広告

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

みんぽす

GXRパーフェクトマニュアル

2018年10月18日 (木)

ミニクーパー バーガンディ エディション が美しい

BMWのミニクーパーに、ワインレッドのボディカラーのバーガンディ エディションが発売されました。

メッチャ好きな色だな〜

ミニは8月に試乗して好感触でしたが、ベーシックなモデルに必要なオプション付けていくと、エラい値段になってしまって無理だな〜って感じ
でも、とりあえず実物は見てみたいなと思い、ディーラーへ行ってみました。

ミニクーパー バーガンディ
ミニクーパー バーガンディ posted by (C)ものごいかっぱ

実物はネットの写真でみるより遙かに美し〜♪

5ドアは屋根が銀色のものと、ボディ同色のものがありますが、展示してある銀ルーフのものはすでに売約済み。
銀ルーフは140台、ボディ同色は60台限定とのことで、ディーラーにも1台ずつしか入ってきていないとのことでした。


装備もてんこ盛りで、付け足すものは何もない感じですが、それだけに値段を見てびっくり!
ため息が出ちゃいますね・・・

ミニクーパー バーガンディ
ミニクーパー バーガンディ posted by (C)ものごいかっぱ

テールランプをよく見ると・・・
ミニクーパー バーガンディ
ミニクーパー バーガンディ posted by (C)ものごいかっぱ

ユニオンジャック! ですね


灯りがともるとさらにかわいい♪
F40DD468-7521-40F1-B532-93BABB0A0AF4
F40DD468-7521-40F1-B532-93BABB0A0AF4 posted by (C)ものごいかっぱ



2018年10月14日 (日)

奥多摩の要塞

JR奥多摩駅を出て右へ行くとすぐに見えるのが巨大な要塞!
奥多摩工場-8490
奥多摩工場-8490 posted by (C)ものごいかっぱ


・・・と見紛うこの施設!
石灰の採掘をおこなっている奥多摩工業の工場です。


奥多摩工場-8491
奥多摩工場-8491 posted by (C)ものごいかっぱ


錆び錆びでゴテゴテな外観で廃工場感満載ですが、稼働している工場です。


奥多摩工場-8494
奥多摩工場-8494 posted by (C)ものごいかっぱ


奥多摩工場-8500
奥多摩工場-8500 posted by (C)ものごいかっぱ


橋を渡り、川沿いの道を歩いて行くと、ニジマス釣り場があります。
河原に降りて工場を見上げたら大迫力でしょうね。
奥多摩工場-8508
奥多摩工場-8508 posted by (C)ものごいかっぱ


一度奥多摩駅に戻り、今度は駅の左からぐるっと裏へ周り、小学校の上を通る道を歩いて行くと、
なんと工場の中を通る道を行くことができます。
奥多摩工場-8532
奥多摩工場-8532 posted by (C)ものごいかっぱ

工場の施設を間近で見ることができ、大迫力!
奥多摩工場-8520
奥多摩工場-8520 posted by (C)ものごいかっぱ

奥多摩工場-8525
奥多摩工場-8525 posted by (C)ものごいかっぱ

奥多摩工場-8523
奥多摩工場-8523 posted by (C)ものごいかっぱ


奥多摩工場-8526
奥多摩工場-8526 posted by (C)ものごいかっぱ


奥多摩工場-8529
奥多摩工場-8529 posted by (C)ものごいかっぱ


奥多摩工場-8531
奥多摩工場-8531 posted by (C)ものごいかっぱ


廃墟感あるな〜
奥多摩工場-8533
奥多摩工場-8533 posted by (C)ものごいかっぱ


おっ、人がおった!
奥多摩工場-8534
奥多摩工場-8534 posted by (C)ものごいかっぱ

人を見かけた場所が工場の最終地点
ここから先は山の中の林道となり、人一人分程度の幅の道が続いています。
振り返ってみると、なんとも不思議な感じがしますね。
奥多摩工場-8536
奥多摩工場-8536 posted by (C)ものごいかっぱ

もうちょっと奥まで進んでみましょう・・・

2018年10月10日 (水)

鉢形城〜城山稲荷神社〜

あれっ!かわいいお稲荷さん♪
鉢形城_稲荷-8477
鉢形城_稲荷-8477 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF18-55mm


ここは鉢形城の場内にある城山稲荷神社です。

参道入り口にある鳥居は根元に4つの柱のある立派なものです。
鉢形城_稲荷-8446
鉢形城_稲荷-8446 posted by (C)ものごいかっぱ

鉢形城_稲荷-8475
鉢形城_稲荷-8475 posted by (C)ものごいかっぱ


社の前にはもう一組 小さなお稲荷さんがいました。
鉢形城_稲荷-8476
鉢形城_稲荷-8476 posted by (C)ものごいかっぱ


こちらは先ほどのお稲荷さんと違い、かなり凜々しいお姿です。
神社のお稲荷さんを小さくしたものでしょうか。

こちらが神社のお稲荷さんです。
鉢形城_稲荷-8474
鉢形城_稲荷-8474 posted by (C)ものごいかっぱ

鉢形城_稲荷-8478
鉢形城_稲荷-8478 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらは上の狐さんと比べて、ちょっと荒削りな感じですね。
鉢形城_稲荷-8479
鉢形城_稲荷-8479 posted by (C)ものごいかっぱ


上の狐さんが曲線的で柔らかい線をしていますが、こちらは脚ががっちりしていて直線的
雄雌のペアなのかな?


