広告

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

2018年8月16日 (木)

奥多摩湖から立ちのぼる虹♪

出不精のムスメを誘い、山梨までドライブ
お盆で高速道路は混むので、奥多摩越えでw
塩山の恵林寺まで行き、宝物館などを見てきました。
まあ、観光というよりは、車の中で好きな音楽を聴きながら
とりとめのないおしゃべりを楽しむといった感じのドライブです。


帰り道も奥多摩越え
奥多摩湖に差し掛かると、虹が見えました。
虹♪
虹♪ posted by (C)ものごいかっぱ

iphone8


「雨も降ってないのに虹が出てる!」
「あっちの方では降ってるのかも」
・・・と言っているうちに、雨が降り始めました。
やはりこの二人がそろっていると雨を呼びますwww

陽が差しているのに雨はザーザー!
「狐の嫁入りだね~」

「ほら、湖から虹が昇ってる!」

湖面から立ち昇る虹は初めてみましたよ♪

2018年8月14日 (火)

あまりに人間臭い戦国武将たちが見られる!
「中世より愛をこめて」展に行ってきました

インスタでたまたま見かけたユニークな甲冑のフィギュア
銀座のポーラミュージアムで開催中の野口哲哉さんの「中世より愛をこめて」という展覧会で展示されている作品と知り、見に行ってきました。

入り口を入って、最初に飾られていたのがこちらの絵
01ミケランジェロ-4297
01ミケランジェロ-4297 posted by (C)ものごいかっぱ

ん? どこかで見たポーズ!
甲冑を着ているけど、ミケランジェロの あの絵 ですよねぇ


そしてハートを描く鎧武者
想像していたより、かなり大きなフィギュアです。
02 ハート-4298
02 ハート-4298 posted by (C)ものごいかっぱ

03 ハート-4367
03 ハート-4367 posted by (C)ものごいかっぱ

手に持っているのは口紅です。
腰には刀の鞘のようにキャップを挿していました。
04 ハート_手に持つのはルージュ-4368
04 ハート_手に持つのはルージュ-4368 posted by (C)ものごいかっぱ


ガラスの壁に手をついていますが、この手の質感がすごい!
05 ハート_ガラスについた手がすごい-4366
05 ハート_ガラスについた手がすごい-4366 posted by (C)ものごいかっぱ


化粧品会社のミュージアムだけあって、展示方法もおしゃれ
06_展示場-4363
06_展示場-4363 posted by (C)ものごいかっぱ


展示スペースに入ると この三人が出迎えてくれます。
07 ポーラ三人衆-4300
07 ポーラ三人衆-4300 posted by (C)ものごいかっぱ

ポーラの水玉模様の床に立つ三人
股引も水玉模様です。

疲れちゃった武者
08 疲労困憊-4302
08 疲労困憊-4302 posted by (C)ものごいかっぱ

勇ましい姿の鎧武者しか見たことがありませんが、戦が終わった後はこんな感じなんでしょうね。

ほけ〜としているこのおじさん
09 ほけ~-4304
09 ほけ~-4304 posted by (C)ものごいかっぱ

兜は被っていますが、非常に質素な鎧なので、身分の低い徒士の兵なんでしょうね。

学校の机に頬杖をついて座るおじさん
10 頬杖-4305
10 頬杖-4305 posted by (C)ものごいかっぱ

机の上の花瓶がかわいらしいです。


手に野草を持ち憂い顔のおじいさん
11 愁い-4308
11 愁い-4308 posted by (C)ものごいかっぱ

なんとも切ない表情をしています。
足元には散ってしまった花が散らばっていました。

唐冠型の兜を被るふたり
12 唐冠のふたり-4315
12 唐冠のふたり-4315 posted by (C)ものごいかっぱ

13 唐冠のふたり-4314
13 唐冠のふたり-4314 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらもかなりお歳を召されているようですが、貫禄があります。
14 唐冠のふたり-4318
14 唐冠のふたり-4318 posted by (C)ものごいかっぱ

