広告

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« 夏の風物詩 | トップページ | 合歓(ネム)の花 »

2013年7月 4日 (木)

ハッセルハッセル!

Carl Zeiss
Carl Zeiss posted by (C)ものごいかっぱ

初カールツァイス・・・
といっても、最近話題のTouitではなく・・・

ハッセルハッセル!
ハッセルハッセル! posted by (C)ものごいかっぱ

500c
500c posted by (C)ものごいかっぱ


ハッセルブラッド
ハッセルブラッド posted by (C)ものごいかっぱ

はい、ハッセルブラッドです。

また古いカメラに手を出してしまった ^^;
シリアルNo.は TE98080  1969年製です。


引き蓋
引き蓋 posted by (C)ものごいかっぱ

写真を撮るときには、こんな風に銀色の引き蓋を引き出してから撮るんですよね。

なんでこんな仕組みになっているかというと・・・

マガジン
マガジン posted by (C)ものごいかっぱ

フィルムを入れるマガジンが取り外し式になっているんですよ。

通常、フィルムのカメラは、フィルムを装填したら、別のフィルムを使いたくても撮りきるまで交換出来ませんが、ハッセルブラッドは、マガジンを複数持っていれば、撮影途中でも交換できるんですよ。

更に、ポラロイドパックを付ければポラロイドカメラに、デジタルパックを付ければ、なんとデジカメにもなるんですよ(高くてとても買えないですけど ^^; )

マガジンの中身
マガジンの中身 posted by (C)ものごいかっぱ

フィルムマガジンの中はこんな感じ。
使うフィルムは中判の120、いわゆるブローニーフィルムというものを使い、6cm×6cmのましかくの写真が撮れます。
ミノルタオートコードと一緒ですね。

ボディ+フィルムマガジン、そしてレンズをヤフオクでかなり安く手に入れたのですが、レンズの方は空撃ちしてみると 1/15秒以下のシャッタースピードで、シャッターの開いている時間が長い感じ。

週末に試写してみて、返品するか修理に出すか、そのままいけるのか考えなくては・・・

« 夏の風物詩 | トップページ | 合歓(ネム)の花 »

カメラ」カテゴリの記事

フィルム」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

HASSELBLAD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッセルハッセル!:

« 夏の風物詩 | トップページ | 合歓(ネム)の花 »