GXR おすすめレンズ

みんぽすモノフェローズ

みんぽす

2017年12月17日 (日)

sotのプエブロレザーにハマる

『かっぱの革ながれ』 と言われるほど革好きな私ですが、
最近は sot さんの製品にハマっています。
その中でも今一番好きなのが「プエブロ」という革
独特の質感を持っており、エイジングしていくと濃厚で深い艶に変わっていくそうです。
(お店にエイジングした製品も置いてあり、とても同じ革とは思えないほど変化していてびっくりします)

今回、初のプエブロレザーとして、長財布を購入しました。
前から定番品のブラウンのものがずっと気になっていて、お店に行くたび眺めていたのですが、
今の時期、クリスマス限定バージョンが出るということで見に行き、ブラウンと限定品とでしばらく迷ったのち
クリスマスバージョンの方を購入することにしました。
sot_財布_表-3881
sot_財布_表-3881 posted by (C)ものごいかっぱ

表の革は着色していないタイプ
よりエイジングしやすく、濃厚な色になって行くそうです。

そして内側にも注目
sot_財布_開き-3880
sot_財布_開き-3880 posted by (C)ものごいかっぱ

緑色の革が使われており、表情が変わります。

sotのプエブロレザーシリーズは、内張りの布がまた美しい。
sot_財布_内張り-3884
sot_財布_内張り-3884 posted by (C)ものごいかっぱ

甲州織という布が使われています。
お財布を使う時に、ちらりと見える この深い青色と和を感じさせる模様がとてもいいんですよ。


今回、購入特典として革のカバーがついたボールペンをいただきました。
"最後の1本" だそうです。 ラッキー♪
sotノベルティペン
sotノベルティペン posted by (C)ものごいかっぱ

sotノベルティペン
sotノベルティペン posted by (C)ものごいかっぱ



sot (ソット) プエブロ レザー ロングウォレット 長財布 ファスナー付小銭入れ 本革 財布 キャメル/ダークブラウン/ブラック



sot (ソット) プエブロ レザー ショートウォレット 二つ折り財布 ボックス型小銭入れ付 本革 財布 キャメル / ダークブラウン / ブラック



sot(ソット) プエブロ レザー ラウンドファスナー付 長財布 ファスナー小銭入れ付 本革 財布 キャメル/ダークブラウン/ブラック

2017年12月15日 (金)

今年も丸の内のKITTEにホワイトクリスマス ツリーがやってきました。

丸の内にあるKITTEの吹き抜けに、今年も巨大なクリスマスツリーがやってきました。
KITTE_02ツリー-3873
KITTE_02ツリー-3873 posted by (C)ものごいかっぱ FUJIFILM X70

装飾は何もなく、もみの木に真っ白な雪が積もっているツリーですが、
豪華に飾り立てたどのツリーよりも神々しく、美しいんです。
そして、空から降りしきる雪のような装飾も美しいですね。

KITTE_03ツリー-3865
KITTE_03ツリー-3865 posted by (C)ものごいかっぱ

白 というのは何色にも染まります。
30分ごとにライトアップショーが行われており、ツリーは様々な色に染まります。 KITTE_01ツリー-3876
KITTE_01ツリー-3876 posted by (C)ものごいかっぱ

KITTE_04ツリー-3867
KITTE_04ツリー-3867 posted by (C)ものごいかっぱ

KITTE_03ツリー-3856
KITTE_03ツリー-3856 posted by (C)ものごいかっぱ

KITTE_05ツリー-3859
KITTE_05ツリー-3859 posted by (C)ものごいかっぱ

この色、綺麗なんですが、花粉をたっぷりと実らせた杉のように見えてしまいましたwww

KITTE_06ツリー-3858
KITTE_06ツリー-3858 posted by (C)ものごいかっぱ

周りの壁面に映り込むツリーの姿も美しいですよ。
ツリーだけでなく、ちょっと周りも見回して見てくださいね。
KITTE_07ツリー-3866
KITTE_07ツリー-3866 posted by (C)ものごいかっぱ

