujifilm X-M1 with XF60mm f2.4 R Macro


ちょっと寄りすぎたかな?

でもおいしそうでしょ♪


16203-3664-294052

2013年12月25日 (水)

フジフイルムXF60mmマクロ 〜とりあえず花を撮ってみる編〜

みんぽすモノフェローズでフジフイルムのXF60mm f2.4 R Macroレンズをお借りしています。

16203-3664-294044



横
posted by (C)ものごいかっぱ

XF60mmの焦点距離は 60mm。35mmフィルム換算で91mm相当の中望遠マクロレンズとなります。

撮影距離範囲は
標準  60 cm ~ ∞
マクロ  26.7cm ~ 2.0m
最大撮影倍率は、0.5倍になります。

富士フイルムさんでは、AFスピードを速くするための方策として、他のレンズも含めて標準モードで60cm程度にしているようですが、これって結構使いにくいんですよね。
焦点距離にも寄りますが、標準モードでももう少し近く(せめて40cm位)から撮れると使い勝手が向上すると思います。
商品の売り文句でAFスピードの速さを謳うのであれば、このような小手先の制限を加えて速さを稼ぐような行為はマイナスなイメージを与えるような気がするんですけど・・・


マクロモードと標準モードの切り替えは、X-M1の場合、カメラボディ背面のボタンで行います。

背面

チューリップマークのマクロボタンを押すと、OFF/マクロの切り替えメニューが出てきて、選択する方式。
ボタンを押す毎に、マクロと標準を切り替えれるだけでいいんですけどねぇ。
ワンクッション入ることで使い勝手が悪くなってしまっていますね。
この辺りはファームアップで改善してほしい所。


すいません、話がそれてしまいました。
XF60mmレンズですが、AFスピードはそれほど速くないですね。
被写体との間を行って帰ってピントが合うといった感じ。
ちょこちょこ動きまわるようなものを撮るのはちと厳しいですね。
インコ撮ろうと思ったけど、ピントが合う前に動いてしまい撮れませんでした。
駆動音は静かです。

とりあえず手始めに、テーブルの上にあった花を撮ってみます。

花_XF60mm最短距離
花_XF60mm最短距離 posted by (C)ものごいかっぱ

MFで最短撮影距離に設定、絞り開放で撮っています。WBはオート。

とっても柔らかい描写ですね。

こちらは今までのメイン機、リコーGXRのA12 50mm f2.5 マクロでの写真。WBは昼光

花_GXR50mm
花_GXR50mm posted by (C)ものごいかっぱ

実焦点距離は33mm。35mmフィルム換算で50mmというマクロレンズです。

最短撮影距離は 7cm
最大撮影倍率は XF60mmと同じ 0.5倍ですが、ややGXRの方が大きく映るような気がします。

こちらはX-M1+XF60mmでWBを昼光にしてみました。
ちょっとコッテリとした色合いになりました。

花_XF60mm
花_XF60mm posted by (C)ものごいかっぱ

ついでに他のレンズでも・・・

X-M1にヘリコイド付きマウントアダプタを装着し、ライカLマウントのレンズで撮影してみます。

レンジファインダーカメラ用のレンズは、最短撮影距離が長く、被写体に寄れないものが多いです。
このULTRON35mmも最短撮影距離は90cmなのですが、マウントアダプタについたヘリコイドでレンズを繰り出すことで、20cm位まで寄ることができるようになります。

フォクトレンダー ULTRON 35mm f1.7 (50mm相当)
花_ULTRON35mm
花_ULTRON35mm posted by (C)ものごいかっぱ

よりコッテリした感じに写りました。

こんどはフォクトレンダー SuperWide-Heliar 15mm f4.5 (22.5mm相当)

花_SWH
花_SWH posted by (C)ものごいかっぱ



レンズによる描写の違い、おもしろいですね。
これだから沼にハマるんですよね。

16203-3664-294044


2013年12月24日 (火)

