気になるカメラ

GXR おすすめレンズ

みんぽすモノフェローズ

みんぽす

2017年10月16日 (月)

奥多摩の古い本屋さん

奥多摩へ行く途中、古い古い佇まいの本屋さんがあります。
奥多摩の本屋さん-5988
奥多摩の本屋さん-5988 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4R


奥多摩の本屋さん-5989
奥多摩の本屋さん-5989 posted by (C)ものごいかっぱ

調べて見ると、多摩書房さんっていうんですね。
JR中央線(青梅線)の二俣尾(ふたまたお)駅(無人駅なんですかね)の前にあります。

青梅街道沿いで、いつも車で通りかかり、気になっているんですが、近くに車停める場所あるかな?
店の前に路駐するのは、ちと危ない感じなので、まだ立ち寄れないでいます。

2017年10月11日 (水)

SUBARU MAGAZINE vol.12 は レガシィ特集!

SUBARU MAGAZINE vol.12 の特集は

やっぱりレガシィ!


SUBARU MAGAZINE(vol.12) SUBARUフラッグシップの魅力を再検証やっぱりレガシィ!! (CARTOP MOOK)

歴代のレガシィを特集しています。

事故にあった愛車のレガシィの修理が完了するのが、どうやら10月末以降までかかりそうという連絡を受け、さみしく思っていたところにこの特集! 
思わず買ってしまいましたよ♪


早く乗りたい!


事故にあってから早一ヶ月。
ますます恋い焦がれる気持ちが強くなっています。


amazonはこちら

SUBARU MAGAZINE(13) (CARTOPMOOK)

2017年10月 9日 (月)

トヨタ カローラフィールダーに乗る〜走りと燃費編〜

レンタカーでお借りしたカローラフィールダーは、1.5L NAエンジンで、トランスミッションはCVTのタイプ
Aピラー
Aピラー posted by (C)ものごいかっぱ

エンジン音はとっても静かで、乗り心地も柔らかいです。
街乗り、普段使いには、とてもいい車だと思います。


・・・でも、柔らかい足回りは、交差点などのカーブでも、なんか腰砕けしているというか、ぐにょっという感じがして、自分には馴染めません。
カッチリしているけどしなやかなレガシィの足回りの良さを再認識しました。

シフトレバーはゲート式で、ちょっと慣れれば、手元を見ずに操作できて使いやすいです。
シフトレバー
シフトレバー posted by (C)ものごいかっぱ

DモードはEco運転するようになっているので、反応は鈍め。
タコメーターを見ていると、街乗りでは1000rpmをずっとキープしている感じです。

隣にあるSモードはスポーツ?
と思ったらATの2速みたいですね。
ある程度スピードが出ていると、エンジンの美味しいところを使うというよりも、回転が上がりすぎている感じ。


通常はDモードで走っていて、車線変更とか上り坂とか、瞬発力やパワーが欲しいときに、Sモードに入れています。


わからなかったのがBというモード。
スバルのディーラーさんもよくわからないってw
調べてみるとBはエンジンブレーキの意味らしいです。

マニュアル車の場合、結構エンジンブレーキが効きますので、首都高の代々木あたりの連続したカーブなんかは、3速に入れておけば、アクセルワークだけでスピードをコントロールできたりするのですが、オートマ車はエンブレが効かないので、ちょっと減速したいというときにもブレーキを使わなくてはなりません。
そんなときにSモードにすると少しエンジンブレーキが効いてくれ、さらに減速したいときにはBモードにすると、もう少し強くエンジンブレーキが効いてくれます。


そんな感じでCVT車にも関わらず、ちょいちょいシフトレバーを動かしながら350kmほど走りました。
山梨の甲府から府中までの高速道路、埼玉県の飯能の方にある巾着田へのドライブ、あとは15分程度の通勤と買い物といった使い方で給油したところ、燃費は11.6km/Lといったところ。

思ったより悪いですね。
大柄なボディに1.5LのNAエンジンですから、若干荷が重いのかも。
燃費を意識した走りをしていないってものありますけど ^ ^;

でも同じような使い方をした場合、レガシィは8〜9km/L位走るので、もっと頑張って欲しいところです。
まあ街乗りオンリーだと6.5km/L程度ですが・・・ ( ^◇^;)

2017年10月 8日 (日)

トヨタ カローラフィールダーに乗る〜運転視界編〜

今の愛車の3代目レガシィは非常に運転席からの視界が良く、とても運転しやすい車です。
その前に乗っていた2代目レガシィも「視界」にこだわって作られた車でした。
そんな車に20年以上も乗っていたこともあり、自分も運転する車の「視界」にはとてもこだわってしまいます。