すごい後ろ立てをつけた雑賀衆風のおじさん
15 冴えない雑賀-4320
15 冴えない雑賀-4320 posted by (C)ものごいかっぱ

16 冴えない雑賀-4322
16 冴えない雑賀-4322 posted by (C)ものごいかっぱ

猫背な感じが本当に生きているよう!
17 猫背な雑賀-4321
17 猫背な雑賀-4321 posted by (C)ものごいかっぱ

鋭い視線を投げかけるおじさん
18 視線-4329
18 視線-4329 posted by (C)ものごいかっぱ

うなだれる水牛のおじさん
19 水牛のおじさん-4332
19 水牛のおじさん-4332 posted by (C)ものごいかっぱ


こちらは小さなフィギュアですが、足の質感とかリアルですごい!
20 水牛のおじさん-4333
20 水牛のおじさん-4333 posted by (C)ものごいかっぱ

渋い赤備えのおじさん
21 赤備え-4339
21 赤備え-4339 posted by (C)ものごいかっぱ


今回の展示で一番好きだったのがこちら
屈強な足軽のおじさん
22 足軽-4340
22 足軽-4340 posted by (C)ものごいかっぱ

鉢金をつけたハチマキ
胸には数珠
23 足軽-4342
23 足軽-4342 posted by (C)ものごいかっぱ

鉄の陣笠の質感が半端ない!
陣笠ってことは、武将ではなく足軽さんかと思いますが
歴戦のツワモノという雰囲気を醸し出しています。
24 足軽 陣笠-4343
24 足軽 陣笠-4343 posted by (C)ものごいかっぱ



・・・そして足元には・・・ランニングシューズ?!
25 足軽 ランニングシューズ-4341
25 足軽 ランニングシューズ-4341 posted by (C)ものごいかっぱ

"PUMA" ならぬ "HUMA"と書かれていますね〜
"風魔"ブランドでしょうかwww

シュールなのはこの展示
小さな木箱の中に収められた武将たち
背負った指物が突き出ている様は、まるで冬虫夏草!
26 冬虫夏草-4346
26 冬虫夏草-4346 posted by (C)ものごいかっぱ

最初は面白いと思いましたが、武将のポーズの生々しさもあり、不気味な感じもしますね。
27 冬虫夏草-4348
27 冬虫夏草-4348 posted by (C)ものごいかっぱ

そして昆虫採集の標本のように張りつけられた武将たち
28 標本-4359
28 標本-4359 posted by (C)ものごいかっぱ

微妙に首を傾げているところが 死 を感じさせて怖い感じがします。
29 標本-4353
29 標本-4353 posted by (C)ものごいかっぱ

今後、昆虫採集の標本を見るたびに思い出しそうです。
30 標本-4352
30 標本-4352 posted by (C)ものごいかっぱ

野口哲哉さんのこの世界
一見の価値があります!
入場料も無料なのでぜひとも足を運んで見てください。


野口哲哉
「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」
2018年7月13日(金)-9月2日(日)
11:00-20:00(入場は閉館の30分前まで)
入場無料/会期中無休


銀座のポーラミュージアムで 9/2 (日) まで開催しています。



作品集はこちら

野口哲哉作品集 ~中世より愛をこめて~



野口哲哉ノ作品集 「侍達ノ居ル処。」


2018年8月 8日 (水)

BMWミニに乗ってきました

ミニ・クーパーといえば、イギリスを代表するコンパクトカーです。
ローバー・ミニ というイメージがありますが、今はドイツの BMWミニ です。


前々から一度乗ってみたかったのですが、近くのディーラーで「全車種試乗会」をやっており、
その中に6MTの試乗車があったので、
「これは!」 
と思い、乗りに行ってみました。