メリークリスマス♪

メリークリスマス
メリークリスマス posted by (C)ものごいかっぱ

Fujifilm X-M1 with XC 16-50mm f3.5-5.6 OIS

今日はクリスマスイブ。
といっても、スパークリングワイン飲みながら、鳥の丸焼きやケーキを食べたのは昨日のハナシ・・・
今日は残業で遅くなり、帰宅してみると、ブリの照り焼きでしたwww
あとは昨日の残りの鳥が少々
一人で残り物を食べるクリスマスイブの夜でした。

2013年12月23日 (月)

映画『清須会議』を見てきました。

ちょっと前になりますが、三谷幸喜監督の映画『清須会議』を見てきました。

清須会議


以前、タイムスクープハンターの映画を見に行った際、開始前の予告編で流れたのを見て、絶対に見たい!って思ったのがこの映画でした。

「清須会議」は、本能寺の変で、織田信長と嫡男の信忠が共に死んでしまったため、織田家の跡取りを決めるために開かれた会議。この会議で主導権を握った秀吉はこの後、天下取りに邁進していくという、歴史の転換点となった出来事です。
合戦のような華々しさはない会議という題材を、まるまる一本の映画にしてしまったのは凄いですね!
三谷監督は小学生の頃から、ずっと温めてきたというからびっくりです!


この映画では、なんと言っても登場人物たちの容貌に注目です。

織田家の人々は皆おでこが広く、鷲鼻。
信長役の篠井英介さんと弟の信包(のぶかね)役の伊勢谷友介さんは自鼻だそうです。
そういえば、スケートの織田信成さんも鼻が特徴的ですね。


織田信包(伊勢谷友介)
この方はよく知らなかったのですが、かなり変わり者だったようですね。
秀吉のうわべにだまされず、心の底を見抜いた上で、「織田一族を滅ぼせばいい」という辺り、凄みがあります。
この方したたかに生涯をまっとうしてますね。老後に「老犬斎」と名乗るところなど、ちょっと自嘲的な性格が表れているのかな。

織田信雄(妻夫木聡)
バカ殿です。
妻夫木さんの屈託のない笑顔がいいですね。
この方、無能ではありますが、江戸時代までしっかりと生き残っていますねぇ。

織田信孝(板東巳之助)
それなりに優秀で、後継者候補No.1だった信孝。
板東巳之助さんが誠実な感じで演じています。
まっすぐな人だったんでしょうね。秀吉に翻弄され、最後には切腹させられています。
秀吉に対しておそろしく恨みを込めた辞世の句を残しています。
こういったところからも秀吉の裏の顔が垣間見えてくるようです。

謀反を起こした明智光秀(浅野和之)
光秀

この方は信長から「きんかん頭」と呼ばれていたそうです。
ちょっと想像しにくいんですが、三谷さんの作る光秀のきんかん頭、かなりビックリです。
また、これまでの光秀よりも歳を取っているというところも新しい解釈ですね。

羽柴秀吉(大泉洋)
秀吉

秀吉と言えば「猿」というあだ名が有名ですが、信長が秀吉の妻(この作品では、寧-ねい-と呼ばれています)への手紙の中で、「ハゲネズミ」と書いています。

今まで演じられてきた秀吉の中には、「ハゲネズミ」と呼ばれた姿を想像させる人はいなかったと思います。
このことは三谷さんも大いに不満に思っていたようで、
史上初!「ハゲネズミ」を彷彿とさせる秀吉の登場です♪
演じられた大泉さんも、「こうなる予定」という絵を見せられて、「ぬらりひょんみたい」と思ったそうです(爆)
人当たりが良く明るい秀吉ですが、平気で人を騙す腹黒さも持っています。
歴史を見ても、驚くほどの残虐さを持っていますが、大泉秀吉はそこまでの底深さは持っていませんでしたね。


柴田勝家(役所広司)
ショーンコネリーをイメージしたという勝家。
体臭と口臭がきつい人だということです。え”? そうなのかショーンコネリーwww

丹羽長秀(小日向文世)
この配役、イメージ通りというか、肖像画でみる本人そっくりです。
大軍団を率いた他の武将に比べて印象の薄い長秀ですが、安土城の普請奉行をまかされたり、信長の信任の厚い人のようですね。