2018年10月 8日 (月)

埼玉に残る戦国の城 鉢形城がすごい!

埼玉県の寄居町にある鉢形城
北条氏のお城で、豊臣秀吉の小田原征伐の際には1ヶ月の籠城戦の後に開城したそうです。

大手の三の曲輪に復元された四脚門
鉢形城_01門-8458
鉢形城_01門-8458 posted by (C)ものごいかっぱ

いい雰囲気の門ですね。
土塁とのコラボが美しい!

鉢形城_02門と土塁-8462
鉢形城_02門と土塁-8462 posted by (C)ものごいかっぱ


鉢形城_02門の裏-8464
鉢形城_02門の裏-8464 posted by (C)ものごいかっぱ


門をくぐるとそこには、ぐるっと石積みがあります。
鉢形城_04石積み土塁-8465
鉢形城_04石積み土塁-8465 posted by (C)ものごいかっぱ

「石垣」というよりは「石積み」という感じで、あまり高くは積めないので、低い石積みを段々に積み重ねて
高さを出そうということですね。

三の曲輪の端まで来ると、そこは断崖絶壁
下は荒川の河川敷です。
鉢形城_05秩父曲輪からの眺め-8466
鉢形城_05秩父曲輪からの眺め-8466 posted by (C)ものごいかっぱ

空堀に架かる木橋
鉢形城_06木橋-8470
鉢形城_06木橋-8470 posted by (C)ものごいかっぱ

こういうのメッチャ好き♪

二の曲輪から三の曲輪の木橋を望む
鉢形城 城 戦国
鉢形城 城 戦国 posted by (C)ものごいかっぱ

左をみれば、圧巻の土塁と空堀
木の柵がいい雰囲気
鉢形城 城
鉢形城 城 posted by (C)ものごいかっぱ

右が二の曲輪、左が三の曲輪です。
鉢形城_08土塁と空堀-8485
鉢形城_08土塁と空堀-8485 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらは歴史館裏にある土塁
鉢形城_09土塁-8437
鉢形城_09土塁-8437 posted by (C)ものごいかっぱ


歴史館は小さいですけど、鉢形城の復元模型が圧巻です。
また、復元された城門がありますが、2階部分が屋根のない見張り台のようになったタイプで
門をくぐろうとすると、石落としのように開けられた隙間から、攻撃しようとする兵がいました!


深沢川が天然の堀になっています。
鉢形城_11深沢川-8443
鉢形城_11深沢川-8443 posted by (C)ものごいかっぱ

城主の北条氏邦の名前がついた氏邦桜
エドヒガンザクラだそうです。
咲いているところが見たいですね。
鉢形城_12桜-8444
鉢形城_12桜-8444 posted by (C)ものごいかっぱ

外曲輪跡に残る石積み
鉢形城_10外曲輪の石積み-8439
鉢形城_10外曲輪の石積み-8439 posted by (C)ものごいかっぱ

鉢形城は、かなり広大な範囲で遺構が残っており、戦国時代の城の雰囲気が味わえます。
山城ではないので、高低差もそれほどなく見学しやすいと思います。
歴史館以外にも、復元された城門のある三の曲輪の側や、本曲輪の側に駐車場がありますので、
足腰に不安のある方は、車で移動しながら、回るとよいと思います。

2018年10月 1日 (月)

曼珠沙華〜雨に濡れる〜

雨の中、わざわざ出かけたのは、この姿を見たいがため・・・
曼珠沙華_水滴-8393
曼珠沙華_水滴-8393 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with Tamron 90mm macro f2.8

まつげについた涙のような水滴がかわいらしい・・・


今回は、チョー久しぶりにTamronの90mmマクロレンズを持ち出してみました。
20年以上前に購入したレンズで、マウント交換できる優れもの。
今のようにマウントアダプターというものがない時代、複数のメーカーのカメラで1本のレンズを使うことができました。ペンタックスZ5P、ニコンF4、オリンパスOM-1と、フィルムカメラでも便利に使い回していますwww


こちらは花びらの上のテントウムシのような水滴・・・
曼珠沙華_水玉-8397
曼珠沙華_水玉-8397 posted by (C)ものごいかっぱ

マクロ撮影はピントを合わせるのが大変!
傘を差しながら中腰で手持ちの撮影は、ピントを微調整しながらシャッタを切るまで、知らず知らずのうちに
息を止めているので、1枚撮るのにとても消耗しますねwww