MTのモデルはクーパーSという2Lターボのモデル
この車体に2Lターボ!とは驚きです。
mini 正面
mini 正面 posted by (C)ものごいかっぱ


mini 後ろ
mini 後ろ posted by (C)ものごいかっぱ

メーター回りもかっこいいですね
mini インパネ
mini インパネ posted by (C)ものごいかっぱ


よく見るとスピードメータが250km/hまであります。
100km/hでも真上に来ないので、街乗りでのスピード域ではメーターの振れ幅が小さすぎて見づらいです。


6速MTのリバースは1速のさらに左側にあります。
かなり力を入れてレバーを左側にもっていかないと入らず、最初は戸惑いました。

mini パネル
mini パネル posted by (C)ものごいかっぱ


エンジンのStart/Stopはなんとインパネの真ん中の赤いスイッチ!
面白い位置にありますね。
さらに戸惑ったのはウィンカーとワイパーのレバーの位置が日本車とは逆になっていること。
ディーラーから道路に出ようとしたときに、ウィンカーを出そうとして、さっそくワイパーを動かしてしまいましたwww


パッシングも左にあるウィンカーレバーについているので、うっかり右のレバーを動かしてしまうと、ウォッシャーが出てしまいますwww



それでは早速試乗に行ってみましょう。
1速に入れクラッチをつなごうとすると、遊びがなく、すぐにつながる感じ。
自分の車は少し遊びがあり、少しアクセルを開け気味にしてクラッチをつないでいかないとエンストしちゃいますが、同じように発進すると グンっ! と飛び出し気味になってしまいます。

低速トルクもあり、アクセル開けずにつないでも走り出せそうですね。
なんかアシスト入っているのかな? マニュアル車に慣れていなくてもエンストはしにくそうです。


走り始めると・・・  いや~速い速い!
トルクもあって常にパワーが感じられて楽しいです。
試乗では4速までしか入れられませんでした。


とはいえ、自分にとって、ミニの本命は1.5Lのモデル。
こちらはクーパーではなく、ONEという一番ベーシックなモデルについても試乗させてもらいました。
ONEの試乗車はAT(あとで7速DCTと判明!)でしたが、こちらもターボ付きということもあり、十分なパワーがありました。

むしろ過剰なパワーでない分、楽しく走れる感じでした。

mini ハッチ
mini ハッチ posted by (C)ものごいかっぱ

mini
mini posted by (C)ものごいかっぱ

え~な~!
乗っちゃえば後席の膝回りはこれだけ余裕があるので、そんなに窮屈感はないのですが、
3ドアは、やはり乗り降りが大変。
後席を使うことを考えると5ドアがいいのですが、MT車は3ドアモデルにしか設定がありません。


とりあえず費用感をと思い、見積もりだしてもらったら・・・
結構高いのね・・・
車両価格が240万くらいだったけど、総額380万を超えてるし・・・
ぶっ飛んでしまった・・・


うちに帰って来てから、改めてシビックの見積もりと比べて見ました。

ミニONEの本体244万に対してシビックは280万
シビックはLEDヘッドライト、バックカメラやETCが標準なのに対し、ミニはオプションなので、
この辺りの装備を合わせると、車両価格はほぼ同じくらいの値段になりますね。



しかしminiのボディカラーはほとんどが有料
加えて、点検パックや延長保証、手数料の項目を比較してみると、こういうところで結構な差額がでてるのね。
見積もりに入っていた不要なオプションを外し、レベルを合わせて比較してみると +20万くらいミニの方が高くなるという結果になりました。


でも一番ベーシックなミニでこの値段か〜!
なかなか厳しいですね。

2018年8月 7日 (火)

三峰神社の龍たち

三峰神社の拝殿前にある手水舎には色鮮やかな龍がいっぱい
三峰神社_龍-8188
三峰神社_龍-8188 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF23mm f2

とても生き生きとしていて迫力のある彫刻です。
三峰神社_龍-8192
三峰神社_龍-8192 posted by (C)ものごいかっぱ

三峰神社_龍-8187
三峰神社_龍-8187 posted by (C)ものごいかっぱ


三峰神社_龍-8191
三峰神社_龍-8191 posted by (C)ものごいかっぱ




平成24年辰年に、拝殿の前の敷石に現れた龍だそうです。
三峰神社_神龍-8194
三峰神社_神龍-8194 posted by (C)ものごいかっぱ


不思議な現象ですね。

2018年8月 4日 (土)