池田恒興(佐藤浩市)
ご存知世界遺産の姫路城を造った池田輝政のお父ちゃん。
打算的でどっちが得かを常に考え、眼が泳いでいる男・・・
そんな人だったんだぁ〜! 知らんかったwww
しぶい佐藤浩市さんがいい味出してます。
この人を取り込もうとする秀吉と勝家の攻防が笑わせてくれます。

お市(鈴木京香)
夫(浅井長政)と息子を殺した秀吉を決して許さず、復讐のために、好きでもないのに、秀吉がもっとも嫌がるという理由で、柴田勝家の妻となるお市の凄み。
点々眉にお歯黒姿が凄みを倍増させている感じです。

松姫(剛力彩芽)
点々眉にお歯黒姿で美しいと思ったのは初めてです。
美しい中にも心の底に秘めた欲望が垣間見え、鳥肌が立ってしまいました。

今までの時代劇とはちょっと違ったアプローチをしている「清須会議」
まだ上映しているようですので、一度ご覧になって見てはいかがでしょうか。

爆笑記者会見の様子はこちら
三谷流時代劇 絢爛豪華キャスト集結! 

2013年12月22日 (日)

2013年を振り返る

今年も残すところあとわずかとなりました・・・

いつもお世話になっているリコーのGRブログ

トラックバック企画の今回のお題は『ベストショット

ということで、今年リコーGXRで撮影した写真を振り返ってみることにしてみました。

1月

すすき
すすき posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with ULTRON35mm f1.7

ムスメと一緒にお散歩しながら近所のスーパーに買い物に行く途中に撮った写真。
小5になるムスメですが、いまだに一緒にくっついてくることが多いです。
最近は写真をなかなか撮らせてくれず、隙を狙って撮った一枚です。

2月

回廊
回廊 posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with SuperWieHeliar

横浜のとある場所
この場所は昼間はただの高架下ですが、夜に来ると「この先には一体何があるんだろう♪」と思わせるような、とても不思議な感覚になります。

3月

紫木蓮白木蓮

RICOH GXR with A12 28mm f2.5

3月は2枚になっちゃうけど、紅白ペアで。
紫木蓮と白木蓮。これは近所の散歩スナップですね。

4月

大日影トンネル02
大日影トンネル02 posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with A12 28mm f2.5

山梨の大日影トンネルです。
時間が無くて途中までしか行けませんでした。
向こうまで行ってみたいですね。

5月

熊猫の夜_3000
熊猫の夜_3000 posted by (C)ものごいかっぱ
RICOH GXR with A12 28mm f2.5

5月は、横浜縛りの写真展『ヨコハマなう season2』に参加しました。
この写真とフォトブックを出展しましたが、すべてGXRで撮った写真でそろえたのも自分なりのこだわりでした。

6月

縁側
縁側 posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with ULTRON35mm f1.7

長年小平に住んでいながら、初めて行った「ふるさと村
おじいさんが縁台で休んでいる姿が印象的でした。

7月

合歓
合歓 posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with A12 50mm f2.5 マクロ

ベランダの合歓の花が今年も咲きました。
合歓の花といえばピンク色の花・・・と思っていたのですが、ウチのは白くてまんまるに咲きます。
ちょっと当てがはずれたのですが、これはこれでいいものです。

8月

窓
posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with A12 50mm f2.5 マクロ

8月はGXR友の会の暑気払いがありました。
赤いシャンデリアがとっても印象的なお店でした。

9月

やっやめてくだせぇ
やっやめてくだせぇ posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with A12 50mmマクロ f2.5

9月は巾着田に曼珠沙華を見に行ってきました。
でも写真は花ではなくて馬の写真w
愛犬をわしづかみにして馬の前で記念撮影する女性達。
ワンちゃんは、馬が匂いを嗅ごうと顔を近づけると、プルプル震えてました。

10月

粋
posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with A12 50mmマクロ f2.5

銀座の裏通りで見かけた古いフォルクスワーゲン。
ピカピカで新車のようでした。
運転席には一輪挿し。
とっても粋でした。

11月

赤い風船
赤い風船 posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with A12 28mm f2.5

京橋のブリヂストン本社ビルのディスプレイ。
いつも楽しませてもらってました。
本社ビル移転のため、これが最後のディスプレイですね。

12月

女神
女神 posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with SuperWieHeliar