2018年9月30日 (日)

巾着田の曼珠沙華〜紅と緑〜

巾着田_紅と緑-8432
巾着田_紅と緑-8432 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with Tamron 90mm macro f2.8

花も落ち始め、半分倒れてしまった曼珠沙華ですが
草の緑との対比が美しい・・・

2018年9月29日 (土)

巾着田の曼珠沙華

曼珠沙華、彼岸花といえば埼玉県の高麗にある巾着田
一面真っ赤に咲く様子は圧巻ですが、訪れる人の数も半端ないです。
見頃も過ぎ、9/26で群生地の有料入場が終了したとのこと。
今日は雨も降ってるし、人も少ないはず。
見頃は終わったとはいえ、まだ所々咲いているところは残っているだろう・・・
と思い行ってみることにしました。


巾着田_終焉
巾着田_終焉 posted by (C)ものごいかっぱ
iphone8

・・・・・(゚Д゚)

・・・・・完全に終わってる orz

巾着田_終焉-8419
巾着田_終焉-8419 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with Tamron 90mm macro f2.8

行けども行けども枯れた曼珠沙華たち・・・・

おっ! ちっちゃいけど、まだ鮮やかなのがありましたよ♪
巾着田_一輪-8421
巾着田_一輪-8421 posted by (C)ものごいかっぱ


こちらには枯れた花たちの中に一輪だけ綺麗な花が残っていました♪
巾着田_一輪-8423
巾着田_一輪-8423 posted by (C)ものごいかっぱ

もっと露出を切り詰めていくと、曼珠沙華の妖艶な姿が際だってきます。
巾着田_一輪-8424
巾着田_一輪-8424 posted by (C)ものごいかっぱ

ここにも数輪綺麗な花が残っていました。
巾着田_紅01-8426
巾着田_紅01-8426 posted by (C)ものごいかっぱ

手前も後ろも枯れていますが、ぼかしちゃえばわかりませんwww

露出を切り詰めて妖艶に・・・
巾着田_紅02-8425
巾着田_紅02-8425 posted by (C)ものごいかっぱ

構図を変えて、いっぱい咲いているような雰囲気で・・・ ^ ^ ;
巾着田_紅03-8427
巾着田_紅03-8427 posted by (C)ものごいかっぱ

こちらも妖艶に・・・
巾着田_紅04-8428
巾着田_紅04-8428 posted by (C)ものごいかっぱ

九分九厘枯れていて最初はどうなることかと思いましたが、それなりに満足できました♪


2018年9月27日 (木)

曼珠沙華〜艶やかな紅〜

難波田城_曼珠沙華-8377
難波田城_曼珠沙華-8377 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF18-55mm

今年は巾着田の曼珠沙華を見に行けなかったなぁ〜
・・・と思いつつ、難波田城の外に、紅白の曼珠沙華がちょっとだけ咲いているスポットを見つけました。

2018年9月25日 (火)

難波田城 団らん

難波田城_囲炉裏-8365
難波田城_囲炉裏-8365 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF18-55mm

難波田城公園の一角は「古民家ゾーン」として、古民家が数棟展示されています。
こちらでは、古民家の中でくつろいだり、羽根つきやベーゴマ、輪投げ、竹馬などの昔の遊びを体験することができるようになっています。
・・・ので、お城より人気です・・・・

2018年9月24日 (月)

土塁と水堀が美しい 難波田城

美しい土塁と水堀の城
埼玉県富士見市にある難波田城です
難波田城_青空に映える-8350
難波田城_青空に映える-8350 posted by (C)ものごいかっぱ
FUJIFILM X-Pro2 with XF18-55mm


残念ながら遺構ではなく、古い絵図などをもとに復元整備されたものだということですが、
戦国期の平城の一端を垣間見ることができます。

難波田城_青空に映える-8353
難波田城_青空に映える-8353 posted by (C)ものごいかっぱ

難波田城-8346
難波田城-8346 posted by (C)ものごいかっぱ


この一角は、遠くから見たときに、土の曲輪があるように見えたのですが、近づいてみると赤い水でしたw

隣接した資料館には縄張り図と模型がありました。
難波田城_縄張り-8363
難波田城_縄張り-8363 posted by (C)ものごいかっぱ

こうして見ると全体の様子がよくわかります。
難波田城_模型-8359
難波田城_模型-8359 posted by (C)ものごいかっぱ


現在見られるのは、本城の前の馬出し〜追手門のあたりですね。
本城はすでに住宅地と化しています。

平地にある城ですが、曲輪が水に囲まれた島のようになっており、攻めづらそうですね。
難波田城_模型-8358
難波田城_模型-8358 posted by (C)ものごいかっぱ

難波田城_模型-8362
難波田城_模型-8362 posted by (C)ものごいかっぱ

難波田城_模型-8360
難波田城_模型-8360 posted by (C)ものごいかっぱ

«深大寺 鬼太郎茶屋