2017年12月13日 (水)

五郎八姫とポン

縁あって我が家にやってきた五郎八(いろは)姫ですが、猫は縄張り意識が強いということで、先住のポンちゃんが「シャー!」と威嚇してきます。
仕方がないので、ムスメの部屋で飼うことにし、皆が出かけているときはドアを閉め、人がいるときはドアを開けておくようにしました。
時々ポンちゃんがドアの外から様子をうかがったり、五郎八を見つけるとにらみ合い、「シャー!」と威嚇していました。
いろはとぽん
いろはとぽん posted by (C)ものごいかっぱ

ところが今朝は、五郎八が部屋から出てきてリビングまでやってきましたが、ポンは威嚇することもなく、静観の構え。
そこで五郎八用の餌入れを持ってきたら、ポンちゃんがつまみ食いを始めました。
ぽんといろは
ぽんといろは posted by (C)ものごいかっぱ

ポンちゃんはずいぶん前からカリカリ(ドライフード)を全く食べなくなりウェットのエサばかり食べていますが、人のところにあるカリカリは食べるようです。www
五郎八もポンのウェットフードをつまみ食い
これで仲良くなるかな?
今日は皆が出かけた後も、このまま2人で過ごさせてみます。

2017年12月11日 (月)

ホンダ シビック ハッチバックにいよいよ試乗

さて、いよいよシビックハッチバックに試乗です。
CIVIC&LEGACY-
CIVIC&LEGACY- posted by (C)ものごいかっぱ

試乗車はCVTしかありません。
ちなみにCVTとMTではエンジンの出力もちょっと異なります。










最高出力最大トルク
 6MT 182ps/5500rpm24.5kg/1900-5000rpm
 CVT 182ps/6000rpm22.4kg/1700-5500rpm


【運転ポジション】
「低い低い」と聞いていたので、スポーツカーのような低さを想像していたのですが、
座った感じは「思ったより低くない」でした。
(この辺りはかなりの先入観があったので何度か乗ると変わるかも)
シートリフターが付いているので、ある程度シートポジションをあげることもできます。

運転席に座ったらまずは視界のチェック
長年視界が素晴らしくいいレガシィに乗っているので、運転視界にはこだわってしまいます。

【前方視界】
まず、気になっていたのがAピラーの位置
運転中、柱を意識することもなく、問題なさそうです。

【左後方視界】
後席窓が小さかったりDピラーが太いと、この方向の視界が悪くなり、反対車線の道路に斜めに進入する場合などに、左方向から来る車が見えず怖い思いをします。
シビックは最近の車にしては、この方向の視界も悪くないと思います。

CIVIC後ろ
CIVIC後ろ posted by (C)ものごいかっぱ

【後方視界】
リアウィンドウがかなり寝ているので、後方視界が悪そうに見えますが、斜めのリアウィンドウから、バックドア垂直面にかかる黒い部分もガラスになっているので、見える範囲は広いです。
最近の車はリアウィンドウが小さいものが多く、ルームミラーにはトンネルのように映る車が多いのですが、
シビックはルームミラー全体で後方が確認でき、好感が持てます。

【エンジン始動】
スターターはプッシュボタン式
ボタンを押すと、メーターがアニメーションで表示されますが、その動きは派手派手しくて、ちょっとうざいです。
メーターはアナログ表示のタコメータの中に、速度がデジタル表示されます。
個人的にはデジタル表示は嫌いなので、速度もアナログメーターにして欲しかったです。

【サイドブレーキ】
電子式になっています。
小さなスイッチを上に上げるとサイドブレーキ・オン
押し込むと解除となるようです。
単なるスイッチなので、見てもサイドブレーキがかかっているのか解除されているのかがわからず戸惑いました。
メーターパネル上に、サイドブレーキの状態を示すインジケーターがあるので、そこを見れば状態がわかるとのことです。