三峰神社の狼たち

秩父にある三峰神社
ここはお犬様信仰の場所ということで、狛犬は狼です。
三峰神社_狼-8180
三峰神社_狼-8180 posted by (C)ものごいかっぱ


三峰神社_狼-8182
三峰神社_狼-8182 posted by (C)ものごいかっぱ


三峰神社_狼-8183
三峰神社_狼-8183 posted by (C)ものごいかっぱ


三峰神社_狼-8186
三峰神社_狼-8186 posted by (C)ものごいかっぱ


三峰神社_狼-8205
三峰神社_狼-8205 posted by (C)ものごいかっぱ


三峰神社_狼-8206
三峰神社_狼-8206 posted by (C)ものごいかっぱ


痩せっぽちで野性味あふれる狼がいる一方
愛嬌のある狼さんもいますね。


2018年7月29日 (日)

所沢にある戦国の城 滝の城

滝の城_01空堀-8212
滝の城_01空堀-8212 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF23mm f2 R

ここは埼玉県の所沢
東所沢駅の先、関越道の所沢ICからも近い場所にある滝の城という戦国時代の城跡です。
自宅から車で1時間弱で行ける場所にこんな城跡があったなんて!

二の郭(二の丸)周りの空堀はすごい迫力です。
滝の城_02空堀-8230
滝の城_02空堀-8230 posted by (C)ものごいかっぱ


この城は、北条氏の時代には八王子市にある滝山城、八王子城の支城として使われ、豊臣秀吉の小田原攻めの際に浅野長政に攻め落とされたそうです。


主郭(本丸)の土塁と空堀
滝の城_03主郭の土塁-8232
滝の城_03主郭の土塁-8232 posted by (C)ものごいかっぱ

すごい高さがありますね
お城の空堀の中へ立ち入り、歩くこともできるようになっているので、土塁のすごさを実感することができます。

主郭の中には、なかなか立派な神社が建っています。
滝の城_04主郭_城山神社-8222
滝の城_04主郭_城山神社-8222 posted by (C)ものごいかっぱ


滝の城_05主郭_城山神社_狛犬-8218
滝の城_05主郭_城山神社_狛犬-8218 posted by (C)ものごいかっぱ


滝の城_06主郭_城山神社_狛犬-8219
滝の城_06主郭_城山神社_狛犬-8219 posted by (C)ものごいかっぱ


滝の城は、25mの高さの河岸段丘の上に作られており
主郭からの眺めは壮大です。
滝の城_07主郭からの眺め-8220
滝の城_07主郭からの眺め-8220 posted by (C)ものごいかっぱ

あっちょうど貨物列車が通っていますね

お城の南側は急崖、北側は三重の堀と土塁で守られているのだそうです。

二の郭の空堀のあたりを歩いていると、突然現れた石像たち
滝の城_08二の郭空堀の石仏-8213
滝の城_08二の郭空堀の石仏-8213 posted by (C)ものごいかっぱ

不動明王さまの周りの石像がちょっと怖い雰囲気・・・
滝の城_12二の郭空堀の石仏-8214
滝の城_12二の郭空堀の石仏-8214 posted by (C)ものごいかっぱ


気がつくと、こちらにも不動明王さま
こちらは背中に背負っている炎が非常に凝っています
滝の城_09二の郭空堀の石仏-8215
滝の城_09二の郭空堀の石仏-8215 posted by (C)ものごいかっぱ


よくみると草の中に埋もれていますが、たくさんの石像がありますね。
ちょっと怖い感じがします。
滝の城_10二の郭空堀の石仏-8216
滝の城_10二の郭空堀の石仏-8216 posted by (C)ものごいかっぱ

滝の城_11二の郭空堀の石仏-8217
滝の城_11二の郭空堀の石仏-8217 posted by (C)ものごいかっぱ

2018年7月28日 (土)