12月はふたたびGXR友の会の忘年会。
初お台場で夕暮れの自由の女神を超広角で撮ってみました。
このあと飲みすぎてしまい、翌日は一日中二日酔いで寝てました。



というわけで、GXRの写真でこの一年を振り返って見ました。
数日前からこの記事を書き始めましたが、酒のみながら書いているので、途中で酔いが回り、なかなか進まずw
12月の反省がちっとも生きていないかっぱでした。

GRブログトラックバック企画「ベストショット」に参加

2013年12月19日 (木)

熟柿


熟柿
熟柿 posted by (C)ものごいかっぱ

Leica M6 with ULTRON 35mm f1.7


奥多摩のとある場所。

古いおうちの屋根に落ちてつぶれた熟柿

写真撮ってたら、地元の子供が通りかかり、「何やってるんだ?」って感じで

思いっきり不審な目で見られたwww


2013年12月17日 (火)

フジフイルム XF60mm f2.4 R マクロ〜外観編〜

みんぽすモノフェローズさんで、フジフイルム XF60mm  f2.4R マクロ をお借りしています。


16203-3664-293987


焦点距離60mm・・・35mmフィルム換算で91mmということで、中望遠のレンズとなります。
この位の焦点距離だとポートレイトなどの撮影でも使いやすく、マクロとしても被写体から適度な距離をとれるので使いやすい焦点距離と言えます。

外観
外観 posted by (C)ものごいかっぱ


外観は非常にコンパクト。
最大径×長さ 64.1mm×63.6mm
質量 215g

キットレンズのXC16-50mm f3.5-5.6 OIS が
最大径×長さ 62.6mm×65.2mm
質量 195g
ということで、ほぼ同じ位の大きさですね。

横
posted by (C)ものごいかっぱ


コンパクトなX-M1に装着しても、全く違和感がなく、しっくりと馴染む大きさです。


撮影距離範囲は
標準モード 60cm  〜 ∞
マクロモード    26.7cm〜2m
となっており、
最大撮影倍率は 0.5倍です。


フード
フード posted by (C)ものごいかっぱ


付属のレンズフードは金属製で、とてもしっかりしたものが付いています。

ホントはフードを使った方がいいんですけど、自分はコンパクトさが失われるのがいやなので使わないです。w

2013年12月16日 (月)

フジフイルムXF60mmマクロ がやってきた!〜開封編〜

みんぽすモノフェローズさんより、フジフイルムXF60mmマクロf2.4 をお借りしました。

16203-3664-293981

外箱

XF60mm 外箱
XF60mm 外箱 posted by (C)ものごいかっぱ

内箱

XF60mm 内箱
XF60mm 内箱 posted by (C)ものごいかっぱ

高級感のある箱です。
以前Leica X1を買ったときもこんな感じの箱でした。
こういう箱だと、捨てずに小物入れとかに流用したくなりますね。


ふたを開けるとこんな感じ

XF60mm 中身
XF60mm 中身 posted by (C)ものごいかっぱ

レンズ本体は、想像していたよりもずっとコンパクトな印象です。
一緒に入っているレンズフードは、なんと金属製!
レンズ本体と同じ位の大きさがありますね。


16203-3664-293981

2013年12月14日 (土)

丸の内KITTEのクリスマスツリーが美しい!