【静粛性】
いろんな試乗レポートを見ると、「ロードノイズが大きい」という声が多いですね。
試乗の際、オーディオを止め、窓を開けて乗っていたので、静粛性はわかりませんwww
まぁ、マニュアル車を運転するときは、エンジン音と車の挙動を感じながら運転するので、
静粛性の高すぎない方が運転しやすいんですよ。

【エンジン】
走り出して感じたのはエンジンのパワフルさ。
1.5Lターボエンジンは実にパワフルで、普段2Lターボのレガシィに乗っている私でも
満足できるだけのパワフルさがあります。
試乗車はCVTでしたが、終始頬が緩みっぱなしw
AT/CVT車で運転していて楽しいと感じたのは、ほんと久しぶり。
これはぜひMTに乗ってみたいですね〜♪

【足回り】
そして意外だったのが乗り心地のよさ!
40扁平の薄っぺらい18インチタイヤなので、ゴツゴツした乗り味を想像してしまいますが、
サスはしっかりしていて固めですが、路面の凸凹は柔らかくいなしてくれるので不快なゴツゴツ感、
突き上げ感がありません。
今の愛車、ビルシュタインサスのレガシィGT-Bと同じような感触で好印象です。
丸一日借りて、奥多摩あたりまで試乗したいですね。
ホンダさん、貸してくれないかな〜

【車両感覚】
通常の試乗コースではなく、普段自分が走っている道を走らせてもらいました。
かなり狭い道が多いので、1800mmという車幅の影響が、どのように感じられるのかを知りたかったのです。
狭い道ではやはりこの車幅は気を使いますが、運転視界の見え方はよいので、危惧したほどのことはありませんでした。
次の機会には、是非とも1800mm以下の制限がある自宅の機械式駐車場にも、車庫入れを試させてもらおうと思います。

【安全装備】
ホンダセンシングと呼ばれるものがあり、衝突軽減ブレーキや全社追随型のクルーズコントロールが付きます。
CVTだけでなく、MT車にも付くところがマツダ同様、ありがたいところです。
もちろん完全に電子制御可能なCVT/AT車とは異なりMT車にはいろいろ制限があります。
実際の速度に合わせて自分でシフト操作が必要とか自動運転まがいのことはできないとか・・・
でもそれは全然構わないんですよね。
MT車の場合は、人がコントロールすべきところは人が行い、人がミスをした時には介入して少しでも被害を軽減してくれればいいと思っています。
スバルの技術者は、「自動ブレーキで停止させた際に、エンジンを止めないようにしないといけないから、MTにアイサイトの類はつけられない」といったことを、言っている記事を読みましたが、人がクラッチを踏めない状況ならエンストさせないと危険なんですよね。
考え方が根本から間違っていると思いました。
MT車にもきちんと安全装備を設定してくれている、ホンダ、マツダのアプローチは素晴らしいと思います。

【燃費】
カタログ上の燃費はMTで17.4km/Lですか。(CVTは18km/L セダンは19.4km/L)
色々な試乗レポなどをみると、実燃費は11km/Lくらいですかね。
燃料はハイオクガソリンです。(セダンはレギュラー)
燃費志向の人の場合は、この辺りがネックとなるかもしれません。

ちなみにうちのレガシィは、カタログ燃費は11.4km/Lですが、
実燃費は、街乗り6.5km/L 高速9〜10km/L程度。
もちろんハイオクです。
今まで乗り継いだ180SX、2代目レガシィ、今の3代目レガシィとみんなだいたいこんな燃費なので、
全然問題ないですねwww

【その他】
シビックハッチバックは、1グレードの展開でオプション設定もいまいちな感じ
サンルーフ設定してくださいよ!ホンダさん!

