広告

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

GXR おすすめレンズ

« ピース! | トップページ | ノウゼンカズラ »

2012年8月11日 (土)

驚異の高倍率ズーム搭載!フジフィルム X-S1 〜外観編〜

富士フイルムの X-S1 というカメラをお借りすることが出来ました。

15447-3664-284987

R0037030

R0036928


左がX-S1、右がペンタックスK-5に18-135mmレンズ(28-200mm相当)を装着したものです。

R0037045

大きさ重さはほぼK-5と同じ位。若干X-S1の方が背が高いですね。
重さはX-S1が約900g、K-5が1.2kgでした。

ついでに、GXRとの比較もw

写真 1


外観は一眼レフのようですが、レンズ交換は出来ません。
2/3型のセンサーを積んだレンズ一体型のデジカメなんですね。

レンズ交換が出来ないといっても、24-624mm!(f2.8〜5.6)という広角から超望遠までをカバーしたレンズを搭載しており、一眼レフ用の高倍率ズームよりもさらに高倍率!!

また、レンズ交換出来ないと言うことは、逆に言えば、そのレンズに最適化した設計が出来るということなんですよね。

R0036915

外観は全身にシボがはいったデザインで、プラスティックのボディにもかかわらず安っぽくは見えません。まるで車のダッシュボードのようです。

グリップの形状とグリップラバーの感触もいいですね。
手にしっくりと馴染みます。

R0037038

レンズ鏡胴部分のデザインは独特です。
真ん中の太い部分がズームリングで、ボディ側の細い部分がフォーカスリングです。

このズームリングは指の掛かりがよく、操作感は絶品ですね。
反面、このデザインのせいでミゾの中にホコリが溜まりやすいです。


R0037035

上面はこんな感じ。
モード切替、露出補正、連写切替ボタンに、機能を割り付けできるFn1ボタン。
右下の黒いダイヤルはコマンドダイヤルです。

他のメーカのカメラだと、ボディに埋め込まれていることが多いですが、このカメラではむき出しになっています。親指の第1関節あたりで操作すると意外に使いやすいです。


背面の液晶周り。

R0037040

R0037041

液晶の左側には、再生、AE、AF、ISO、WBの切替用ボタンが並びます。
よく使う機能がボタン一発で呼び出せるのはうれしい仕様です。

R0037044

液晶は縦にチルトします。
個人的には横開き型よりも、このように縦に動く形式の方が、撮影の軸線と視線が一致するので好きです。
上向きには水平まで開くことが出来ます。

R0037043

下向きはここまで。


R0037039

ストロボはこのような形でポップアップします。

さて、搭載のズームレンズです。
物差しがあったので背比べしてみましたw

R0037034

最短は広角24mm側で14cm位

R0037033

伸ばすと20cmほどの長さになります。

この長さで、624mmの超望遠!

撮影が楽しみです。


15447-3664-284987

« ピース! | トップページ | ノウゼンカズラ »

カメラ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚異の高倍率ズーム搭載!フジフィルム X-S1 〜外観編〜:

« ピース! | トップページ | ノウゼンカズラ »