さて、カローラフィールダーですが、フロントの柱、Aピラーの位置もよく、邪魔にならないですね。
Aピラー
Aピラー posted by (C)ものごいかっぱ


バックミラーはドアからにょっきり生えてるタイプ
ミラー
ミラー posted by (C)ものごいかっぱ

最近の車はみんなこのタイプになっていますね。
あまりかっこよくはないのですが、Aピラーとミラーの間に隙間があるので死角が少なくなっています。
逆三角形のミラーは、バックするときに足元までよく見えるのでありがたいです。

最近の車で軽視されているのが、左後方視界
デザイン優先で、後席窓が狭いものが多いのですが、カローラフィールダーはしっかりと大きな窓となっており好感が持てます。
右後ろ
右後ろ posted by (C)ものごいかっぱ

ここの視界が悪いと、X字型の信号のない交差点とかで左からくる車が見えず、怖い思いをしたりします。

車体後部も変に絞り込まれていないため、リアウィンドウの視界もいいです。
後ろ
後ろ posted by (C)ものごいかっぱ

最近の車はデザイン優先(窓の小さい車はかっこいいとも思わないんですが・・・)で悪くなった視界をカバーするためにセンサーをつけるといったことが行われていますが、安全の基本はまず視界だと思うんですよね。
車というものの性格を考えた場合、そこをきちんと確保した上でデザインすべきだと思うのですが・・・
メーカーは、衝突軽減ブレーキとか斜め後ろの車の存在を警告するセンサーとか、いろいろな装置を付加して安全をアピールしようとしていますが、一番の基本の部分がないがしろにされている車が多いと感じます。


そんな意味でカローラフィールダーは、基本に忠実で実直に作られたいい車だと思います。

トヨタ カローラフィールダーに乗る〜内装編〜

事故にあったレガシィの代車として借りたレンタカーのトヨタ カローラフィールダー
内装を見てみましょう。

まずは運転席のメーター周り
メーター回り
メーター回り posted by (C)ものごいかっぱ

アナログのスピードメーターを中心に、タコメーター、水温計が付いています。
シンプルですがとても見やすいです。
最近はデジタルのメーターも増えていますが、数字を読みとらなければならないデジタルよりも、針の位置で状況を確認できるアナログのメーターの方が好みです。

ハンドルはウレタンですが、革っぽいデザインとなっていてかっこいいです。
ハンドル
ハンドル posted by (C)ものごいかっぱ


ハンドル
ハンドル posted by (C)ものごいかっぱ


ナビ画面とエアコンコントロールダイヤル
ナビ、エアコン
ナビ、エアコン posted by (C)ものごいかっぱ

ナビはパナソニックのナビが付いていましたが、レガシィで使用しているポータブルナビのゴリラと同じ操作系で使いやすいです。
エアコンもフルマニュアルですが、レガシィのオートエアコンでも、風量とかオートで使わないので、何度もボタンを押して設定を変えなきゃいけないオートよりもある意味使いやすいです。

ミラー調整部分
ライトレベライザー
ライトレベライザー posted by (C)ものごいかっぱ

ミラーの格納は右上の四角いボタンですが、暗いところだとどこにあるのかわからず、慣れるまでちょっと戸惑いました。
その下にはなんとライトの上下の向きを微調整するレベライザーが付いています。
荷物を積むワゴンにとりこれはありがたい装備です。


ドアの内側には肘の置けるスペースがあります。
ドア回り
ドア回り posted by (C)ものごいかっぱ

これは「お〜肘が置ける!」といって、えらくムスメが気に入っていました。
これだけで、「もうこの車でいいじゃん」とまで・・・・ (笑)


シフトはゲート式
シフトレバー
シフトレバー posted by (C)ものごいかっぱ

とっても使いやすいですね。
Sはスポーツモードかなって想像つくんですが、Bってなんだろう?
スバルディーラーの人に聞きましたが、よくわからないってwww
後で調べるとCVT車についているモードでエンジンブレーキ用らしいです。

さて後席です。
後席からの眺め
後席からの眺め posted by (C)ものごいかっぱ

後ろの席も広々としています。
窓も広いので開放感があります。

後席足元
後席足元 posted by (C)ものごいかっぱ

足元も広々
162cmの私が運転席に座ると、その後ろはさらに広々です。

後席のひろさ
後席のひろさ posted by (C)ものごいかっぱ


お〜床面がフラットなんですね。
フラットな床
フラットな床 posted by (C)ものごいかっぱ

左右の座席間の床にトンネルの盛り上がりがなく、真っ平ら!