シビックは想定を大幅に超える注文が入り、今注文しても納期は来春だとか・・・
しかもハッチバックは何故かイギリス製の輸入車(セダンは埼玉)なので、
なかなか納期短縮というのは難しいようです。
しかしハッチバックの35%がMTの注文だそうで、まだまだ日本にもMTに乗りたい人はたくさんいるんだ!
って安心しました。
この状況をみて、メーカがもっとMTの選択肢を増やしてくれることを期待します。


2017年12月 8日 (金)

ホンダ シビック ハッチバック 内外装編

ついに我慢しきれず、ホンダディーラーへ行き、シビックハッチバックの現物を見てきました

まずは外観から
CIVIC前
CIVIC前 posted by (C)ものごいかっぱ

なんともガンダムチックで大仰な感じですが、まあ悪くはありません。
結構複雑なラインをしていますね。
タイヤは18インチ 235/40R18 というサイズ
うわ〜!こんなに薄っぺらいタイヤやだな〜
すぐにホイールをヒットしそう・・・
個人的にはサイドウォールは50位の厚みがあった方が好きです
このサイズだと履き替えコストも高そうです。

CIVIC後ろ
CIVIC後ろ posted by (C)ものごいかっぱ

テールランプのデザインも個性的
バンパー部の黒いエアインテークっぽいところはダミーです。


シビック荷室
シビック荷室 posted by (C)ものごいかっぱ

荷室は広いですね〜
右上に見えるのはトノカバー
なんと横にするするっと伸ばすタイプ
考えましたね〜
これなら広げたままでも、ほとんどの荷物の出し入れに支障は出ないですね。

運転席
シビック運転席
シビック運転席 posted by (C)ものごいかっぱ

シフトレバーのあるセンター部は、ずいぶんと高さがありますね。
まるでスポーツカーのような雰囲気ですね。
とても包まれ感のある運転席です。
人によっては、窮屈に感じるかも。

座席は手動調整式で、上下の調整も可能です。

後席にも乗り込んでみます。
シビック後席から前を望む
シビック後席から前を望む posted by (C)ものごいかっぱ

シビック後席
シビック後席 posted by (C)ものごいかっぱ

162cmの私が運転席の位置合わせをした場合、後席の膝スペースはこれだけあります。
あっ! 後席にもエアコンの吹き出し口がついていますね。


後席に座り、気になったのは頭上スペース
リアウィンドウ上部との境あたりが少し膨らんでいるんですよね。
これのせいで、頭頂部に余裕がなく、ちょっと窮屈に感じることがあるかもしれません。

2017年12月 7日 (木)

今、一番気になる車〜ホンダシビック ハッチバック

愛車の三代目レガシィはすでに購入から16年経ちます。
IMG_5501
IMG_5501 posted by (C)ものごいかっぱ

さすがに、あちこちにガタがきており、昨年の車検の際には、クラッチのオーバーホールが必要となったため、次に乗り換える車の検討を始めました。


このレガシィの後継車というと、レヴォーグとなりますが、大荷物を積んでキャンプに行くといったこともなくなったので、一回り小さいサイズ、いわゆる "Cセグメント" と呼ばれるカテゴリーの車で候補を探しています。


"Cセグメント" というと、 スバル インプレッサ、XV あたりになりますが、マニュアルトランスミッションがないんですよね。
4人乗れて、マニュアル・・・というと、WRXしかありません。(WRX いいんですけど、性能も値段も高すぎ!)

そこで候補に上がってきたのが、マツダ アクセラ
01フロント
01フロント posted by (C)ものごいかっぱ


2.2Lディーゼルの6MTモデルを一日試乗することもできました。
マツダ アクセラ一日試乗 その1
マツダ アクセラ一日試乗 その2

アクセラはマニュアル車でも、衝突軽減ブレーキ装置や前車追随可能なクルーズコントロール装置が付いており、かなり気に入りましたが、後席窓が狭く、左後方と後方視界が悪いところがネックでした。
2.2Lというのも税金が高くなるので、1.5Lディーゼルが出ればいいのにって思ってました。
その後1.5Lディーゼルが出ましたがマニュアルの設定がないですね・・・・
2Lガソリンも無くなってしまったし・・・

そんなこんなで他に良さげな車も見当たらないので、レガシィに乗り続けることにしましたが、立て続けに大物パーツの故障が相次ぎました。
2016年9月車検 
  トランスミッションオーバーホールとオルタネータ故障

2017年5月
  ラジエター故障で水がすっからかん!