東京丸の内にあるKITTE

先日行った時は、吹き抜けに足場が組まれ、巨大なツリーが運び込まれていました。

クリスマスツリー
クリスマスツリー posted by (C)ものごいかっぱ

「ああ、これから盛大に飾り付けられ、きらびやかなツリーになるんだろうな♪」
と華やかに彩られたツリーを思い描きながら見ていました。

そして今日、久々の出張で東京へ出たので、帰りがけにKITTEに寄ってみました。

ツリー01
ツリー01 posted by (C)ものごいかっぱ

「!・・・」

予想を覆し、飾りや電飾は一切なく、雪に覆われたツリーが現れました!・・・

すばらしいですね。圧倒されました。

ツリー02_toy
ツリー02_toy posted by (C)ものごいかっぱ

ToyCameraモードで。


ツリー03
ツリー03 posted by (C)ものごいかっぱ

空からは舞い散る雪かダイヤモンドダストのような飾りが光に反射してキラキラと舞っています。


ツリー04
ツリー04 posted by (C)ものごいかっぱ

横から・・・

ツリー05
ツリー05 posted by (C)ものごいかっぱ

上から・・・


ツリー06
ツリー06 posted by (C)ものごいかっぱ


私がKITTEをいいなって思うのは、吹き抜け越しに見える光景です。

壁面に映る光景とその向こうに見えるお店の灯りがとても綺麗なんですよね。


ツリー07
ツリー07 posted by (C)ものごいかっぱ

ツリー08
ツリー08 posted by (C)ものごいかっぱ

ツリー09
ツリー09 posted by (C)ものごいかっぱ

ともすればツリーだけに目を奪われがちですが、ちょっと周りにも目を向けてみて下さいね。

写真は全てFujifilm X-M1 with XC 16-50mm f3.5-5.6 OIS

2013年12月12日 (木)

BVLGARI

BVLGARI
BVLGARI posted by (C)ものごいかっぱ


Fujifilm X-M1 XC 16-50mm f3.5-5.6 OIS

素敵なポスターの写真

ちょっと魅入っちゃいました。

映り込みを添えて・・・

GXR友の会 in お台場

リコーのデジタルカメラGXRを愛するfacebookのグループ『GXR友の会』の忘年会がお台場で開催されました。

女神
女神 posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with SuperWideHeliar 15mm f4.5

夜のお台場は初めてきました。(あっ昼も来たことないかw)

レインボウ
レインボウ posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with SuperWideHeliar 15mm f4.5

レインボーブリッジは文字通り虹色にライトアップされていました。


花火
花火 posted by (C)ものごいかっぱ

RICOH GXR with A12 50mmマクロf2.5

なんのイベントだったんでしょう?
突然の花火! とてもきれいでしたよ。

乾杯
乾杯 posted by (C)ものごいかっぱ

Fujifilm X-M1 with ULTRON35mm f1.7

既にファームアップもされなくなり、後継機が出る様子も全くなくなってしまったGXR

さすがにGXRをメインで使っている方は少なくなってしまいましたね。(自分も含めてですが^^;)

しかしGXRが縁で知り合った方々、今後もこのご縁は大切にしていきたいですね。

この日は楽しくて飲み過ぎてしまいました。

翌日は二日酔いで一日倒れてました(^◇^;)


2013年12月10日 (火)

絵画

絵画
絵画 posted by (C)ものごいかっぱ

Fujifilm X-M1 with XC16-50mm 3.5-5.6 OIS

屋台の窓がフレームみたいだなって思っていたら、ちょうど女の子がフレームインしてきたので
撮っちゃいました。^^

新田原基地航空祭

12月1日(日)九州は宮崎にある航空自衛隊新田原(にゅーたばる)基地で航空祭がありました。

私は仕事の関係で行けなかったのですが、カミさんとムスコが遠征してきました。


帰宅後のムスコの第一声は、「すごく飛行機が近かった!」


ラッシュ時の山手線並の混雑で、全く身動きの取れない入間とちがい、楽しめたようです。


撮った写真を見せてもらいましたが、ほとんどが露出オーバー。
モニタで確認して調整しろよって思っちゃいましたよw

以下、ほとんどの写真は明るさを修正しています。

301飛行隊創隊40周年記念塗装機。

ファントム
ファントム posted by (C)ものごいかっぱ

とても美しい塗装ですね。

301飛行隊は昔、茨城の百里にいたので、尾翼には黄色のマフラーをした筑波山のカエルが描いてあるんですよ。

ファントム無頼
ファントム無頼 posted by (C)ものごいかっぱ


記念塗装機
記念塗装機 posted by (C)ものごいかっぱ

飛行教導隊

アグレッサー
アグレッサー posted by (C)ものごいかっぱ

飛行教導隊はアグレッサー(仮想敵)部隊として、各地の戦闘機部隊の戦技向上のために巡回指導している部隊です。映画TOP GUN を思い出して頂けるとわかりやすいかと思います。
独特の塗装が魅力ですね。

ブルーインパルス。
ウォーキングがこんなに間近で見られるなんて、うらやまし〜!