このおかげもあり余計に広く感じますね。


トヨタ カローラフィールダーに乗る〜外観編〜

愛車のレガシィが山梨で追突事故にあい、運び込んだ山梨スバルさんで手配していただいたレンタカー
「インプレッサかXVあたりのクラスで」とお願いしたところ、やって来たのはカローラフィールダーでした。
フロント
フロント posted by (C)ものごいかっぱ

「スバル車じゃないんかい!(笑)」
ディーラーの営業さんが手配してくださったのですが、レンタカー会社の方から「御社のお車でなくて大変恐縮なんですが・・・」と言われたそうです(爆)
1.5Lくらいで荷室のあるワゴンボディのレンタカーというと、コストパフォーマンス的にこれなんだろうなぁって感じです。

サイド
サイド posted by (C)ものごいかっぱ

レガシィよりも車高が高く、厚ぼったい印象です。
ボディの高さがあるので、後席の窓ガラスが全開にできるのがいいですね。
(レガシィは後輪との関係で斜めにガラスが残ります)

リヤビュー
リア
リア posted by (C)ものごいかっぱ

車体色が黒ってのもありますが、「華がない!」です(笑)
どこかに出かけていって駐車場に置くと、戻って来たときにどこにあるかわからなくなります。

レガシィはどこに置いてもすぐにわかりましたからね
IMG_5501
IMG_5501 posted by (C)ものごいかっぱ

荷室は広いですね。
荷室
荷室 posted by (C)ものごいかっぱ

事故にあったとき、レガシィには折り畳み自転車を積んでいたので、そのまま積み替えて持って帰ることができました。
濃色ガラスでないので中が丸見えですが、後で床下収納の中にトノカバーが入っていました。
邪魔になる時は床下にしまえるってのはいいですね。
レガシィはトノカバー外すと置く場所がなくて困りますから。


2017年10月 4日 (水)

飯能 観音寺のイラスト絵馬

飯能恵比寿神社の隣にある観音寺
絵馬が掛けてあったので見てみると・・・
飯能観音寺_絵馬-6073
飯能観音寺_絵馬-6073 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


お〜! みんなイラストが描かれてますね♪

木の退色具合から結構昔に描かれたようですね。

飯能観音寺_絵馬-6072
飯能観音寺_絵馬-6072 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらには新しそうなカラフルな絵馬もありましたよ♪

2017年10月 1日 (日)

飯能恵比寿神社の招きネコ

巾着田へ行く途中に見かけた鳥居に魅かれ、立ち寄りました。
飯能恵比寿大神の幟
飯能恵比寿神社-6101
飯能恵比寿神社-6101 posted by (C)ものごいかっぱ
FIJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


飯能恵比寿神社-6087
飯能恵比寿神社-6087 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらの境内には、飯能恵比寿神社、諏訪八幡神社、そして丹生大明神が祀られています。


飯能恵比寿神社-6086
飯能恵比寿神社-6086 posted by (C)ものごいかっぱ


飯能恵比寿神社-6088
飯能恵比寿神社-6088 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらの丹生大明神の社に魅かれるものがあり、近づいて行くと・・・・・

飯能恵比寿神社-6089
飯能恵比寿神社-6089 posted by (C)ものごいかっぱ

あっ!ねこちゃんがいます♪


飯能恵比寿神社-6093
飯能恵比寿神社-6093 posted by (C)ものごいかっぱ

じ〜〜・・・
ガン見されてしまいました・・・・


2017年9月30日 (土)

わんわんにゃんにゃん

巾着田_わんこ-6292
巾着田_わんこ-6292 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with Nokton 50mm f1.5

巾着田で見かけたわんわん
いや〜かわいい♪─O(≧∇≦)O─♪
カートにもこの子たちのイラストがついてますね〜♪


巾着田_にゃんこ-6293
巾着田_にゃんこ-6293 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with Nokton 50mm f1.5

そして帽子をかぶったニャンコちゃん
大勢の人に囲まれていましたが落ち着いていますね。
他人が来ると、どこかに隠れて出てこないうちのポンちゃんとはおおちがいですw

2017年9月29日 (金)

石研ぎ

巾着田って、曼珠沙華を見るだけでなく、川遊びもできます。
河原に行くと、ムスメは何を始めるかというと 「石研ぎ」
巾着田_舞-6263
巾着田_舞-6263 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with Nokton 50mm f1.5


綺麗な石を見つけて拾い、水をつけて大きくて平たい石の上でゴリゴリと、なめらかにしようと研いでいますw

巾着田_カエル-6264
巾着田_カエル-6264 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with Nokton50mm f1.5


そんなムスメの姿を、小さなカエルが眺めていました。


«巾着田のクワガタムシ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

楽天

  • 楽天

GXRパーフェクトマニュアル

MountA12 World