クールなフィルムカメラ KONICA 2

メルカリで見つけ、一目惚れして買ってしまったKonica2
konica2
konica2 posted by (C)ものごいかっぱ

手元に届いたので操作してみます。
巻き上げて、シャッターをチャージしてレリーズ
ごく低速のシャッタースピードは怪しげですが、それなりにちゃんと動いている感じがします。
早速フィルムを詰めて試写してみます。
ちょうど出張で京橋へ行ったので、帰りがけにKITTEに寄ってみました。

konica2_kitte-000002
konica2_kitte-000002 posted by (C)ものごいかっぱ

1枚目をパチリ
巻き上げて2枚目をパチリ
巻き上げて・・・・・
あれ? 巻き上げダイヤルがぐるぐる回って止まらない!
何周か回してからようやく止まり、再び撮影

konica2_kitte-000003
konica2_kitte-000003 posted by (C)ものごいかっぱ

フィルム入れていない時はちゃんと1枚分の巻き上げで止まるのに、
フィルムを入れると巻き上げが安定しない!
巻き上げとシャッターチャージは別の機構となっているので、
一枚分位巻き上げたところで撮影できないかと試してみましたが、
巻き上げダイヤルが止まるまで回さないとシャッターが切れないみたいです。

konica2_kitte-000004
konica2_kitte-000004 posted by (C)ものごいかっぱ

室内だけでなく屋外での写りも見たかったので、奥多摩でもパチリ

konica2_bridge-000006
konica2_bridge-000006 posted by (C)ものごいかっぱ

現像が上がって来たのを見るとちゃんと写ってますね。
でも24枚撮りのフィルムで、撮影できたのは7枚だけ orz
Konica2巻き上げ障害
Konica2巻き上げ障害 posted by (C)ものごいかっぱ

このままじゃ使えないですね〜
直せるかな〜

2018年7月18日 (水)

紫陽花

紫陽花-7980
紫陽花-7980 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

今年は全然玉川上水を散歩してないな〜
玉川上水の紫陽花も、ほとんど撮ってない


雨の日の通勤途中に、車を止めて少しだけ撮った紫陽花

アップするの忘れてたわ〜

2018年7月14日 (土)

ソデノシタ?


ソデノシタ?-8130
ソデノシタ?-8130 posted by (C)ものごいかっぱ

FUJIFILM X-Pro2 with XF23mm f2.0

「きれいだね〜 ソデノシタ!」


・・・ソデノシタ?

・・・ユキノシタだよね・・・わざと言ってる? (笑)

2018年7月13日 (金)

ヤフオク沼から引き上げたもの〜パイロット エラボー

前から興味あったんですよね〜
数日前にヤフオクで見つけて、とりあえず入札しといたら、そのまま落札しちゃいましたwww
パイロット エラボー
パイロット エラボー posted by (C)ものごいかっぱ

万年筆はもう買わない!
などと思っていましたが、落札しちゃったものはしょうがない・・・
(入札するなよ!www)

パイロット エラボー
パイロット エラボー posted by (C)ものごいかっぱ

この特徴あるペン先!
パイロット万年筆のエラボーです。

「柔らかいペン先」という言葉に弱いわたし・・・
この変わったペン先の書き味にとっても興味がありました。

パイロット エラボー ペン先
パイロット エラボー ペン先 posted by (C)ものごいかっぱ

書き味は、ややカリカリするものの、ペン先がよくしなり、リズミカルに書けますね。

パイロット エラボー ペン先 サイド
パイロット エラボー ペン先 サイド posted by (C)ものごいかっぱ


パイロット エラボー ペン先の汚れ
パイロット エラボー ペン先の汚れ posted by (C)ものごいかっぱ

一つだけ気になるのは、キャップを外した時にペン先にインクが滲んでいること。
ペン先をきれいに拭いてしまっても、キャップを外すと毎回こんな感じになっています。

とは言え弾力のある書き味と、書いた文字の線に強弱が明確につく面白さに、当面職場での主力となりそうです。

«ホンダ シビック 1800mmという車幅