2017年7月
  バッテリー故障でレッカー

そして9月 
  追突事故で荷室グッシャリ

この事故では修理代が100万円を超えると言われたので、乗り換えも考えましたが、積極的に乗り換えたい車もないため、修理をすることにしました。
修理に2ヶ月かかり、11月終わりにようやく戻ってきましたが、その頃に6年ぶりに復活したというホンダシビックの試乗記事をいくつか目にしました。

「結構かっこいいデザインじゃん・・・・ あっ6MTがあるんだ! へぇ〜1.5Lターボか〜」

と、どんどん興味が出てきました。
CIVIC後ろ
CIVIC後ろ posted by (C)ものごいかっぱ
このお尻周りのデザインが結構好きです。

そんなこって、スペックの比較をしてみました。
シビック諸元
シビック諸元 posted by (C)ものごいかっぱ

シビックは車幅は1800mmもあるんですよね。
レガシィは5ナンバーで1695mm アクセラは1795mmです。
マンションの機械式駐車場が1800mm以下の制限があるのでギリギリです。

室内幅は、シビック1465mmに対してアクセラ1505mmとアクセラの方が広くなっています。
前後方向はシビックが長く、幅と高さはアクセラの方が広いんですね。

レガシィが治ってきたばかりなので、当面買い換えるつもりはありませんが、
シビックのガイド本や試乗記事、試乗動画を見ていたら、試乗してみたくなってしまいました ^ ^;


2017年12月 6日 (水)

横浜三渓園〜生け花〜

三渓園_古民家_生け花-6407
三渓園_古民家_生け花-6407 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

三渓園の古民家の入り口に活けてあった生け花
差し込む光に照らされた姿が美しい
思わず見とれてしまいました。

2017年12月 5日 (火)

横浜三渓園 燻される古民家の屋根裏部屋

三渓園_古民家_屋根裏部屋-6420
三渓園_古民家_屋根裏部屋-6420 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R

三渓園にある合掌造りの古民家の中に入ると、囲炉裏に火が入っていました。
2階の屋根裏部屋に上がる階段を登って行くと、スポットライトと遠くの窓から入る明かりで浮かび上がる床や手すりの光景に、思わず声が出てしまいます。
・・・しかしそれにしても煙い・・・
1階の囲炉裏から立ち上る煙が、みんなこの2階に充満していて、目や鼻の奥が刺激されてしまいます。
この2階の黒光りした床板や手すりは、長年この煙に燻されて、このようになったんでしょうね。

2017年12月 4日 (月)

横浜三渓園〜古民家の幻想的なランプ〜

三渓園_ランプ-6415
三渓園_ランプ-6415 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF35mm f1.4 R


古民家のランプ
ランプ自体が灯っていないのが残念
向こうの電灯の明かりの反射と透過で、浮かび上がる姿が幻想的・・・
UFOみたいにも見えますね

2017年12月 2日 (土)

五郎八(いろは)姫と五郎八(ごろはち)

五郎八(いろは)姫と五郎八
五郎八(いろは)姫と五郎八 posted by (C)ものごいかっぱ

11/20に我が家にやって来た五郎八(いろは)ちゃん。
ようやく私にも懐いてくれるようになってきましたが、今日予防接種に連れて行ったので、また嫌われちゃいました。
濁りのある左目は角膜炎で、目そのものは見えているようです。

夕飯の食材を買いにスーパーに行ったら、にごり酒「五郎八(ごろはち)」があったので買って来ました。
同じ漢字同士、記念撮影です。(一番懐いているムスメに撮ってもらいました)

«横浜三渓園〜剪定も大変そう〜

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

楽天

  • 旅行
  • 楽天市場

GXRパーフェクトマニュアル

MountA12 World