ウォーキング
ウォーキング posted by (C)ものごいかっぱ

トルネード
トルネード posted by (C)ものごいかっぱ

ピース
ピース posted by (C)ものごいかっぱ

第一空挺団によるパラシュート降下

空挺降下
空挺降下 posted by (C)ものごいかっぱ

オスプレイも飛んだんですね

オスプレイ
オスプレイ posted by (C)ものごいかっぱ

ブルーのパイロットのサインももらえたそうです。

サイン
サイン posted by (C)ものごいかっぱ

3番機の古賀健(こが たけし) 一尉のサイン。TACネームは KUGA(クーガ)だそうです。(仮面ライダーみたいだ!)
TACネームというのはパイロットの非公式な愛称だそうで、「こがたけし」さんは「こけし」ってつけられそうになったそうですwww

ちなみに、ちょっと前に引退された5番機の乃万剛一(のま よしかず)三佐は JEANE(ジーン)
ノーマ・ジーンですかw

おみやげはカレーでした。

甘口
甘口 posted by (C)ものごいかっぱ

甘口のF15と・・・

辛口
辛口 posted by (C)ものごいかっぱ

辛口のF4

さすがF4、パンチの効いた辛さに火を噴いてしまいました。www


2013年12月 9日 (月)

映画 47RONINを見てきました。

映画47 RON1Nを見てきました。
赤穂浪士の討ち入りをモチーフにしていますが、全く別物のファンタジーに仕上がってます。
舞台は一応日本なのですが、外国人が作った昔の映画にありがちな中国が混じった感じの日本w
中華鍋に日本を入れてかき回し、ファンタジーの香辛料を振り入れた、そんな感じの世界でした。
老人の浅野に若い吉良。そして吉良を演じているのが浅野忠信というwww
ちょっとニヤリとしてしまいました。
妖魔を演じてる菊池凛子…凄みがありますね。
従来の忠臣蔵の世界とは全く異なる赤穂浪士の討ち入り。
とても楽しめました。

2013年12月 7日 (土)

Red Carpet

Red Carpet
Red Carpet posted by (C)ものごいかっぱ

Fujifilm X-M1 with XC16-50mm 3.5-5.6 OIS


目の前に広がるレッドカーペット

歩いてみたくなりますね

2013年12月 6日 (金)

影
posted by (C)ものごいかっぱ
Fujifilm X-M1 with XC16-50mm 3.5-5.6 OIS


夕陽に照らし出される紅葉

長く伸びる影

あっ横にいるのはムスメっちですw

2013年12月 3日 (火)

ひなたぼっこ

ひなたぼっこ
ひなたぼっこ posted by (C)ものごいかっぱ

Fujifilm X-M1 with XC16-50mm 3.5-5.6 OIS

夕方の柔らかい日差しを浴びて、ぬくぬくのんびり・・・

えらくデカイ猫さんでした。


2013年12月 1日 (日)

iPhone3GSがハマグリになりました

12/1 (日) システムの障害があり会社に呼び出されてお仕事・・・

妻とムスコは九州の新田原航空祭に遠征しており、家にはムスメが一人という状況でした。

そんな中、ムスメから送られてきたLINEの写真がコレ

ハマグリiPhone3GS
ハマグリiPhone3GS posted by (C)かっぱムスメ

iphone3G系では、バッテリーが膨らみ、このような状態になるトラブルがあるということは聞いたことがあったのですが、現物を見たのは初めてです。

あわてて電話してみると、
「使えるかな?って思って、充電器につなぎ、電源を入れてみたら、動いたよ」
などと言っている。
すぐに触らないように指示しましたが、破裂したり、感電したりしなくてホントによかったと思います。
3GSは、自分が4Sに移行した後、ムスメがiPod代わりに使っていましたが、9月の誕生日にiPod touchをあげてからはほとんど使っていませんでした。
使用しているときに事故が起きなくて本当によかったです。

それにしても、同様の事例がたくさん報告されているのにリコールとかはされないんですね。
しかも有償交換みたいだし・・・

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »